“そんな人並みな時もあった”

 本当はもっと早く書くつもりだったのに、遅くなってしまいました。今頃になって書きます。先月亡くなった加藤和彦を追悼する意味で、彼の作品について。

 私は加藤氏のファンというわけではないのですが、彼の何枚かのソロ・アルバム、なかでも『あの頃、マリー・ローランサン』(1983)にはけっこう愛着があります。このアルバムが発表された時、レコードを買いはしなかったものの、FMで全曲をテープに録音し、しばらくのあいだ繰り返し聴いていたので。
 さらに、そうやって10代の一時期に聴き込んだせいか、成人後も普段の生活の中で、たまにこのアルバムの曲が頭の中で鳴ることがあり、90年代に入ってCD化された際には、買って改めて聴きました。そして最近では、やはり加藤氏死去のニュースが流れた日に、久しぶりに引っ張り出して聴いたわけです。

 とにかく作曲・歌の加藤氏はじめ、作詞の安井かずみ、編曲の清水信之・坂本龍一、演奏の高中正義・高橋幸宏・矢野顕子など、豪華メンバーが丁寧に作り上げた、精緻な工芸品のようなアルバム。(参考までに‥‥ここで全ての曲をほんのちょっとずつ試聴できますよ→http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=SRCL000001843#
 私は基本的に映画でも音楽でも、こういう端正で洒落た感じの作品はやや苦手なのですが、そんな私でも、惹かれるものがあります。

 で、今回の記事タイトル“そんな人並みな時もあった”は、このアルバムに収録されている『優しい夜の過し方』という曲の、歌詞の一節です。この歌詞は、恋人に去られた男性がアパートで独りの夜を過ごす様子を綴ったもの。そして“人並みな時”とは、恋人と一緒に過ごしていた時期のことかもしれないし、あるいは、全てにおいてあまり冴えない人生を送っているらしい彼にとって珍しく華やかだった時期、なのかもしれません。
 ちなみに、このアルバムを発表した頃の加藤和彦と安井かずみは、ともに人並みより遥か上の成功を手にした華やかな夫婦であり、彼らの優雅な生活ぶりは、一般人の羨望の対象としてマスコミに取り上げられたりしていました。
 そんな彼らが「あまり冴えない人」の曲を作ってイヤミにならない、それどころか非常にいい曲になっている、これはなかなか面白いことやなあ‥‥と、当時の私は思いました。その後、安井氏が若くして病気で亡くなり、さらに時を経て加藤氏が自ら命を絶ち、今では別の感慨も持つようになったのですが、それでも敢えて、「面白い」とだけ記しておきます。

 ところで最近、アニメ『超時空要塞マクロス』がパチンコになり、そのCMで、昔の劇場版(1984)の主題歌『愛・おぼえていますか』が流れていました。あの、飯島真理が高~い声で歌っていた曲(http://www.youtube.com/watch?v=Un6FAI098II)。耳にした瞬間、懐かしさとともに「ああ、これも加藤・安井コンビの曲だったよな」と思い、編曲者が誰だったかは憶えてないので調べてみたところ、清水信之でした。なるほど。
 そして今回初めて知ったのですが、この曲、色んな人がカバーして、ず~っと歌い継がれているんですね。編曲も多彩。いろいろ聴いてみて、個人的には、菅野よう子が編曲したこのバージョンが気に入りました→http://www.youtube.com/watch?v=HI1rYI1Cf5Y
 実は、25年前に元のバージョンを聴いたとき、詞もメロディも編曲も、ちょっとシンプルすぎるように感じました。しかし適度にシンプルだからこそ、時代が変わっても、こうして他の人が独自の解釈で再構成できるのでしょうね。

オヤジが歌う女心

 まだ微熱が続いていてちょっとダルいので、小ネタを。さて私は昔の歌謡曲が少しばかり好きで、時々その手のCDを聴いたりしています。ついひと月ほど前にも、作曲家・筒美京平の作品集を久しぶりに引っ張り出して聴きました。というわけで、筒美氏も深く関わっていた80年代アイドル歌謡について書いてみようか‥と思ったのですが、今回は演歌やムード歌謡に関して、以前からちょいと気になっていることを記しておきます。

 前の記事で、自分が子供の頃に大型客船が定員オーバーで航行していたことを、書きました。私が子供の頃とは、すなわち昭和40年代~50年代半ば。あの頃を振り返って、人はよく「夢があった」「人情があった」というようなことを言います。別にそれらを否定する気は無いのですが、私の実感として、当時は「(例の客船のような)ワイルドな状況が多かった」、さらに「不思議なものが流行っていた」ということを強調しておきたい!
 その「不思議なもの」の代表格は、「男くさい男が女心を歌う」タイプの歌謡曲。例えば、ぴんから兄弟の『女のみち』とか、殿さまキングスの『なみだの操』とか、中条きよしの『うそ』とか。
 
 これらの曲の歌詞は、いずれも女性の視点で恋愛における女心を綴ったもので、しかも「捨てられた」「騙された」系の内容が多いです。歌詞の一部を書き出してみると、「♪うぶな私が いけないの」(『女のみち』)、「♪お別れするより死にたいわ」(『なみだの操』)、「♪誰かいい女(ひと)できたのね」(『うそ』)‥‥。
 
 こういう歌詞を、いわゆるオネエキャラではなく、それなりに男くさい男性歌手が歌っていたんですからねえ。特に、ぴんから兄弟のボーカルの宮史郎なんて(わりと助平そうな)チョビ髭オヤジだし、中条きよしは絵に描いたような色男だし。そういう、むしろ女を捨てたり騙したりしそうな外見の男性が、女心を切々と歌い上げ、それが大ヒットして、子供からお年寄りまで幅広く親しまれていたわけで。
 や、当時は何とも思ってなかったんですけどね。今考えると、なかなか凄い現象だったなあ、と。こういう曲は、今でも演歌やムード歌謡の世界で作られているのだと思いますが、一般的に大ヒットすることは、しばらくの間は無いでしょう(遠い未来には、どうなるか分からない)。

 ちなみに、この手の曲を現代的かつ複雑に発展させたのが、クレイジーケンバンドwithライムスターの『夜のヴィブラート』だと思います。ここでは、男女ツインボーカルが「女心」を、2人の男性ラッパーが「その相手の男の心」を歌っています。
 夜のカラオケスナックを舞台にした曲で、「女心」側の歌詞がひたすら色恋を語っているのに対し、「男心」側の歌詞はカラオケ自慢に終始しているところが、何だか面白い。もちろん曲の構成自体、既に面白いわけですが。

 ところで、この「オヤジが女心を歌う」という伝統文化(?)は、外国にもあるんでしょうか? そういうことについて詳しく述べてある本などがあれば、読んでみたいなあ。

続・滲出液→アイドル

 前に書いた皮膚炎、ずーっと続いています。というか、よけいにヒドくなったような気が‥‥。病院にも通ったし自分でも色々試してみたものの、どれも効かん! 仕方がないので、ちょっと遠くの別の病院に行ってきます。
 
 ところで、最近この歌が脳内でよく流れています→http://www.youtube.com/watch?v=IL7YNP8ub3g(ライムスター宇多丸氏の解説付きなので長いです、でも彼の喋りも聴きごたえありますよ)。ちなみに私、キリンジはわりと好きなんですが、鈴木亜美にはあまり興味ナシ。それでも先日ラジオでこの歌を聴いて、脳に沁みました。

近況?

 しばらくの間いろいろあって、ブログに関する作業が出来ませんでした。今日からはボチボチやります。まずは『四畳半革命 白夜に死す』の記事をアップする予定。

追記‥‥上の2行だけでは芸がないので、思いついたことをチョロッと書いておきます。
 ここ数日、なぜか「屁のツッパリにもならない」という言葉がやたらと頭に浮かんできます。ご存じのとおり「何の役にも立たない」というような意味ですが、そもそもここで言う「ツッパリ」とは具体的にどういうものなんでしょうか? 押し入れなどに装着する「突っ張り棒」とは関係なさそうだし、「♪お前が望むならツッパリもやめていいぜ」の「ツッパリ」とは明らかに違いますよ、そりゃもう。ネットなどで少し調べてみたんですが、ハッキリしたことは分かりませんでした。
 ところで、先述の歌の作詞は松本隆、作曲は山下達郎です。私は「山下達郎」という字を見ると、山本達彦を思い出します。昔、この2人をうっかり間違えたことがあるからです。中学生の時でした。達彦ファンの友人がムッとしていました。翌日、友人は達彦氏のLPを録音したカセットテープを私にくれました。それに入っていた、映画『凶弾』の主題歌と挿入歌(『LAST GOOD-BYE』『パシフィック・ブルー』)は、よく憶えてます。映画自体は観てないのに。今歌ってみたら、両方ともワンコーラスはきちんと歌えました。けっこう好きだったのかなあ。

あるテクノ歌謡の思い出

 前回の記事の続きです。大阪、で思い出したこと。かなり昔から活動している、「ミス花子」という芸名の男性シンガーソングライターがおりまして。『河内のオッサンの唄』の人、といえばお分かりになる方も多いのではないでしょうか。で、私は一時期(中学生か高校生の頃)、彼の『好っきゃねん』という歌が好きで、ラジオからテープに録音したものをよく聴いていました。
 
 どんな歌かというと、まあコミックソングです。ひたすら東京と大阪を比較して大阪を褒めたたえるという、わりとありがちな発想に基づいた歌なんですが、その比較の仕方が、「♪新宿のオカマよりもミナミのオカマのほうがテクニシャン~」とか「♪03よりも06のほうが数が多い~」といった絶妙にアホくさいもので、私のツボにジャストフィットしたわけです。花子氏のボーカルやメロディも、その歌詞とうまく合っていたような記憶があります。

 『好っきゃねん』、チャウ・シンチー、バリー・ウォン、その他もろもろ。どうも私は昔から、歌でも映画でも何でも、「やや下品で強引でコテコテなもの」に惹かれる傾向があるようです。自分が暗くなっているときでも、そういうものに触れると、ほんのひとときですが憂さを忘れることができるんですよ。いわゆる現実逃避ってやつですね。
 一般に、現実逃避型の作品は否定的に語られる場合が多いですが、私は評価したいです。人の心を現実から違うところへ連れて行くなんて、相当の技術やパワーがないと出来ることではないですよー。「現実について深く考えさせる作品」と「現実から逃避させる作品」、どちらも同じくらい偉大であるような気がします。

 ところでこの歌について検索していたところ、『テクノ歌謡コレクション:ポニーキャニオン編』(Pヴァイン)というコンピCDに収録されていることを発見。え、テクノ歌謡だったっけ? ピコピコしてたっけ? 実はアレンジはよく憶えていないのです。ぜひそのうち入手して、聴いてみたいと思います。
 このCD、ムーンライダーズのメンバーや大瀧詠一、細野晴臣らが手掛けた曲も入っていて、聴きごたえありそうな予感。コテコテ趣味とはまた別に、そのあたりの音楽も好きなのです。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク