年末ぎりぎり要望垂れ流しの巻

 今年は、昔から気になっていた作品を2本、観ることができました。ひとつは『競輪上人行状記』。
 実はこれ、15年ほど前に知り合いの方から「いい映画だ!」と薦められたのです。しかも映画の話をしている時ではなく、ギャンブルの話をしているときに突然、「昔、『競輪上人行状記』っていう映画があって‥」と切り出されたので、妙に印象に残っていました。しかし殆ど上映されずソフト化もされていないのでなかなか観られず、自分にとって「幻の映画」になりかけていた矢先、ひょっこりと対面することができました。ちなみに私自身はギャンブルはやりません。
 
 そしてもう1本は、『追悼のざわめき』。劇場公開された頃、多少興味はありつつも見逃してしまい、その後(やはり15年ほど前)佐野和宏さんのファンになってから俄然「観たい!」という気持ちが高まっていったのですが、ときどき上映されていても何故かいつも都合がつかずに見逃し続けてしまい、やっと今年、観ることができました。オリジナルとは少し違うバージョンとのことですが、作品自体も面白かったし、佐野氏の魅力を再認識できたので個人的に満足です。

 あと今年は、10年ほど微妙に避けていた石井隆監督の新作を久しぶりに観て、これが素晴らしい作品だったのが嬉しかったです。しかし相変わらず低予算のようだし、何かと制約の多い中で撮っておられる模様。このことは残念です。
 石井氏の作品は、劇画も映画も一般受けするタイプのものではありませんが、最近アメリカで『天使のはらわた』シリーズのDVDボックスセットが発売になったことからも分かるように、世界中のある種の人々から愛好されるタイプの作品です。その愛好者を増やすためにも、それなりのお金をかけて条件を整えたうえで、本人の脚本&監督で、決定的な新作映画を撮ってほしいです。
 
 というか、可能ならば海外資本を取り付けて、最初から海外に売ることを前提にして撮った方がいいんじゃないでしょうか。デヴィッド・リンチとかキム・ギドクとか、「本国では受けないけど海外で受けるアクの強い監督」は、だいたい皆この手を使って独特な成功を収めていることですし。あ、そういえば、井口昇監督の新作映画も海外資本ですヨ。
 さらにこれは個人的な妄想なんですが、私は以前から、石井監督と佐野和宏に組んでほしいと思っているのですよ~。石井監督の映画は暗くて感傷的で、もちろんそこが魅力なんですけど、ちょっとそれらが過剰すぎて観ていて辛くなる時があるので、佐野さんの「乾いたふてぶてしさ」を重石にしたら、ちょうど良いような気がするのですが。「哀愁はあるけど湿り気は少ない」という彼の持ち味が生きると思うんですけどね。

 「今年のまとめ」みたいなものを書こうと思ったのに、結局、妄想や要望を垂れ流してしまいました。でもまあ、変にまとめるよりも、くだらなくても要望を書いておいた方が少しは建設的かもしれないし。ということでお許しください。では皆さん、よいお年を。

『俺たちフィギュアスケーター』『タラデガ・ナイト オーバルの狼』

『俺たちフィギュアスケーター』 2007年 アメリカ 監督:ウィル・スペック、ジョシュ・ゴードン 出演:ウィル・フェレル、ジョン・ヘダー (現在上映中→http://oretachi.gyao.jp/

『タラデガ・ナイト オーバルの狼』 2006年 アメリカ 監督:アダム・マッケイ 出演:ウィル・フェレル、ジョン・C・ライリー、サシャ・バロン・コーエン (劇場未公開作、DVDあり)

 最近、アメリカのコメディ映画を2本続けて観ました。『俺たちフィギュアスケーター』と『タラデガ・ナイト オーバルの狼』。両方とも向こうで大人気のコメディアンであるウィル・フェレルの主演作で、それぞれフィギュアスケートとカーレースを題材にしています。
 注目すべきは、どちらの作品も競技シーンが豪華だということ。つまり、競技会場のゴージャスかつ緊迫した雰囲気を、お金と時間をかけてきちんと作り込んでいるのです。これによって、二つの効果が生まれていると思います。
 
 ひとつは、コメディでありながら本格的なスポーツ映画としても楽しめるということ。そしてもうひとつは、ギャグが引き立つということ。
 例えば『俺たち~』では、「フィギュアの大会で、男同士のペアがセックスの体位そっくりの技を次々にキメる」というギャグがあるのですが、会場や競技の様子をきちんと描いているおかげで、ギャグ自体の面白さに加え、「ゴージャスかつ緊迫した雰囲気のなかでの下ネタ」というギャップの面白さもあり、大いに笑えるシーンとなっています。
 また『タラデガ・ナイト~』での、「フランスから来た天才レーサーが、レース中にコクピットで操縦しながら、余裕の表情でカミュの『異邦人』を読む」というようなギャグも、レースの緊迫した雰囲気がリアルに描かれているだけに、よけいに笑えます。

 前回の記事で書いた鈴木則文監督の『ザ・サムライ』にしても、主人公の時代錯誤ぶりを本格的な殺陣などでしっかり描いたからこそ、コメディと時代劇(?)という両方の楽しみ方ができるうえに、バカバカしいギャグも引き立っているんですよね。
 それにしても先述した2本のアメリカ映画の場合は、ハリウッドのメジャー会社の作品なので作りが豪華なのはまあ当然なわけですから、自分の小さな会社で(ある意味)豪華なコメディを撮った鈴木監督は、やはり稀有な人だな~と思います。
 今年は映画館で何度か、一観客として来られている鈴木監督の姿を見かけました。とてもお元気そうでした。今の邦画界では鈴木監督のような映画作りはなかなか難しいとは思いますが、できることならぜひ久しぶりの新作を撮っていただきたいです。

『ザ・サムライ』

1986年 日本 監督・脚本:鈴木則文 脚本:志村正浩 出演:中村繁之、松本典子、大沢樹生、朝丘雪路、堀江しのぶ、菅原文太、宍戸錠
 
 体調が今ひとつという状態が、予想以上に長引いています。そのせいか、だんだん笑える映画が観たくなってきました。というわけで、今月の初めに書いた鑑賞予定を変更して、しばらくはコメディについて書こうと思います。まずは、『トラック野郎』シリーズの鈴木則文監督が80年代に撮った『ザ・サムライ』。中古ビデオにて鑑賞。
 
 この作品はマンガの実写化で、時代錯誤な男子高校生が巻き起こす騒動を描いた、学園アクション・コメディ。ハッキリ言って、ストーリーもギャグも相当くだらないです。
 例えば──主人公は高校生ながら、常に日本刀を腰に差している剣豪。しかし「女性のレオタード姿を見ただけで鼻血を出して失神する」という弱点があるため、彼と敵対するグループは、セクシー美女のナマおっぱいで主人公を攻撃! さあ、どうなる?──序盤はこんな感じです。 
 
 そして鈴木監督は、こういうくだらない内容を手間暇かけて、心血を注いで映像化しています。その点において、他の追随を許さない映画。(もちろん褒めてます。)

 まずアクション・シーンの充実ぶり。主人公が、何かというとすぐ刀を振り回したり時代劇風の妄想をしたりするので、殺陣シーンが多いのですが、これらがかなり本格的なのです。主演の中村繁之はきちんと訓練を受けたらしく、いい動きを見せてくれるし、友情出演の菅原文太は、大スターならではの迫力ある殺陣を披露。達者な斬られ役の俳優さんも大勢出演しています。
 また、主人公が日本刀を、ライバルの男子生徒がフェンシングの剣を持って対戦するという、変わったアクションも見もの。さらにクライマックスでは、銀行強盗グループが学園祭に乱入し、派手なガン・アクションやドタバタの追跡劇が展開。和風と洋風、両方のアクションが満載なのです。
 
 つぎにSFX。主人公にはなぜか「顔を激しく変形させる」という特技があり、人間技とは思えないほど瞼や唇をビヨ~ンと伸ばすのですが、この姿が特殊メイクによって表現されています。
 実はこれ、今や日本を代表する特殊メイク・アーティストとなった原口智生の、初期の作品。当然ながら、その頃の和製SFXとしては非常に良くできています。

 とにかく妙に凝った映画で、上記のアクションやSFXは、実はまだ序の口。私がいちばん感心したのは、「普通ならセリフで済ませる部分をいちいち丁寧に映像化している」ということです。  
 
 具体的には、主人公を含む4人の生徒たちが、学園祭で上映する自主映画の企画会議をするシーン。それぞれが自分の作りたい映画の内容を説明するのですが、その内容が全て実写映像として画面に出てくるのです。つまり、映画内映画として4本もの短編映画が次々に登場するわけです。
 しかも題材は「野口英世」「シンデレラ姫」「からくり屋敷を舞台にした時代劇」「SFスーパーアクション」と、セットや衣装などに凝らなければいけないモノばかり。まあさすがに部分的にはチャチなところもありますが、全体としてはなかなか豪華で、特にからくり屋敷の時代劇は非常に本格的です。

 『日本映画の現場へ』(筑摩書房)という本によると、この『ザ・サムライ』にお金をかけすぎたのが原因で、製作した鈴木監督の会社は当時、大赤字を背負ったとのこと。
 芸術映画やメッセージ色の強い映画ではなく、アクション・コメディのために自分の会社を犠牲にする監督は、なかなか居ないでしょう。まさに壮絶かつ稀有な娯楽映画魂。ここ数年、特集上映やDVD発売など、鈴木監督を再評価する動きが活発になっているのも大いに納得できます。 

『恋する幼虫』

2003年 日本 監督・脚本:井口昇 出演:荒川良々、新井亜樹、松尾スズキ、乾貴美子、村杉蝉之介、伊勢志摩、唯野未歩子、デモ田中

 先日、DVDで久しぶりに再見。
 
 マンガ家のフミオ(荒川良々)は、子供の頃のトラウマが原因で、女性とうまく付き合うことができません。その心理をマンガで表現しても、シュールすぎて読者に受けず、イライラが募るばかり。最近はもっぱら、気弱な編集者・ユキ(新井亜樹)に辛く当たっています。
 そんなある日、フミオは衝動的に彼女の顔を傷つけてしまいます。やがてその傷は奇怪な生命体となり、ユキは人の血を吸わなければ生きていけない特異体質に。罪の意識から彼女の奴隷と化すフミオと、復讐心から次々と要求を突きつけるユキ。悲惨な関係‥‥のはずなのに、2人の間には不思議な愛情が芽生えていきます。そして。

 前にこの作品を劇場で観たとき、フミオの元・同級生(村杉蝉之介)の部屋に、神代辰巳監督の映画『アフリカの光』のポスターが貼ってあるのが、妙に印象に残りました。ストーリーには関係ないので、「もしかして井口さんは神代さんのファンなのかな」と、ちょっと気になったのです。
 すると少し前に井口監督のブログで、この件について質問の書き込みをしている方が居ました。監督の答えは、「大ファンで作品はほとんど観ています」。その頃ちょうどリバイバル上映されていた『青春の蹉跌』も、1週間のうちに2回も観に行ったとのこと。
 
 イメージ的には、井口監督と神代監督はあまり結びつきません。井口作品にはたいていシュールでSFホラー的な要素が入っていて、それを表現するためにチープな特撮が使われていますが、神代作品は基本的にリアルな人間ドラマで、特撮モノの要素は全く無いですし。
 しかし、「井口監督は神代監督が好き」ということを頭の隅に置いたうえで『恋する幼虫』を観てみると、ナルホドと納得できる部分もあります。例えば終盤の、風呂場でフミオがユキに自分の血を吸わせようとするシーン。台詞はほとんど無く、2人の微妙なしぐさや表情の変化をじっくりと見せています。ちょっと長すぎるんじゃないかと思うくらいに、俳優の肉体による感情表現を延々と撮っていて、その意味でかなり神代チックなシーンです。

 そういえば『恋する幼虫』という作品自体、ビジュアル的には特殊メイクや造形物などの印象が鮮烈ですが、内容としては、人間の微妙な感情や心理を描いた映画です。例えば、フミオとユキの性格描写。
 フミオはあるトラウマのせいで、女性と深い仲になることができません。ユキも原因は不明ですが、他人に体を触られるのが苦手で、恋人(松尾スズキ)は居るものの肉体的な接触は殆どありません。2人ともコンプレックスを抱えているのです。そして見た目にも地味でオドオドした感じ。しかしこれまた2人とも、相手や状況によっては、非常に強気でサディスティックになるのです。
 
 まずフミオは自分の鬱屈を、気弱なユキに辛く当たることによって発散しています。しかも彼は元・同級生の女性(卯月妙子)から、「あんたは男子にイジメられるといつも女子に八つ当たりしてた!」とすごい剣幕で言われるので、おそらく学生時代からずっとそうだったのでしょう。自分より弱い者や、いじめやすい相手の前では、急に支配的になるのです。
 そしてユキは、最初フミオに対してひたすら怯えるだけだったのが、彼が自分に怪我をさせたとたん驚くほど豹変。高飛車な女王様のようにフミオを奴隷扱いします。自分が優位に立てる理由ができると急に支配者になる、というわけです。
 
 相手や状況によって自分が上に立てるとなると、ここぞとばかりに支配的になる。人間の、実にイヤ~な面ですよね。そして世の中には程度の差こそあれ、こういう面を持った人がけっこう居るのではないかと思います(私もその1人)。
 また井口監督の著書によると、彼自身がフミオやユキと似たコンプレックスを抱えているようなので、たぶん彼は、「僕の中にこういうイヤ~な面があるかも」という自己分析のもとに、この映画を作ったのでしょう。いずれにせよ、こういうシビアな人間観察をチープな特撮を使って表現できるところが、井口監督の独自性。
 
 さて、このようにある意味シビアな映画なので、観ていてやや辛くなるシーンもありますが、最終的にはさわやかなラストシーンが待っています。フミオとユキは、激しく傷つけ合いながらも絆を深めていって、素晴らしい結末を迎えるのです。ただ、ここで言う「さわやか」や「素晴らしい」は一般的な意味ではないので、ラストシーンを観て「ゲッ」とか「グエッ」とか思う方も居るでしょう。

『恋の腹痛、見ちゃイヤ! イヤ!』

2005年 著者:井口昇 プロデュース&まえがき:松尾スズキ

 井口監督の映画『恋する幼虫』について書く前に、まず彼のエッセイ集に触れておきたいと思います。その名も『恋の腹痛、見ちゃイヤ! イヤ!』。帯には「スカトロ萌え本」と書いてあります。はい、そういう内容の本なのです。
 この本の存在はずっと前から知っていたし、興味もあったのですが、ちゃんと読んだのはつい最近です。なぜそういうことになったかというと、発売されてすぐの頃に書店でパラパラめくってみたところ、予想以上に「うんこ」や「浣腸」という言葉がたくさん出てくるのでビビってしまったのです。井口氏がスカトロジストだということは当時から知っていたので、その種の記述が含まれていることは分かっていたのですが、実際に大量に目にすると、そういう趣味の無い私としては「ウッ」という感じで、あまり読む気になれませんでした。
 
 しかしその後、彼の新作映画を観たりブログを読んだりしているうちに、再びこの本のことが気になり始め、先日入手して今度は無事に読破しました。やはりちょっと「ウッ」な部分もありましたが、興味深い要素にも出会えたので集中して読むことができたのです。

 その興味深い要素とは、井口氏は普通のセックスがたいそう苦手なのだ、ということ。おそらくスカトロジストにもさまざまなタイプがあるのだと思いますが、彼の場合はとにかくセックスが苦手で怖いのだそうです。これに関して、印象的なエピソードや心理描写がいろいろ出てきます。
 
 例えば中学生の時。【友達の家で裏ビデオ鑑賞会などもやったのですが、興奮を隠し切れない仲間たちとは逆に、僕は吐きそうになるのを耐えている有様でした】。そんな彼は成人後スカトロAVの監督になったものの、やがて作品がユーザーに受けなくなり、普通のAVの仕事をするようになります。その撮影について。
 【撮影現場でセックスシーンになると、僕だけ暗い顔をしています。汗まみれの男優が正常位で「パンパンパーン!!」と腰を振る度にですね、心のペニスがどんどん縮んでいくのが分かるんですよ。‥‥(中略)‥‥たぶん偉そうに見えるんですよ、セックスしながら腰を「パンパンパン」鳴らしてる男達って。「俺は今、世界を手に入れている」みたいな傲慢さを「パンパン」している男の腰に感じて吐きそうになるんです。】(【】内は本からそのまま引用。)

 つまり井口氏は、多くの人にとってウハウハな状態を、ウハウハどころか気持ち悪く感じる‥というわけです。読んでいて私は、自分の食物アレルギーのことを連想しました。私は子供の頃から、エビやカニなどを少しでも食べると、唇やノドが腫れて吐き気がします(トロポミオシンという物質に対するアレルギー)。
 だから例えば、多くの人が大好きなオマール海老やタラバ蟹なども全く食べられないし、食べたいとも思いません。そもそも美食に対する欲望もあまり無いので、私にとってはこれが普通なのです。
 
 しかし(だからこそ?)よく人に驚かれたり気の毒がられたりして、実にいろんな事を言われます。今まで言われた中で特に印象的なのは、「人生の大きな楽しみを体験できないんだね」という言葉。他にも「人生、損してるよ」とか、とにかく「人としての重要な快楽や喜びを味わっていない!」というような発言が多いです(しかも冗談っぽい感じではなく、けっこう真面目な口調)。
 ほんの一部の食べ物が苦手なだけでこうなのですから、お酒が飲めない人や、そして井口氏のようにセックスが苦手な人は、この種のことを人からそうとう言われているんじゃないかと推測します。

 要するに、「人間にとっての快楽とは○○だ!」とか「人は皆○○の欲望を持っているはずだ!」とか決めつけている人が、世の中にはわりと多いんですよ。こういう状況は、私のような快楽マイノリティ(?)からすると、ちょっと息苦しいです。そしてだからこそ、「多くの人にとってウハウハな状態を気持ち悪く感じる人も居る」ということを理解している人には、好感と親近感を抱きます。映画でも、そういう人の作ったものの方が、自由で面白いと思います。
 この本を読んで、自分が井口氏の映画やブログが好きな理由が、さらによく分かりました。

ズレていく日々

 ひと月ほど前、11月中に観たい作品を列記したのですが、結局そのうちの一部しか観ることができませんでした。何だか体調の良くない日が多くて、あまり映画館に行けなかったのです。その状態は現在も続いているので、しばらくは、かなり前に映画館で観たものをDVDで観直すなどして、書いていこうと思います。
 そういう形で書きたいものとして今パッと思い浮かぶのは、井口昇の『恋する幼虫』、成瀬巳喜男の『浮雲』、川島雄三の『洲崎パラダイス 赤信号』など。海外の監督ならキム・ギドクやジョニー・トーの作品について、以前から書くつもりではいます。また、『ローグ アサシン』でジョン・ローンの姿を見て以来、マイケル・チミノの映画を久しぶりに観直したい欲求も湧いています。以上、なるべく実行したいです。
 
 それにしてもこのブログは最近、上映中の作品に関する記事が無くなってしまって、単に自分の中だけで流行っていることを書くマイブーム記と化していますね。このマイブームという言葉もかなり死語に近いし、いろんな意味でズレているブログです。ちょっとどうかと思うんですが、思うだけで、特に軌道修正する気はないです(開き直り)。
 なお「体調が良くない」といっても、大病を患ったりしているわけではないので、ご心配なく。
プロフィール

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク