『青春の蹉跌』

1974年 日本 監督:神代辰巳 脚本:長谷川和彦 出演:萩原健一、桃井かおり、檀ふみ、河原崎健三、赤座美代子、森本レオ、高橋昌也、中島葵、芹明香

 先週、シネマアートン下北沢で鑑賞。初見かと思っていたのですが、妙に見覚えのあるシーンが多かったので、たぶん大昔にテレビか何かで観たのでしょう。って、あまり思い入れの無さそうな書き出しですね。
 神代監督の映画は今まで10本くらい観ていて、いつも細かい演出など「巧いなあ」「面白いなあ」と感心されられるものの、作品に対する違和感を拭えない場合も多いのです。今回も、ある登場人物の描き方に疑問と違和感を持ってしまったので、それについて書いておきます。

※以下の文章ではラストシーンに触れています。ネタばれOKの方だけお読みください。

 貧しい母子家庭で育った青年・賢一郎(萩原健一)。彼はかつて打ち込んでいた学生運動と決別し、裕福な伯父(高橋昌也)の援助を受けながら、司法試験に向けて勉強しています。そんな折、かねてから肉体関係を持っていた登美子(桃井かおり)が妊娠。賢一郎は彼女に堕胎させ、司法試験に合格し、伯父の娘(檀ふみ)と婚約します。
 が、実際には登美子は堕胎しておらず、手術が可能な時期は過ぎていました。賢一郎は登美子と思い出の雪山に行き、性行為のあと彼女を殺害。その後、何事も無かったかのように月日は過ぎていきますが、ある日数人の刑事が、賢一郎を逮捕するためにやってきます。
 
 この刑事が逮捕しに来るラストシーンで、刑事同士の会話によって、ふたつの事実が観客に明かされます。まずひとつは、逮捕の決め手になったのが、登美子の遺体に残された精液だということ。そこから判明した血液型が、賢一郎のものと一致したのです。そしてもうひとつ、胎児の血液型は、登美子と賢一郎の組み合わせでは成立しないということ。つまり、子供の父親は賢一郎ではなかったのです。

 この映画では、もちろん主人公である賢一郎に関する描写が最も多く、彼の個人的な事情や背景が詳しく描かれているのですが、登美子についても、その複雑な家庭環境などがかなり描かれています。
 特に印象的なのは、登美子が継母(中島葵)に金の無心をするシークエンス。継母は、夫すなわち登美子の父が営むクリーニング店の従業員と愛人関係にあり、登美子が在宅中でも愛人と家でセックスをしているのですが、その部屋に登美子が敢えて入っていき、小遣いをねだるのです。
 
 この一連の描写における継母のひどく艶めかしい喘ぎ声と、それを聞きながら階段を後ろ向きに上る登美子の淋しげな姿。どちらも非常に鮮烈です。
 また、ここが重要なのですが、このシークエンスには賢一郎は登場しません。つまり、この状況を賢一郎は体験していないけれど観客は体験している、というわけです。
 
 そう、ある意味、登美子の事情や心情については、賢一郎よりも観客のほうがよく知っているのです。少なくとも私は、登美子に寄り添うというか、彼女のことを理解しているつもりで観ていました。本当はいろんな辛さや苦しさを賢一郎に受け止めてもらいたいんだろうな、という風に。
 だからラストで、彼女の子供の父親が賢一郎ではなかったことが突然明かされ、しかも本当の父親は誰でどんな事情があったのかなどは不明のまま映画が終わってしまうことに対して、釈然としないものを感じました。
 
 作り手側はどういう意図があって、最後に急に彼女を観客から遠ざけるような構成にしたのでしょうか。ラストで、観客の思いが賢一郎の側だけにグッと寄っていくようにしたかったとか? いずれにせよ、作り手側が賢一郎には甘く、登美子には冷たいような気がするのですが。

『ブレス』

2007年 韓国 監督・脚本:キム・ギドク 出演:チア、チャン・チェン、ハ・ジョンウ、カン・イニョン  
シネマート六本木にて上映中
詳しくは→http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/index.html

 2週間ほど前にシネマート六本木にて鑑賞。ストーリーは、夫に浮気されている主婦が、自殺を繰り返す死刑囚の男に魅了されて面会を重ね、次第に2人は惹かれあうが‥‥というもの。
 
 キム・ギドク監督の映画は基本的に好きです。どれも全部、というわけではないですが、奇妙なバランスの上に成り立っている、その成り立ち方が独特で面白いので。この『ブレス』も、最初はわりと現実的な設定で始まるものの、だんだん現実にはあり得ないような世界へと突入。
 
 ヒロインの主婦が死刑囚と面会する際、最初は透明の板越しに話しかけるだけだったのが、次は面会室の壁一面に巨大な風景写真を貼り付けて大声で歌謡曲を歌うようになり(未見の方には何の事か分からないと思いますが本当にそうするのです)、さらには死刑囚と直接触れて抱き合ったりします。
 もちろん現実には、刑務所の面会室でこんなことはできないでしょう。だからこういう作劇を「リアリティが無い」と批判する方も居るかもしれませんが、私は一種のファンタジー映画だと解釈しているので、むしろ面白く感じるのです。
 
 そしてこのファンタジーは、甘美なものではありません。かなり痛々しく危ういです。思うにヒロインの行動の異様さもさることながら、演じる女優さんの外見の「平凡さ」が、そういう印象をさらに濃くしているのではないかと。
 
 例えばF・トリュフォー監督の『アデルの恋の物語』で、若き日のイザベル・アジャー二が狂気に陥る女性を迫真の演技で表現しているのですが、今ひとつ痛々しい感じがしません。理由は多分、彼女が美しすぎるからでしょう。スクリーンに映る美女の狂気というのは、少しばかり甘美で、瞬間的にはウットリと見惚れてしまうほどなのです。
 また、J・カサヴェテス監督の『こわれゆく女』でのジーナ・ローランズ。彼女の場合、邦題どおりの「こわれゆく女」を見事に演じていて、しかも美人顔ではないのですが、やはり今ひとつ痛々しさや危うさが足りないような気がします。これは彼女の貫録や力強さによるものでしょう。もともとの顔立ちや体つきなどが非常にガッチリしていて逞しいので、どうしても安定感があるのです。
 
 この2人に比べると、『ブレス』の主演女優チアの容姿はきわめて平凡。特に美しいわけでもなく貫禄があるわけでもなく、本当にその辺の主婦のよう。だから彼女が「常軌を逸した行動に出る主婦」を演じると、甘美さも安定感も無く、ひたすら正視しづらい痛さと危うさが漂います。

 しかも痛さと危うさを濃くしている要素はもう一つあって、それはチアの歌声。彼女の歌唱シーンが多いうえに長いのですが、その歌が絶妙にヘタなのです。おそらく演技でわざとヘタに歌っている‥‥というか、監督がそうさせたのでしょう。このヘタさ、実に滑稽で哀切。効いてます。

≪オマケ情報≫シネマート六本木では今週の金曜まで、ギドク監督の『悪い男』(2001)も上映されているようです。こちらも、私の判断では一種のファンタジー映画。とても好きな作品なのでおススメします。ただ、見方によってはとんでもなく非道な映画でもあるので、そういうのが苦手な方はご覧にならないほうがいいですよ(←これを読んで却って観たくなった、という方におススメ)。

小沢昭一特集

以前、『競輪上人行状記』について「上映機会の少ない作品」と書きましたが、近いうちにポレポレ東中野で上映されますよ~! 今月の31日(土)から行われる「小沢昭一 僕の映画史」という特集にて。詳しくは、ポレポレの公式サイトをどうぞ→http://www.mmjp.or.jp/pole2/

参考までに、このブログ内での『競輪上人~』関連記事一覧
●作品評→http://kobiri.blog108.fc2.com/blog-entry-36.html
●小沢氏の持ち歌にチラッと触れた記事→http://kobiri.blog108.fc2.com/blog-entry-37.html
●『盗まれた欲情』と一緒に観て感じたこと→http://kobiri.blog108.fc2.com/blog-entry-38.html
●観たいと思った理由をチラッと述べた記事→http://kobiri.blog108.fc2.com/blog-entry-45.html

うわ、しつこく何回も書いてますね。それなりに思い入れはあります。

『LOVE』

(成人館での公開タイトルは『イケイケ電車 ハメて、イカせて、やめないで!』)
1997年 日本 監督・脚本:田尻裕司 脚本:羅門ナカ、女池充 出演:朝倉麻里、池田一視、川屋せっちん、伊藤清美

 アップする順番がグチャグチャになってきました。これ、4月にポレポレ東中野の「人のデビュー作を笑うな」特集で、『PEEP SHOW』と2本立てで鑑賞した作品。実は随分前にある程度までは書いていたのですが、今ひとつアップする気になれず、そのままになっていました。

 人を死なせてしまい逃亡を続けるカップルとさまざまな問題を抱えた夫婦、そんな男女4人の運命が田舎町で交錯し‥‥という内容の、田尻裕司監督のデビュー作。以前観た彼の比較的近年の作品とはどうも雰囲気が違っていて、何だか瀬々敬久や井土紀州の世界をベースにして、今岡信治(近年は「いまおかしんじ」表記)の風味を混ぜたような印象を受けました。
 
 ただ、この映画の脚本家のうちの1人「羅門ナカ」は今岡監督の別名らしいので、彼の監督作をイメージするのは当然といえば当然なのでしょう。私がこの映画の中で「何となく今岡監督っぽいなあ」と思ったのは、終盤で夫婦の夫の方がやや突飛な行動を取るシーン。
 彼は田んぼのド真ん中で布団を抱えて妻の前に現れるのですが、この奇妙な突飛さが今岡氏の監督作を想起させました。しかし、こういう推測というのは当たらない場合が多いので、実際にはこのシーンは全く別の方のアイデアかもしれませんね、ははは‥‥。
 
 まあそれはいいとして、上記のシーン以外は全体的に、瀬々氏や井土氏の監督・脚本作品を連想しました。例えば、序盤でいきなり人が死んで、その「死」の影が全編を覆っていること。カップルの男の方が、「新宿のコインロッカーに捨てられていた孤児」という設定であること。そしてクライマックスの、皆が山奥の湖で浄化(昇華?)されるシーン。
 つまり、「死」がいつも傍にあるような感覚、また現実に起きた事件の要素を入れつつ観念的な描写でグイグイ押していくあたり、瀬々氏や井土氏的だなあーと思ったわけです。
 
 田尻・今岡・女池の3氏は皆若い頃に、瀬々氏や井土氏が関わった作品の助監督を務めるなどしていたので、知らず知らずのうちに影響を受けたのでしょうか。あり得ることです。そしてその影響(あるいは呪縛?)から少しずつ脱して、しだいに各自の持ち味を充分に発揮できるようになったのでしょう。おそらく。

 ‥‥というようなことを観た時に感じ、わりとすぐに書いてはみたのですが、今までアップしてなかったわけです。なぜかというとこの文章、あまり説得力が無いし、内容も無いから。だいたい、誰それの影響がどうとかエラソーに書いていますが、私は決して映画をたくさん観ているわけではないので、そういう人間が監督同士の影響関係など語ってもしょうがないのです、基本的には。
 あともうひとつ、私自身、そういう影響関係について考えたり書いたりするのは、あまり好きではありません。それよりも、個々の作品の構造などについて(稚拙ながらも)分析するのが好きだし、面白いと思っています。
 
 そんなわけで、自分としてもやや不本意だし、文中に名前を出した各氏に対しても少々失礼な気もするのですが、それでもやはり正直な印象として、記録しておきたいと思います。ひとことで言うと、この映画を観て、瀬々氏の呪縛力を感じました(井土氏は瀬々氏の弟子にあたる人なので、やはり大親分は瀬々氏であろう、と)。

 何だか瀬々氏のことを「怖い呪術師」みたいに書いていますが、まあそんな気がしないでもないです。以前記事に書いた15年ほど前の四天王特集で、トークのときに自分のことを「ワシはあ~」と語っていた彼の姿は、なかなか強烈でした。
 あ、そういえば5年くらい前、彼と今岡氏の師弟対談みたいなトークも観ました。たしか今岡氏が胸に「天才」という字がプリントされたTシャツを着ていて、そのわりには控えめな態度だったことを憶えています。もしかしたら、そのあたりから今回のような発想が出てきてしまったのかもしれません。
 
 ちなみに、瀬々氏が監督・脚本で今岡氏が助監督を務めた『本番レズ 恥ずかしい体位』という映画が、私はとても好きです。「最後にヨイショしておこう」と思って書いているわけではありません。本当に好きなのです。とても切なくて儚げで、重い夢のような映画。いつかこの映画についても書くつもりです。

 それにしても、田尻氏の監督作品なのに殆ど他の人のことばかり書いている‥‥う~‥‥すいません。

OPレポートの続き

 前回の記事では上映作品に関する部分を省略していたので、今回はその辺りをメインに。まずOP映画の公式サイトには上映のタイムテーブルが掲載されていなかったので、同行の友人(男性)が事前に、上野オークラに電話で問い合わせると、スタッフの方が詳しく教えてくださいました。
 またその際、女性を連れて行っても問題ないかと尋ねたところ、普段もイベント時も女性客は少し居るが特にトラブルは無い、というようなお返事。正直言って、「普段も」はちょっと怪しいと思いましたが、それ以外の部分は信用して行くことにしました。

 さて当日、13時50分からの『不純な制服 悶えた太もも』を観ようと、その少し前に劇場へ。するとロビーにお客さんが何人もいるので、てっきり休憩時間だと思い中に入ろうとすると、まだ前の作品を上映している様子。念のため近くに置いてあった今回のイベントのチラシで確認すると、やはり「13:50」と書いてあります。
 「まあそのうち休憩になるんだろう」としばらくロビーで待っていたのですが、13時48分になってもまだ上映しているので、おかしいと思い改めて中を覗いてみると、スクリーンには制服姿の女の子が。「ゲッ、もう始まってるんじゃないの?」。囁き合いながら急いで入ると、続いてスクリーンには『不純な制服~』の文字。嗚呼、アヴァンタイトルを全部見逃してしまいました。
 
 推測ですが、この時おそらく休憩時間を飛ばして連続上映していたのでしょう。あるいはもともと休憩時間なんて殆ど無いとか? いずれにせよ、事前に公表されるタイムテーブルはあくまでも「だいたいの目安」であって、その通りに上映するとは限らないようです。私は今まで幾つかの成人映画館に行ったことがあり、その際どこもタイムテーブル通りの上映だったので、この劇場も同じだと思っていたのが甘かったですねえ。
 まあ考えてみると、私が過去に行ったのは、亀有名画座と鵜の木安楽座とシネマ有楽町(3つとも今は無い)で、いわゆるバリバリの成人館ではないというか、雰囲気的に名画座やミニシアターに近いところばかり。つまり、そういうところと正統派の成人館ではシステムが違うのでしょう。

 で、まあ、席に着こうと全体を見渡したのですが‥‥前回書いたように、私以外の観客は全員男性。そして空席は少々あるものの、私が座れるところは皆無。というのも、成人館で痴漢に遭った人の体験談を何度か聞いたことがあるので(私自身にはそういう体験は無い)、念のため「私がいちばん端でその隣が友人」という座り方を計画していたのに、端が2席以上空いているところが全然ないのです。
 
 ちなみにこの劇場には2階席もあり、そっちだったら端の方でも空いていたかもしれないのですが、最初から2階で観る気はありませんでした。噂によるとここの2階は、女装子さんとそのお相手のハッテンバらしいので。まあそれは夜間だけで昼間は違うのかもしれませんが、やはり何となく近づきがたいですし。
 結局、1階の側面の壁に、後方から死角になって見えない部分があったので、そこにへばり付くように立ち、友人もすぐ傍に立ってくれました。
 
 そんなこんなでやっと映画鑑賞の態勢に入ったものの‥‥その後も全く映画に集中できませんでした。なぜかというと、まず上映中にウロウロ歩き回る人が多い。しかもその人たちがロビーと場内を行ったり来たりするので、頻繁に扉が開いて光が入ってくる。
 そして、これがいちばん困ったのですが、その歩き回る人たちが近くを通る時に、必ず私をジ~っと見るのです。なかには、しばらく立ち止まってジ~~~っと凝視する人もいました。
 
 私はわりと短髪だし、その日は地味なシャツやジーンズなど男性の中に混じっても目立たない格好をしていたつもりなのですが、場内があまり暗くないせいもあり、少し見ただけで女だと分かってしまったようです。皆さんとしては、「何で女がこんなとこに居るんだ??」という気持ちだったのでしょう。それにしても、あんなにジロジロ見なくても‥‥(ただ、妙なことを言ったり触ったりするような人は1人も居なかったです。)

 というわけで、竹洞哲也監督の『不純な制服 悶えた太もも(いつまでも どこまでも)』、今回はどうしても集中して観ることが出来なかったので、大雑把な感想しか書けません。以下、メモ書き程度に。
●女子高生、チンピラ、兄貴分のヤクザ、彼の出所を待つ女、日本海。死の匂い。なんとなく70年代頃の青春映画っぽい。
●要所要所で、かなり引きの画が使われていたような。
●主役の女子高生を演じたAyaは脚が細くてスタイルが良く、立ち姿もカッコいい。トークショーでの「ダンスの仕事もやっている」という発言を聞き、納得。今後はスパイとか殺し屋とか、アクション・シーンの多い大人の女の役も演じてほしいなあ(すでに演じているのならスミマセン)。
●脚本の「当方ボーカル」は小松公典の別名で、なるほど小松名義のときとは作風が異なる感じ。「小松=明るく乾いたタッチ、当方=感傷的かつ破滅的なタッチ」ということかな? 書き分けているというよりも、彼の中にもともと両方の要素があるのではないかと勝手に推測。

 結局トークショーのときも立ち見だったし、いろんな意味で疲れましたが、今思えばなかなか貴重な体験でした。普段は一般館やDVDでピンクを観ていて、もちろんそういう機会を与えてくださっている関係者の方々には感謝しています。ただそのこととは別に、ピンク映画とはまずピンク専門館で上映するための作品であり、作り手が付けた少々文学的あるいは詩的なタイトルとは別の、会社側が付けたいかにもエロエロなタイトルを背負って世の中に出てくるわけで。
 そういう強固な枠組みの中、しかも低予算、それなのにお金と手間のかかる35mmフィルムでの撮影を未だに続け、普遍的な面白さを持った作品をも生み出している、そんなピンク映画業界の深さと不思議さを改めて感じることができました。

「OP映画祭り」レポート

 5日に行ってきました、「OP映画祭り2008」。男性の友人に付き添ってもらい、「特集&イベントの日だから女性客も少しくらいは居るだろう」などと思いつつ、入場。しかし‥‥女は私ひとり、 でした。かなり賑わっている場内で、私ひとり。完全に紅一点状態。いや、紅一点なんてステキなもんではなく、単なる「場違いな人」だったような気が。
 
 なにしろお客のほとんどは、中高年のオッチャン。なんというか、ポロシャツやナイロンジャンパーを絶妙に着こなしている感じの。まあ私自身も決して若くはないのですが、その私よりも上の世代であろうオッチャンたちの群れがドドン! とそこに在ったわけです。完全に浮いていた私。
 そういえば入場の際、劇場スタッフの方から「こちらの劇場でよろしいんですか?」と訊かれました。余談ですが、この手の質問をされたのは『人造人間ハカイダー』(1995・雨宮慶太監督)を封切で観たとき以来です(この映画なかなか面白いですよ、かつての美少年歌手・本田恭章が敵役で出ているし)。

 話がそれました。レポートの続きを。入場して、まずは竹洞哲也監督の新作『不純な制服 悶えた太もも(いつまでも どこまでも)』を鑑賞。しかし諸事情により、冒頭を見逃したうえ最後まで作品に集中できず、不完全鑑賞となってしまいました。この「諸事情」も含め、作品については次の記事に書くつもりです。
 
 上映が終わって、次は舞台挨拶。さらに観客が増え、ほぼ満席です。新たに入ってきたお客さんを観察していると、1人だけ女性の姿が。しかしかなりご年配の方で、そのうえどうも関係者っぽい。相変わらず孤独をかみしめる私。でもそんな孤独感を忘れるほど、面白いトークショーが展開されました。 
 そう、公式サイトなどには「舞台挨拶」と書いてあったものの、実質的には「トークショー」だったんです。なにしろ1時間近くあったし。で、何故そんなに長くなったかというと‥‥小川欽也監督があまりにも饒舌だったから。これに尽きます。

 今回の登壇者は小川監督&山口真里さん、渡邊元嗣監督&夏井亜美さん、竹洞監督&Ayaさんという3組の監督&女優コンビ。女優さんたちは全員、華やかなミニドレス姿。さすがです。 
 それぞれの監督の年齢などを簡単に説明しますと、小川氏は73歳(とご本人が仰っていました)、若い頃から監督業を続けている超ベテラン。ピンクだけでなく怪談ものなど、とにかく大量に撮っておられます。渡邊氏は1957年生まれ、彼も若い頃から監督をやっているベテラン。竹洞氏は1974年生まれ、小川氏の助監督などを経て2004年にデビューした若手。このブログで最近よく名前が出てくる監督です。
 
 で、小川監督の饒舌ぶりについて。いや~もう凄かったです、話しだすと止まらないし、内容もゴージャス。まあいわゆる「ご老人の思い出話」なんですけどね、近江俊郎やエノケンなど遥か昔の大御所から谷ナオミや宮下順子などかつて成人映画で活躍した女優まで、伝説的な方々と直に接したうえでのエピソードばかりなので、お話自体が「日本の映画史・芸能史」といった感じなのですよ。
 帰りに友人と「誰かがロング・インタビューして本にするべきだよね~」と喋っていたのですが、近年精力的にピンクに関わっている柳下毅一郎氏がそのようなことを書いてらっしゃるので、いつか実現するかもしれません。

 さて、次は渡邊元嗣監督について。実は私、渡邊監督のことを「きっと見るからにオタクっぽい人なんだろう」と長年、勝手に思っていました。むかし彼の作品を観たとき、女優さん(例えば亡くなった林由美香さん)に「テへッ♡」とか「ウフッ♡」みたいな芝居をさせて極端にアイドル的な撮り方をしていたし、実際かなりのアイドルオタクだという噂なども聞いたので、モッサリした男性を想像していたのです。
 ところが今回初めてお姿を拝見し、スラリとした長身の、実に爽やかな男性であることを知りました。
 
 や~、ほんとに好人物でした。明るくて快活で、常に周囲に配慮しているような。喋りつづける小川監督&黙りつづける竹洞監督の脇で適切な発言を繰り出し、バランスを取る調整係をなさっていましたよ。ちなみに彼の現場では、NGを出した女優さんに監督がチューをする「チューの刑」というのがあるとかで、「藍山みなみにはもう何度もチューしましたよ! アハハ!」だそうです。こういう発言をしてもヤラしく見えない中年男性は珍しいでしょう。

 そして最後に竹洞監督。さきほど「黙りつづける」と書きましたが、本当に無口な方です。そのうえ殆ど動かない。ずーっと同じ姿勢のままでした。喋らないうえに動かない、まるで石像のような青年。これから竹洞氏を「石像くん」と呼ぶことにします。心の中で。
 などと思いながらトーク終了後にロビーへ出ると、そこに竹洞氏が立っているではないですか。友人に「挨拶しなよ、しなよ、しなよ!」とアオられた私は、最近観はじめたばかりなのに、「いつも観てますよ~」などとデビュー当時からのファンみたいなことを、なぜか言ってしまいました。すいません。予想通り竹洞氏の言葉数は少なかったです。
 
 そんなこんなで上野オークラを後にしました。残り2本の映画も観たかったのですが、諸事情により叶わず。最後に細かい情報を付け足しておきますと、まず劇場スタッフの方々は皆さんハッピ着用! トークショーの中では、女優さんのサイン入りセクシーランジェリーが当たる「プレゼント争奪戦じゃんけん大会」を開催! ロビーには、上映作品の台本などが当たるキーワードクイズの応募コーナーが! とにかくいろんな意味で、独特なお祭り気分を満喫させてもらいました。 
                                             <続きはこちら
プロフィール

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク