「恋する女優 芦川いづみ」

        いづみR


去年の夏、神保町シアターでの特集上映「恋する女優 芦川いづみ アンコール&リクエスト」で、『男と男の生きる街』(1961)を観て、この芦川さんのイラストに取りかかったのですが、どうもうまくいかず、いったん中止。

その後、ときどき取り出して少しずつ描き直していたら、最初よりは良くなってきたので、ブログに載せようと思ったものの、載せるきっかけがなく。

そんな時、同シアターが開館10周年(おめでとうございます!)の節目に、これまでの特集の人気投票として「総選挙」を行うことに。
芦川さんの特集は以前から人気があって、「恋する女優 芦川いづみ」シリーズは既に第3弾まで開催されているので、そのうちのどれかがきっと上位に来るだろう、そしたらお祝いでイラスト載せよう…と思っていたら、本当に、シリーズ第1弾(2015年8~9月)が見事2位になりました。

(ちなみに『男と男の生きる街』は、その第1弾では上映されてないし、来月から開催される総選挙特集でも上映されません、あしからず…。)

さて芦川さんといえば、比較的初期の作品、例えば『風船』『洲崎パラダイス 赤信号』『誘惑』などの頃は、実年齢がまだ20歳くらい、しかも「前髪がとても短く、横と後ろは長い」という髪型だったため、かなり少女っぽく可憐な印象でした。

しかし『男と男の生きる街』では、先述の作品群から5年くらい経っていて、ご本人も役柄も、しっとり落ち着いた大人の女性に。
髪型も、以前とは正反対(前髪がやや長めで横と後ろはとても短い)なので、かなり印象が違います。
ただ、それでもやっぱり本質的な可憐さは、変わらない。

大人っぽさと可憐さ、2つの魅力が共存している感じを、イラストで少しでも表現したかったのですが、できたかどうか。

ところでこの『男と男の生きる街』、石原裕次郎演じる熱血記者が謎の殺人事件を追う…というスター映画で、全編にわたって関西のいろんな場所でロケされているんですが。
京都のお寺で撮影されたと思しきシーンで、極端な引きの画になるカットがあって。
裕次郎氏や芦川さんなど、メインのスターさんたちが、すごく小さくしか映ってなくて。
なんだか、そこだけシュールというか、妙に印象に残ってます。

そして今度、例の総選挙特集で、さっきチラッと触れた『誘惑』が上映されるのですが、これ、すごく面白いです。
以前、旧作邦画に詳しい知り合いの方が大好きな映画だと仰っていて、期待して観に行ったところ、期待以上の素晴らしさでした。

観た当時にツイートした感想の一部を、ここに書いておきます。
「ラブコメの群像劇で、約60年前の作品なのに全然古くないし洒落てるし笑える。細部まで工夫に満ちた精緻な工芸品のような映画。」

7月7日からの特集上映「神保町シアター総選挙2017」の詳細は、こちらです。
http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/10th.html

マンシク(と、イクチュン)

        CCF_000003.png

前の記事に書いたような経緯で、しばらくは女優さんのイラストを描こうと思っていたのですが。
少し前に、某かわいい女優さんを描いてみたら、どうもうまくいかないというか、ちょっと怖い感じになってしまったので、やっぱりオッサンを描くことにしました。

そのうちまた女優さんにチャレンジするかもしれませんが、その時は、かわいい人ではなく、「怪しげな美女」とか、そっち系の人を選ぶつもりです。

で、まあ、今回は、チョン・マンシク。
この人、前からちょっと描いてみたかったのです。
劇画チックで、くっきりハッキリした豪快な顔。
(ちなみに今回のイラストは、役を演じている時の顔ではなく、比較的最近の、記者会見での顔。)

この顔を初めて見たのは、たぶん、『息もできない』(製作・監督・脚本・編集・主演=ヤン・イクチュン)。
マンシクは、主人公の兄貴分というか、主人公が働いているヤクザ事務所(?)の所長みたいな役を演じていました。
以前読んだマンシクのインタビュー記事によると、この映画がキッカケで、色んな監督からオファーが来るようになったのだとか。
イクチュンに足を向けて寝られないねー。

その後はもう大活躍、主役や準主役はまだあまり無いものの、それ以外での出演はやたらと多い。
私が観た映画でも、『生き残るための3つの取引』、『哀しき獣』、『ベテラン』、『インサイダーズ 内部者たち』などなど。
しかも、今挙げた作品群と『息もできない』、ぜんぶ面白い。
作品に恵まれている‥というか、本人の仕事の選び方がいいのかもしれませんね。

『息も‥』を観た当時の自分の感想を読み返してみると、エラソーに批判していますが、これは多分、かなり気に入ったからこそ、あえて文句を付けたんじゃないかと‥‥。今となっては、いい印象が残っている映画です。)

そして、今後のマンシクの出演作で期待しているのは、『隻眼の虎』と『阿修羅』。
『隻眼‥』は、例のチェ・ミンシクと大杉漣が共演した大虎映画(日本版の予告編はこちら)。
『阿修羅』は、まだ韓国でも公開されてないし、日本で上映されるかどうかも分からないのですが、この記事を読んだかぎりでは、面白そうだなーと(記事に載ってるポスターもいい)。

ところで、ヤン・イクチュンって、その後、監督はしてないですよね。
また映画撮ってほしいなあ。
そしてその時は再び、マンシクをキャスティングしてほしい。

余談ですが、イクチュンが主演の日本映画、今まさに東京とその近郊で撮影中(10月まで)。
どうやら大勢のエキストラが必要らしく、大募集しているようなので、興味のある方は参加してみては?

オッサン俳優。

           CCF20150904.png


ずっとウッスラ気になっていた『哀しき獣』(2010)を、最近やっとDVDで観たら、ミョン社長を描きたくなりました。
こういうオッサンくさい人が、描いてて一番楽しい‥‥。

キム・ユンソクは、このミョン社長を演じたとき、まだ40歳くらいだったのですが、ものすごく貫禄があってボッテリしていて、とにかくオッサンくさいのです。
そして、斧や牛骨を使って、人を殺しまくっています(もちろん役の上で)。

ちなみにユンソク氏は、「個性的な脇役」とかではなく、主演級のスター。
現在でも次々に、メジャーな映画に主要な役で出演しています。

そういや韓国の主演級スター男優には、ソン・ガンホとかチェ・ミンシクとか、オッサンくさい人がけっこういるなあ。
準主役くらいの人まで入れると、かなり多いんではなかろうか。

それに対して日本では、主演級スター男優は中年世代であっても、若々しくスラッとした、カッコいい系の人が多い。
そしてオッサンくさい中年男優は、あまり主演の機会を与えられていない。

例えば西田敏行は、「オッサンくさくて主演級」と言えるかもしれませんが、彼も今年で68歳なので、オッサンというよりジイサンに近づいています。

もう少し若い、40代~50代でオッサンくさくてメジャーといえば、ピエール瀧がいますが、彼の場合、まだまだ主演は少ない。
彼のような人が、もう少し主演できるようになれば、面白い作品が増えると思うんですけど。

結局、今の日本映画で、オッサンがわりとメインのものを観ようとすると、単館系とかピンクとか、メジャー以外の作品になります。

そういや先日、ピンク映画関連のトークショーで、サーモン鮭山さんと世志男さんが、ユニットを結成する予定だと言ってました。
(ちなみにお2人とも、かなりオッサンくさくて、変態的な役の多い男優さんです。)

で、そのとき司会の方が、「気持ち悪いユニットですね~」とコメントしていて、全くその通りなんだけど(失礼)、だからこそ面白そうだし、期待してます!

お2人とも、俳優だけでなく監督もやっているので、お2人が主演のシリーズものを撮るとか、あるいは、サーモンさんが監督して世志男さんが主演するとか(もちろんその逆もアリ)、どうでしょう?

作曲家 川井憲次さん

            CCF20140503RR.png

 川井憲次さんは、劇伴(映画やTVドラマなどの劇中でかかる音楽)の作曲家。

 特に、押井守監督作品の劇伴を、数多く手がけています。
 例えば『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』とか、『イノセンス』とか。(本当はもっとたくさんあるのですが、私、この2作品のテーマ曲が大好きなので、代表として。)

 さらに、中田秀夫監督とのコンビも多いです。
 あの『リング』もそうだし、昨年の『クロユリ団地』や、今月末に公開される『MONSTERZ モンスターズ』も、そう。
 他にもいろいろあって、例えば、前の記事で「後藤理沙の映画デビュー作」としてチラッと言及した『ガラスの脳』の劇伴も、川井さんによるもの。

 また、これから増えていきそうなのが、ツイ・ハークやドニー・イェンとのコンビ。
 今のところ‥‥
●ツイ・ハークが監督し、ドニー・イェンらが主演した『セブンソード』
●ドニーさん主演の『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』、『イップ・マン 序章』、『イップ・マン 葉問』
●ツイ・ハーク監督の『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』(今年8月に日本公開)
 これらすべて、「音楽:川井憲次」。

 個人的には、特にドニーさん関連の映画に、今後もどんどん参加してほしいなあ。
 なぜかというと、ドニー組にはすでに谷垣健治さんがいるので、川井さんがガッチリ加われば、「ドニー組のWけんじ」が成立する!
 や、冗談ではなく、そうなったら楽しいな~凄いな~‥‥という妄想です。

 ちなみに先日、その川井さんのトーク講座に参加してきました。
 私の場合、ご本人をナマで拝見するのは初めてだったんですが。ナマ川井さんは、メディアに載ってる写真などから受けるイメージ、そのままの方でした。つまり、「長髪&金髪で、眼鏡かけて、ニコニコしてる人」。
 (この「ニコニコしてる」は、単に顔の表情のことだけでなく、人柄や雰囲気が「明るい・優しい・穏やか」、という意味でもあります。)

 なんだかんだと書いて(描いて)きましたが、私のこの記事だけだと情報が偏っているので、川井さんについてもっとちゃんと知りたい方は、彼の公式サイト「KENJI KAWAI OFFICIAL SITE」をどうぞ→http://www.kenjikawai.com/

追悼 蟹江敬三さん

                 CCF20140413RE.png

 先月末に、蟹江敬三さんが亡くなりました。
 
 蟹江さんといえば。20年くらい前、蟹江さんの出演作の記者会見に行く機会があったのですが、そこでの彼のある発言(というよりも発言の仕方)が、今でも心に残っています。
 こんな感じの、やりとりでした。

記者 「今まで演じた役の中で、いちばん好きな役はどれですか?」
蟹江さん 「『十九歳の地図』という映画で演じた役です」(まったく迷わず即答!)

 普通、俳優さんはこの手の質問に対して、やや曖昧な答え方をするものです。やはりまあ、「特定の役柄(作品)だけをハッキリ挙げてしまうと、他の作品の関係者に悪い」という配慮もあるのでしょう。
 もちろん配慮も大事ですが、それでも私は、蟹江さんの、ものすご~くハッキリした答え方に好感を持ちました。率直で面白い方だな、と思いました。

 そして私の中では、蟹江さんの演じた役としては、『天使のはらわた 赤い教室』の村木が最も印象深い。だから、村木を演じた時の蟹江さんのイラストを、追悼として描きました。

 なお、5月9日~15日に新橋ロマン劇場で、「追悼 蟹江敬三特集」として、蟹江さんのロマンポルノ出演作のうちの3本(『天使のはらわた 赤い教室』『犯す!』『花芯の刺青 熟れた壺』)が、上映されるとのこと。
 私は、去年「ソネ・ラビリンス」で『赤い教室』が上映された時に行けなかったので、今回は行きたいな~と思っております。

※新橋文化・ロマン劇場の公式サイトhttp://shinbashibunka.com/index.shtml

最近グッときた2本

 前の記事で書いたブログ改造計画‥‥いちおう準備はしていますが、最近いろいろと雑用が多く、あまりはかどってないので、もう少し時間がかかりそうです。

 ところで、今年に入ってから観た映画の中で、非常~に印象深いものが2本ありまして。それは、『ドラッグ・ウォー 毒戦』『新しき世界』
 両方ともアジアのノワールもので、前者には拳銃が、後者には金属バットが、武器として大量に登場します。

 そして両方とも、メインキャストがオッサンだらけ(見た目が若い人も実は中年)。オッサンたちの織り成すアクションと人間模様がステキです。
 この2本については、そのうち詳しく書きたいと思っています。

近況(というほどのモノでもない‥‥)

 のどや鼻の不調がず~っと続いていて、頭もボヤ~ンとしています。映画館には行きづらいので、時間があるときは、本を読んだりDVDを観たり。
 
 で、本といえば。(前回書いたように)最近、香港映画熱が復活したせいか、急に谷垣健治さんの本を読み直したくなりまして。
 彼の本では、映画秘宝の連載をまとめた『アクション映画バカ一代』が有名ですが、かなり昔にも、『香港電影 燃えよ!! スタントマン』というのを出されてます。
 両方を改めて読み直してみると、やっぱり面白い。そして読んでいるうちに、谷垣さんはもちろんのこと、ドニーさん(ドニー・イェン)に対しても、親しみを感じるようになります。

 あ~、でもそろそろ映画館に行きたい。特に今月は新橋文化&ロマンが気になる。
 まず元気にならねば。

やっぱり香港男優はエエなあ。

 (前回の記事で、いかにも近日中に『赤い暴行』の感想をアップするかのような書き方をしたわけですが。その後やや忙しくなってしまい、気づいたらずいぶん日が経っていたので、全く別の話題にします。)

 数日前に『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義』を鑑賞。ツッコミどころや「?」な部分もあるものの、全体的にはダイナミックというか勢いがあって、俳優さんたちも非常に魅力的でした。
 特にラム・ガートン。(「カートン」という表記になっている場合もありますが、この映画のパンフでは「ガートン」。どっちが元の発音に近いんだろう? ちなみに漢字で書くと「林家棟」。)
 
 ラム氏の出演作は今まで色々観ているものの、実はあまり意識したことがなく‥‥。でも今回、なぜか急に「この人、イイ!」と思ったのです。かなり冷たい感じのエリート警視正の役なんですが、冷たいのにしっかり体温がある、そんな雰囲気に魅了されました。

 で、以前買ったのに観てなかった『MAD探偵 7人の容疑者』(ラム氏がメインの役で出演)のDVDを、引っ張り出してきて鑑賞。いやこれ凄い役ですワ。そして主演のラウ・チンワンの役も凄い。2人とも、奇怪かつ難しい役を的確に演じてます。

 そして『コールド・ウォー』の話に戻ると、レオン・カーファイもよかったな~。まあ彼のことは、昔からわりと好きでして。このブログの初期にも、『トリック・マスター』の記事で(出演してないのに)彼に言及、しかも褒めているという‥‥。

 そういえば私は香港映画について書くとき、男優さんをやたら褒めているような。
 例えばその『トリック・マスター』の記事ではチャウ・シンチーやニック・チョンも褒め、『エボラシンドローム 悪魔の殺人ウィルス』ではアンソニー・ウォンを、『エグザイル/絆』ではサイモン・ヤムを、という具合に。

 まあ結局のところ香港男優が好きなんですな、私。上記の方々の他にも、ン・ジャンユー(フランシス・ン)とかドニー・イェンとか、トニー・レオンとかアンディ・ラウとか、残念ながら亡くなってしまったレスリー・チャンとか。熱烈なファンというほどではないものの、惹きつけられる人が多くて、並べるとキリがないくらいです。
 (余談ですが、チャウ・シンチーとアンディ・ラウは、至近距離で実物を見たことがありますっ。あとレスリー・チャンは、遠くからですがやはり実物を見ましたっ。)
 
 なんというか彼ら(香港男優)には、独特の愛嬌があるような気がして。例えば、珍妙な役でも堂々と演じたり、変な衣装でもこれまた堂々と着てくれたりするので、見ていて何だか嬉しくなるのです。
 そして、かっこいい役や衣装の時は、それなりにバシッと決めてくれるので、さらに嬉しい。

◆おまけ‥‥林家棟の画像集。 変なのからカッコイイのまで色々あり(ときどき別人の画像も混入)。それにしても彼、蟹江敬三にちょっと似てますよね~。

お、面白い‥‥

 とり急ぎ、オススメのお知らせ。

 前の記事で、シネマヴェーラで上映の『東京ディープスロート夫人』について、「観たいけど、間に合うかどうか」と書きましたが、結局間に合って、『東京~』と『怪猫トルコ風呂』、両方とも観ることができました。
 で、『怪猫~』はわりと予想どおりの映画だったんですが、『東京ディープスロート夫人』は予想の10倍くらい面白かった!
 
 サイトの作品解説に「喉に性感帯を移植された女」とあるように、設定自体がまず面白いんですが、細かいセリフや演出そして演技も絶妙。特に、移植手術の打ち合わせ(?)をするシーンから絶妙具合が激しくなって、ラストまで大いに楽しめました。
 
 8月6日(火)にまた上映されるので、興味のある方は是非! 詳しくはシネマヴェーラのサイトをどうぞ。

今日から始まるアレコレ

今日から始まる作品や特集上映で、興味のあるもの。今パッと思いつくだけで(しかも邦画だけで)3つもある。その3つとオマケの1本について。

◆『あかぼし』‥‥8月3日から、K’s cinemaにて。公式サイトの「INTRODUCTION」に載っている吉野竜平監督の「製作意図」を読んで、この映画を観てみたい、と思った。

◆『妄執・異形の人々 傑作選』‥‥8月3日~30日、シネマヴェーラ渋谷にて。かの有名な『幻の湖』から「知る人ぞ知る」的な作品まで、いろいろ。とりあえず今日は渋谷方面で用事があるので、それが終わったら最終回(『怪猫トルコ風呂』)を観に行くつもり。その前の『東京ディープスロート夫人』も観たいけど、間に合うかどうか。

◆『浜野佐知 映画祭』‥‥8月3日~9日、オーディトリウム渋谷にて。浜野氏の監督作だけでなく、プロデュース作として、山﨑邦紀監督の薔薇族映画(ゲイ映画)も2本登場。そのうちの1本、『メモリーズ』は、映画祭紹介ページの下の方に載っているストーリー解説によると、なんとも摩訶不思議な内容らしい。面白そう。かつてm@stervision氏が山﨑監督を「ピンク映画界のデヴィッド・リンチ」と呼んでいたのを、ふと思い出した。

●『浜野佐知 映画祭』と同じく8月3日~9日にオーディトリウムで上映される、 『かしこい狗は、吠えずに笑う』。前回(6月末)上映の際に観て、かなり面白かったのでオススメ。ちなみに監督の渡部亮平氏は私と同じ愛媛出身、さらにもうひとつ共通点があって、ちょっと親近感を抱いているのだけど、そういう理由でオススメしているわけではな~いですよ。この映画の、「意外なのに納得できる展開」に感心したので。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク