『不在宴会 死亡記事の女』

2008年 日本 監督:榎戸耕史 脚本:西岡琢也 出演:三浦友和、平田満、田中好子、宇梶剛士、竜雷太、六平直政、中島ひろ子

 2つ前の記事で触れたTVドラマを、予定通り鑑賞しました。「水曜ミステリー9」という枠の単発2時間ドラマで、原作は松本清張です。
 
 主人公は、将来を約束されたエリート官僚の魚住(三浦友和)。あるとき福島に出張した彼は、仕事を終えたあと浮気相手のホステス・恵子(松本詩代)と会うため温泉宿に向かいます。
 ところが宿の風呂場で、彼女は何者かに殺されていました。保身のため、急いでその場から逃げ東京に戻る魚住。数日後、福島で案内係を務めた鶴原(平田満)が現れ、事件の日に宿で魚住を見たと言い、大金を要求してきます。そこで魚住は‥‥。
 
 正直言ってこのドラマ、観ていて少し戸惑いました。作品の中にシニカルな笑いの要素が含まれているような気がしたのですが、それが作り手の意図ではないような気もして、どう反応すればいいか分からなかったのです。
 
 例えば、魚住が自分の周囲の人たちを「恵子殺しの犯人では?」と疑うシーンの数々。彼は彼女が殺されてからというもの、その死を悲しみもせず、ひたすら保身を考えながら推理しまくるのです。
 まず自分と顔見知りである恵子の店のマスター(金山一彦)を疑い、次に自分のもうひとりの浮気相手である銀座のホステス(中島ひろ子)を疑い、そして自分の妻(田中好子)が愛人らしき男(宇梶剛士)に頼んで殺させたのではないかと疑います。しかも魚住はそういう疑いを持つと必ず、その人が恵子を殺している場面をこと細かに想像するのです(想像の内容はすべて映像として画面に登場)。
 
 そもそも犯人は魚住の身近な人物とは限らない(恵子が誰かにストーカーされていたとか色んな場合が考えられる)のに、やたらと自分に結びつけて推理・想像しまくるあたり、この男の極端な自意識過剰ぶりが見えて、何だか笑えます。というか、私は少しばかり笑いながら観ていました。しかしその一方で、「ここで笑っていいのかな?」という思いもありました。
 
 なぜならこれらのシーンは、特に滑稽な感じで演出されているわけではなく、むしろ深刻な雰囲気の劇判が流れたりしているからです。また、魚住の想像をすべて映像化するという手法自体、私は「彼の自意識過剰ぶりを強調する演出」と受け取ったわけですが、実際には恐らく演出というよりも、「視聴者に分かりやすく伝えるための配慮」なのです。
 夜の9時台~10時台に放送される2時間ドラマの場合、映画や深夜ドラマなどと比べると、はるかに幅広く大勢の人々に受け入れてもらわなければならないので、その種の配慮が要求されるはず。そう考えると、ちょっと複雑な気持ちになりました。
 
 さらにクライマックスで、魚住がうっかり余計なことを言って自ら墓穴を掘るシーンがあり、ここなども見方によってはシニカルな笑いのシーンとして受け取ることもできるのですが、演出が特にそういう感じでもないので、やはり笑っていいのかどうかよく分かりませんでした。
 
 ちなみにこのドラマ、ストーリー的にかなり後味のいい終わり方をします。主人公が今までの自己保身主義を捨てて新たに生まれ変わるというような、明るい終わり方なのです。そのこともあって、全体的に少々滑稽味のある演出の方がいいような気がするのですが、どうでしょう? 
 まあ2時間ドラマで松本清張が原作だと、深刻な雰囲気に仕上げなければならないのかもしれませんが、この主人公の極端な自意識過剰ぶりもその後の変化も面白いので、普通の深刻なドラマにしておくのは勿体ない‥と思った次第です。

 最後に、以前の記事で述べた「榎戸監督は男優の演出がうまい」ということについて。このドラマでは、どちらかというと三浦友和よりも平田満のほうが儲け役で、いい味を出していました。平田氏は昔から真面目な善人役のイメージが強いのですが、今回はそれと正反対の、女好きで軽薄でズル賢い役を好演。何でもできる人だな~と感心すると同時に、榎戸監督の男優いじり(?)の巧みさを改めて思いました。
 とにかくいろんな意味で、監督にはまた映画の世界でも活躍していただきたいです。
プロフィール

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク