追悼 伊藤猛さん

        CCF20140928.png

遅くなりましたが、9月7日に亡くなった伊藤猛さんの追悼記事です。
なぜ遅くなったのかというと、なかなが絵が仕上がらなくて‥‥(最初に、かなり時間をかけて描いたものをボツにして、また新たに描いたりしていた)。

私は約20年間、いろんな映画で伊藤さんを観てきて、彼の顔については、「こんな感じ」という特定のイメージを持っていたのですが。
今回、改めて彼の画像や作品で「顔」を観察してみると、加齢による変化があるだけでなく、同じ頃に撮られたものでも、表情や角度や照明などによって、かなり顔が違うんですよね。
例えば1本の映画の中でも、別人みたいに顔が違っている時がある。

そんなわけで、観察したり描いたりしているうちに、だんだん「伊藤さんの顔」というものが分からなくなってきて。
結局は、彼の主演作『高級ソープテクニック4 悶絶秘戯』(1994・瀬々敬久監督)の中の、あるカットをベースにしつつも、他のたくさんの画像も参考にして、さらに自分の持っているイメージも投入して描いてみたのですが、今ひとつ似てないかも‥‥すみません。

ところで、なぜ今回『高級ソープ~』での彼を描いたのかというと。
実は、前回の記事を作っていた時(8月末ごろ)、川瀬陽太さんの昔の顔を改めて観察しようと思い、その参考資料のひとつとして、『高級ソープ~』のDVD特典映像(たぶん2003年に撮影されたもの)を延々と観ていたのです。

この特典映像はちょっと変わっていて、いちおう「作品の関係者たちが本編映像を見ながらワイワイ喋る」という形式になっているものの、なぜか、本編には全く出演していない川瀬さんが参加しているのです(伊藤さんは都合により欠席)。

つまり川瀬さんが、本編映像の中の伊藤さんを見ながらアレコレ喋っているわけで。
私としては、川瀬さんの顔を観察しつつも、やはり本編にも目が行ってしまい、結局『高級ソープ~』のかなりのシーンを、久しぶりに観たのでした。

そしてこの映画、観た方にはお分かりいただけると思いますが、なんというか、非常に暗くてシリアスで。もっと言うと、死の影が濃い、死の匂いが強い‥‥のです。
そういう映画の中の伊藤さんを8月末ごろに観ていたものですから、その約1週間後に訃報に接して、とても不思議な気持ちになりました。
だからどうしても、この映画の中の彼を描いておきたかった。

ちなみに、彼の代表作というと、この映画の瀬々監督をはじめとする「ピンク四天王」や「七福神」と呼ばれる監督たちの作品がまず挙げられますが、個人的には、園子温監督のゲイ映画『男痕-THE MAN-』も印象深いです。

『男痕~』は全編にわたって一言も台詞が無く、だから例えば、伊藤さんが歩いている後ろ姿が延々と映っているだけのシーンなどもあるのですが、そういうシーンでも全く退屈しない、むしろ見応えがある(カッコいいし)。
ただ歩いているだけでも絵になる、映画になる。そんな俳優さんでした、伊藤猛さん。

やっぱり、そろそろ、佐野和宏。

             CCF20140729.png

このブログで今まで何度も佐野和宏に言及してきたので、もうあまり詳しくは説明しませんが。
とにかくこうやって、おもに男優さんのイラストを描き始めたからには、やはりそろそろ佐野さんを描かなイカン! というわけで。

それと少し前に、新橋ロマンで佐野さんの監督・主演作『若妻 しとやかな卑猥』(1990)を久しぶりに観て、改めて思ったのですが。
このへんの、彼が若い頃の作品だと、なんというか、顔がまだ熟成されてないよなあ、と。
個人的に、佐野さんは「歳とるごとに良くなる系の役者さん」だと思うので、けっこうオッサンになってからの佐野さんのほうが好きだなあ、と。

じゃあ、私が思う「佐野さんのイイ顔」とは。
だいたい上のイラストのような感じ。
シワとかもうハッキリ刻まれてからの顔。
で、ちょっと機嫌が悪そうで、ふてぶてしい感じの顔。

彼は、(監督作や脚本作から推測すると)かなりおセンチな人っぽいのですが、外見的にはすごくタフそうというか、しぶとく、ふてぶてしい感じがして、そのギャップに惹かれます。

数年前に病気で声帯を失った佐野さん、そのせいか、最近はメインの役での出演は無いようですが。
佐野さんの実力なら、台詞なしでも色んな役が演じられると思う。
ピンクでも一般作でもいいから(でもやっぱりピンクがいいなあ)、現在の佐野さんを大きな役で観たい。

やっと観た!

 先日、新橋ロマンでピンク映画を2本観ました。滝田洋二郎監督の『連続暴姦』(1983)と、高橋伴明監督の『歓びの喘ぎ 処女を襲う』(1981)。
 とにかく『歓びの喘ぎ~』が素晴らしかった。あ、『連続暴姦』がイカンというわけではなく、わりと面白かったんですが、『歓びの喘ぎ~』の場合、面白いとかそういうのではなく、静かに圧倒された感じ。

 「公害による海の汚染」を題材に、それが引き起こしたある悲劇を描いた映画なのですが、なんといっても、下元史朗演じる主人公の虚無的な言動や佇まいが非常に印象的。
 これとほぼ同時期に公開された、同じく高橋・下元コンビの『襲られた女』は、ある種のセンチメンタリズムが強すぎて私はちょっと苦手なのですが、この『歓びの喘ぎ~』は、おセンチ控えめというか、(良い意味で)冷たく厳しい。

 ところで私がこの作品の存在を知ったのは、たしか10年くらい前のこと。現在『映画秘宝』などで活躍されている評論家の真魚八重子さんが、当時サイト(ブログではない)を運営されていて、そこでこの作品の批評を書いてらっしゃったのですが、それがなんとも魅惑的な文章で。
 読んですぐに「この映画、観たい!」という気持ちになりました。

 しかしこの映画、たまにしか上映されず、されても何故かいつも都合が悪くて観に行けず。今回、やっと観ることができました。
 で、期待通りの素晴らしい映画だったので、改めて真魚さんの例の文章を読みたいと思ったものの、検索しても見つからず。今はもうネット上には無いのかな。うーん、残念。

※追記(1月7日)‥‥その後また調べてみたところ、彼女のブログに「再録」としてアップされていました! こちらです→http://d.hatena.ne.jp/anutpanna/20140105

成人映画よりも、イタリア巨匠映画の方が緊張してた。

 報告が遅くなりましたが、4月に初めて新橋ロマン劇場に行きました(ピンクを2本鑑賞)。
 ここは線路の真下で、しかも上を走っているのは山手線や京浜東北線。こりゃそうとう頻繁に電車の音と振動が響いてくるはず‥‥と思い、それまで避けていたわけです。でも実際に行ってみると、それほど気にならなかった。

 というか、あの場所で音や振動が多いのは当たり前なので、「ま、こういうものだ」と思っていれば、気にならないのでしょう。
 他にも、上映中の場内がちょっと明るすぎるとか、スクリーンのすぐ横にトイレがあるとか、そのトイレに上映中でも行く人がけっこういるとか、いろいろあるんですが、そもそも成人映画館って何かしら気が散る要素があるものなので、これまた「ま、こういうものだ」と思っていれば、あまり気にならないです(私の場合は)。

 ところで、さっき新橋文化劇場のツイッター(新橋ロマンに関するツイートも載っている)を見ていたら、ロマンで映画を観たお客さんの感想として、「上映中におじさまに誘われてびっくり。」というのがありました。
 書いた方の性別は不明ですが、男性でも女性でも、成人映画館でこの手の経験をしたことのある方、けっこういるみたいですね。

 実は私(♀)、成人館でのそういう経験って1回も無いんですよ。若い頃からときどき行ってるのに1回も無いなんて、わたしゃ何か欠陥があるのかもしれませんが~。逆に一般館では、上映中に痴漢もナンパもされたことあります。はるか昔ですけど。

 ちなみに、痴漢された時はフェリーニの映画を、ナンパされた時はベルトルッチの映画を観てました‥‥。
 だから私、それからしばらくの間は、イタリアの巨匠さんの映画を観に行くと、妙に緊張してましたね~。成人映画よりもよっぽど緊張してた。また痴漢やナンパ野郎に出くわすんじゃないか、と思って。

 さらに言えば、そのフェリーニの時というのが‥‥。場所は、お上品なアートシアター。痴漢も見た目は紳士風で、高級そうなオシャレ服を着た中年男性。
 以来、私はこの手の場所や人が、どうも苦手です。いまだにちょっと苦手。

 そんなわけで。
 成人映画館は、見るからにガラの悪いオッチャンがいたり、ゲイの方たちが何らかの行為に及んでいたりする場合もあるけど~、私は決して嫌いじゃないです。

浅草の夜

 一般映画も観てるんですよ~。でも。しかし。やはり。またピンク関連で書きたいことができたので、書きます。浅草世界館、最後の上映について。

 昨夜、浅草世界館(成人映画館です)の最後の上映を観に行ってきました。迷ったんですよ、行くかどうかは。
 実は私、この劇場にはこれまで全く行ってなかったんです。それなのに最後の日だけ行くなんて、劇場の方々に対して却って失礼なのでは‥‥。そういう思いがありました。

 でも、行きたくなる要素が色々ありまして。例えば上映プログラム。最後の3本立ては、「ピンク映画の今」というテーマで、去年と今年の、つまり新しめの作品ばかり。この、「“今”を特集して幕を閉じる」という姿勢が、なんだかイイな~と思ったわけです。
 また、スタッフの方が、ツイッターで熱心に(しかも、ほのぼのと)広報活動をされている様子にも、惹きつけられました。

 それと、私もいちおうピンク映画ファン‥‥なのかなあ‥‥まあ、本当に少しずつではありますが、20年くらい前からピンクを観ているので、いちおうファンという立場で考えると。
 たとえそれが今まで行っていない劇場であっても、ひとつの成人映画館の終わりを見届けに行くのは、ピンクファンとしてアリなんじゃないかと。
 自分にとって都合のいい考え方ですが。

 で、結局、行ったわけです。諸事情により最後の1本しか観られなかったのですが、この1本、最終上映にピッタリの作品でした。渡邊元嗣監督の、『おねだり狂艶 色情ゆうれい』。
 ややネタばれになりますが、ひとことで言うと。「辛い別れを受け入れて、それでも(だからこそ)歩き続けていこう」。そんな映画でした。

 そして作品の上映が終わると。スクリーンいっぱいに、フィルムを引っ掻いて書いたような「アリガトウ」の文字が! 
 映写技師さんによる、粋な演出。

 しばらく「アリガトウ」を見つめた後、劇場を出ると、今度は『色情ゆうれい』の主演男優、川瀬陽太さんの姿が。
 ほんの少しお時間をいただき、このブログの前回の記事(彼に関する記事)について、お話しさせていただきました。

 そんな浅草の夜でした。

 「アリガトウ」。いえ、こちらこそ、ありがとう。


※追記(2013年5月16日)‥‥この映写技師さんに関する補足記事を書きました。こちらです。

川瀬さんと石川さん

 銀座シネパトスで開催中の、ピンク映画50周年記念特集上映。すでに何回か行ったのですが、先日(8月21日)行った際、上映前に舞台挨拶がありました。私にとって、色んな意味で感慨深いものだったので、その時のことを記しておきます。

■上映作品は、『思いはあなただけ I Thought About You』と『姉妹どんぶり 抜かずに中で』。それぞれの主演男優である、川瀬陽太さんと石川ゆうや(雄也)さんによる舞台挨拶。主催者側が決めたわけではなく、ご本人たちが自主的に急きょ企画したもの。

■私はもともとこの日に行くつもりだったのですが、直前に舞台挨拶の件を知り、行く意欲倍増! なんたって川瀬さんは昔からピンクでよく拝見してるし、石川さんはピンクそして井口昇作品で拝見してるし、でもお2人とも実物を拝んだことはないので、初めての実物拝み(←なんだこの言葉)とあって、けっこうドキドキ。

■まず川瀬さん登場。最初の発言がいきなり良かった。「え~皆さん、今日はせっかくエッチな映画を観に来られたのに、女優さんじゃなく男が出てきてスミマセン‥‥あ、でも俺のはゲイ映画だから、俺が出てきて正解なのか‥‥」

■次に石川さんも登場し、昔からの友人だというお2人による、息の合ったトークが展開されました。ちなみに、お2人が出会った時(1995年)に石川さんが出演されていた、園子温監督の『BAD FILM』。長らく未完のままだったそうですが、ようやく完成し、近々DVDが発売されるとのこと(来月のカナザワ映画祭で上映がありますね)。

■途中、石川さんが、『姉妹どんぶり 抜かずに中で』の監督である、吉行由実さんのモノマネを披露。というか、この映画の出演をオファーされた時の会話を再現してくださったわけですが、吉行さんの発言部分はきちんと彼女のあのスウィートな喋り方になっていて、さすがでした。川瀬さんも、「そうそう、吉行さんってそんな感じだよね~」とウケてました。

■そのオファーのキッカケは、石川さんが当時出演していたゲイ映画だったそうで。なんでも彼は、「港雄一さんに犯される役」を演じていて、それを観た吉行さんが、「この子、いいわ♥」と思ったらしいです。(今ちょっと調べてみたんですが、多分この『つぐない』という映画ですね、観てみたいなあ。)

■この日上映の『思いはあなただけ』と『姉妹どんぶり』は、ともに1997年の作品。今から15年前ということで、お2人いわく、「今観るときっとすごく恥ずかしい」、「“ウワーッ”っとか“ギャーッ”とか言ってしまいそう」。特に川瀬さんのほうはハードボイルドな役なので、「そうとうサムいことになってます、でも“かっこいい”って言ってくれる方もいるので」。

■その後お2人は、客席の隅の方で作品を鑑賞していましたが、奇声を発することもなく、静かに「15年前の自分」と対面してらっしゃいました。

●以下、私の個人的な感想というか感慨。

●私は銀座シネパトスに行く時、だいたいいつもJR有楽町駅からテクテク歩いて行くのですが、この日もそうしていて、ふと思い出しました。昔、ほんの短い期間ですが、この駅の近くにピンク映画館があったんですよ。シネマ有楽町。1995年初夏からの約1年間(だったと思う)。

●当時そこで私が観た新作の1本が、瀬々敬久監督の『すけべてんこもり』(1995年7月公開)。原題は『End of The World』。川瀬さんのピンク映画デビュー作です。私が「川瀬陽太」という俳優を初めてスクリーンで観たのも、この時。彼は、思いつめた青年を演じていました。

●あれから17年経って、いい具合に少しオッサンぽくなった川瀬さん。ピンク映画は斜陽だ斜陽だと言われ続けているけれど、彼は今でも精力的にピンクに出演されている。そして過去の主演作が上映されるにあたって、自主的に舞台挨拶をしてくださる‥‥嬉しいじゃあないですか!

●とまあ、そんなことを考えつつ会場に着いたので、舞台挨拶の間はニヤニヤしっぱなしでしたよ。拍手も、他のお客さんより多めにしたりして。たぶん私、「気持ち悪い人」に見えていたと思います。ははは‥‥。

●しかしあれですね、シネマ有楽町が消えてしまったように、この銀座シネパトスも来年の3月で閉館。それを考えると、うーん‥‥。

●でもこうやって、いろんな思いに浸れたのもよかったというか、貴重な時間でした。川瀬さん、石川さん、どうもありがとうございました。

50周年記念特集のパート2

 先週の金曜日から、ピンク映画50周年記念特集のパート2が始まりました。
 ところで私、パート1の告知記事内で、公式サイトとしてヒューマックスのサイトにリンクを張ったのですが。PGのサイトにも、この特集についての詳しい情報が載っているので、今回はそちらにリンクを張っておきます→http://www2u.biglobe.ne.jp/~p-g/award/24_pinkfes/50th_schedule_new.html

 さてパート2で上映される作品のうち、拙ブログに記事があるのは、『超いんらん やればやるほどいい気持ち』(原題『NEXT』)。興味のある方は、どうぞ→http://kobiri.blog108.fc2.com/blog-entry-113.html

 
 他にも、既に観ている作品は色々あるので、その中からひとつご紹介します。9月2日~5日に上映される、『美女濡れ酒場』(監督・脚本:樫原辰郎)。
 
 といっても、映画そのものではなく‥‥(なぜか)DVDの紹介です! 
 もちろん映画自体もイイので、今回の上映でぜひ観ていただきたいのですが、映画を気に入った方には、DVDも観ていただきたい。とにかく特典映像の充実っぷりが、かなり凄いので。

 ショートフィルムとかスタッフ・キャスト座談会とか、いろいろ入っているわけですが、特に私が面白いと思ったのは、『活弁コミキネマ~毛乙女節考~』。「コミキネマ」の「コミ」は、コミックのことです。
 山田広野氏による活弁つきの、コミック映画(アニメとは違います)。山田氏のあの声がたまらん上に、ストーリーも絵もよくできてます。「原作:樫原辰郎」とのこと。
 
 さらに、樫原氏と柳下毅一郎氏による『爆笑時事呆談』も面白かったです。まあ対談ですけど、内容的にはほぼ漫才ですね。
 樫原氏はトークも達者で、感心しました。多才で凝り性な方だなあ、と。

OPはじまりました

 うわ、もう1ヶ月も更新してなかった‥‥。このところ、私的な用件で、調べたり書いたりしなければならないことが多くて、ブログ作業が出来なかったのです~。

 さて昨年の9月、シネロマン池袋についての記事で、この劇場の長所をいろいろ挙げつつも、「大蔵映画の作品を上映してほしい」と注文を付けたのですが。なんと今月から、シネロマンで大蔵作品の上映が始まりました。
 詳しくは、劇場の公式サイトをどうぞ→http://cineroman.blog92.fc2.com/(サイト内で「OP映画」と書いてあるのが大蔵作品です。ちょっとややこしいですが、「大蔵」は社名で「OP」はレーベル名なのです。)

 ところで。さっきポッドキャストで、玉袋筋太郎氏のスナック談義を聞いていて(まだ途中ですが)、ふと思いました。スナックとピンク映画って、ちょっと似てないですか? 特に、以下の3点。

★客が高齢化している
★しかし、若い(あるいは中年の)マニアックな客も、少数だが存在する
★まあ、なんというか、独特な文化である

‥‥別に意味は無いです。単なる思いつきです。では~。

50周年記念特集のパート1

 前の記事に書いた、銀座シネパトスの「2011年ピンク映画傑作選」、先週行ってきました。観たのは『女真剣師 色仕掛け乱れ指』と、『色恋沙汰貞子の冒険 私の愛した性具たちよ…』。両方とも、ちょっと引っかかる部分はありつつも、かなり面白かったです。
 
 そして同劇場では現在、「<ピンク映画50周年記念 特集上映> PINK FILM CHRONICLE 1962-2012」の「Part1」が開催されています。詳しくは、公式サイトをどうぞ→http://www.humax-cinema.co.jp/cinema/special/meigaza/2012pink.html

上記の公式サイトでは、下の方に小さい字で書いてあるだけなので分かりにくいのですが、この特集上映には「Part1(5月18日~7月9日)」と「Part2(7月下旬~)」があって、現時点では「Part1」の詳細しか発表されていません。

 
 というわけで、「Part1」の上映作品の中で、このブログにレビュー記事が載っているものを並べておきます。
『菊池エリ 巨乳』(原題:あるヌードモデルとマネージャーの不慣れな恋の物語)
『味見したい人妻たち』(押入れ)
『悩殺若女将 色っぽい腰つき』(恋味うどん)
『痴漢電車 びんかん指先案内人』(ヒロ子とヒロシ)
『男痕 THE MAN』については短い紹介記事があります。

 他にも、既に観ている作品は色々あるのですが、どれもかなり前に観たものなので、今ここで感想などを書くのは控えておきます。と言いつつ、ひとつだけ。

■『トーキョー×エロティカ』(監督:瀬々敬久)‥‥瀬々監督のピンク映画には、妙に観念的な作品と、そうでない作品があって、私は基本的に前者は苦手、後者は好き。この『トーキョー×エロティカ』はかなり観念的なので、やはり苦手なのですが、それでもなぜか印象に残っています。特に、役者さんたちの姿。
 で、役者さんといえば、川瀬陽太。前々回の記事で、「『サウダーヂ』を観て川瀬さんのファンになった方には、彼のピンク映画も観てほしい」というようなことを書きましたが、そういうファン初心者(?)の方は、この作品をご覧になるといいかも。
 上記サイトの作品データにお名前が無いものの、川瀬さん、わりとメインの役で出演されてるんですよ~。しかも『サウダーヂ』の時とは、ぜんっぜん雰囲気が違います。怖くてエロい。なんというか、黒いフェロモンが出ていた(ような気がする)。

「2011年ピンク映画傑作選」

 先週末から、銀座シネパトスでピンク映画、ユーロスペースでロマンポルノの上映が始まりました。しばらくの間は、一般館で成人映画をたくさん観ることができますよ~。
 で、本当は事前に、両方の告知記事をアップしたかったのですが、いろいろあって間に合わず(そして、どちらの初日イベントにも行けず)。ちょっと遅くなりましたが、とりあえず今日は、「2011年ピンク映画傑作選」について書いておきます。

 昨日(5月13日)、銀座シネパトスで「第24回ピンク大賞」のイベントが行われました。その際に上映された「2011年ピンク映画ベストテンの上位4作品」が、同劇場で今日から17日(木)まで、2本立てでレイト上映されます。
●5/14(月)・15(火)‥‥『囚われの淫獣』『となりの人妻 熟れた匂い』
●5/16(水)・17(木)‥‥『女真剣師 色仕掛け乱れ指』『色恋沙汰貞子の冒険 私の愛した性具たちよ…』
※詳細は、こちらをどうぞ→http://www2u.biglobe.ne.jp/~p-g/award/24_pinkfes/2011.html

 上記の4本の中で私が既に観ているのは、『囚われの淫獣』。この作品は、現在のピンク映画ファンや業界関係者を挑発するような描写が多いため、公開時に一部で激しく話題になったようです。今回の上映でも、改めて物議を醸しているかもしれません。
 監督の友松直之氏も御自身のブログなどで、わざと煽っているし(ははは‥‥)。
 
 ただ私自身は、『囚われの淫獣』のそういう(挑発するような)部分には、あまり興味が無いというか。別の要素のほうが、印象に残っているのですよ。
 詳しくは、こちらの過去記事をどうぞ→http://kobiri.blog108.fc2.com/blog-entry-201.html

 
 なお、この「2011年ピンク映画傑作選」のすぐあとに、 「ピンク映画50周年記念 特集上映」 もあります。これについては、そのうちまた新しく記事を書くつもりです。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク