『人狼 JIN-ROH』

1999年 日本 監督:沖浦啓之 脚本:押井守 声の出演:藤木義勝、武藤寿美、木下浩之、坂口芳貞

 封切時に劇場で観た『人狼』を久しぶりにまた観たくなり、数日前にDVDをレンタルして鑑賞。なぜ観たくなったのかというと、ひとつには最近『攻殻機動隊2.0』(監督:押井守)が私の周囲で話題になっていて、押井氏について色々話しているうちに、彼が脚本を担当したこの映画の存在を思い出したから。
 もうひとつは、前の記事に書いた『四畳半革命 白夜に死す』の影響。『四畳半~』について書いたり考えたりしているうちに、「昭和」「反体制運動」「恋愛」などのキーワードでこれまた『人狼』を思い出し、「もう一度観て『四畳半~』と比較してみたい!」という欲求に駆られたのです。

 『人狼』は、「あり得たかもしれない、やや架空の昭和30年代」が舞台。そこでは過激な反体制運動に身を投じた若者たちと、彼らを鎮圧するための「首都警」なる治安部隊が、市街戦を繰り返していました。そんななか、ある事件をきっかけに、首都警の隊員である青年・一貴と、圭という少女が出会い、恋に落ちます。
 しかし実は、圭は反体制組織の元メンバーであり、彼らの出会いは仕組まれたものでした。体制内部の別の組織が首都警を潰すために企てた、策略の一環だったのです。陰謀・罠・裏切りが跋扈する内部抗争の渦中で、一貴と圭は‥‥。
 
 上記のストーリーでお分かりの通り、『人狼』には大きく分けて2つの要素があります。若い男女の恋愛と、男が属する体制内部での政治的抗争。前者は感傷的に、後者は硬く乾いた感じで描かれています。一見、両者は水と油。
 しかし実際には、作品の中でうまく融合しており、互いに引き立て合っています。「こんな非情な世界だからこそ彼らは強く惹かれあう」という風に、観ていて感じられるのです。つまりは、1本の映画として見事にまとまっているわけで。これは何故なのでしょうか。色々ありそうですが、今回問題にしたいのは、「全体を貫くイメージ」というもの。

 前の記事に書いたように、私は『四畳半革命 白夜に死す』を観た時、「この作品は複数の映画に分けた方がいいのでは?」などと考えてしまいました。作中の要素が多すぎるうえに、それぞれの要素がじっくり描かれていない(と思った)から。要するに、散漫な感じを受けたのです。
 そして『人狼』を改めて観直してみて、『四畳半~』を散漫に感じたさらなる理由が分かりました。その理由というのが、「全体を貫くイメージ」の不在。
 
 もちろん『四畳半~』では、タイトルにもあるように「白夜」が重要なイメージになっています。しかし、全体を貫いてはいないというか。細かくは憶えていないものの、白夜という言葉やイメージは、作品の終盤近くで唐突に出てきたような印象があります。
 
 対して『人狼』では、「赤頭巾」の童話のイメージが全体を貫いています。ご存じのとおり、ひとつの童話にも地域や時代によって様々なバージョンがあり、ここでいう「赤頭巾」はかなり残酷なバージョン。
 その物語の断片が、ある時は登場人物の服装として(フード付きの赤いコートやストール)、ある時は登場人物の声による語りとして、序盤から終盤までさまざまな形で何度も登場します。特にラストシーンで、ヒロインがこの童話の一節を叫ぶ描写は圧巻。グッときます。観ていて思わず涙してしまいました。
 
 これは積み重ねというか、ある意味伏線の効果なのではないでしょうか。作品の序盤から織り込まれていた「赤頭巾」のイメージがラストで決定的な意味を持ってしまう、その衝撃。ここで作品全体がビシッと締まり、ひとつの色に染まるのです。そうそう、タイトル『人狼』とも連動していますよ。赤頭巾といえば狼、ですから。

『四畳半革命 白夜に死す』

2008年 日本 監督:世志男 脚本:小松公典 出演:三元雅芸、結木彩加、山田慶子、藤内正光、里見瑶子、春田純一
※都内での上映は一旦終了しましたが、今後各地での上映など色々な展開があるようです。
公式サイト→http://yojyohan.com/index.html

 2週間ほど前に、池ノ上のシネマボカンにて鑑賞。最近このブログでよく言及している小松公典氏が、原案・脚本を担当した映画。主に舞台の演出や俳優業で活躍していた世志男氏が映画監督として小松氏と組み、自分たちの作りたいものを作るべく自主映画的に撮った作品、のようです(詳しい資料が無いので曖昧な記述になっています、ご了承ください)。
 
 今まで私が観た小松氏の作品は全てピンク映画、つまり会社側からさまざまな指示・指定を受けたうえで作られたもの。だから今回、そういう制約が無い環境で彼がどんなものを書いたのか、興味をひかれて観に行きました。
 また、作品の題材が「70年代初頭の学生運動」であることも、鑑賞動機のひとつだったかもしれません。というのも私自身、諸事情により70年頃の学生運動について詳しく調べた経験があり、この題材には多少の馴染みがあるからです。
 
 しかし実際に作品を観てみると、鑑賞前に考えていたこととは、やや別の問題が気になり始めました。上映後の会場で小松氏とお話しする機会に恵まれ、ご本人にはチラッと申し上げたのですが、それを改めて具体的に考察し、ここに記しておきます。

 観てまず感じたのは、70分という短い上映時間に色々な要素を盛り込みすぎているのではないか、ということ。私なりに捉えたこの映画の主な要素は、以下の4つです。

1‥‥主人公・直也(三元雅芸)の暴力性。彼は学生運動のリーダー・陽介(藤内正光)のもと、ひたすら暴力で反対勢力を潰していくが、実は彼には、周囲の人々に暴力をふるわれながら育ったという過去があった。本当は誰よりも暴力に対する恐怖心が強い。

2‥‥陽介のもとで活動し、彼と肉体関係を持つようになる香(山田慶子)の暴力性。彼女は最初、暴力に対して非常に批判的だったが、しだいに自身が暴力的になり、それがどんどんエスカレートしていく。

3‥‥直也の、社会に対する認識の変化。ある意味世間知らずで、確たる思想も信念も無いまま暴力だけに身を任せていた彼が、足の不自由な娼婦・アッコ(結木彩加)と出会い、今まで知らなかった世界を知る。孤児で学校に行ったこともなく、バーの2階にある四畳半の部屋で、ずっと体を売って暮らしているアッコ。直也は彼女の親代わりであるバーのママ(里見瑶子)を責めるが、「私は実の親から同じことをさせられていた、でも親を恨んではいない」と言われ、絶句する。そのようにしか生きられない人たちが居るという現実に、初めてぶち当たる直也。

4‥‥直也とアッコの恋。2人は互いに惹かれあい、四畳半の部屋で肌を重ねるようになるが、アッコには忘れられない男がいた。かつて彼女の客だった水夫(春田純一)。傍から見れば、彼に騙され貢がされたあげく捨てられたはずなのに、アッコは彼を信じ、待ち続けていた。

 上記の要素はどれも、じっくり描く価値があり深く掘り下げることが可能だと、私は思います。だからこそ、これら全てが70分間で駆け足気味に描かれているのが、惜しい。もったいない。
 また、要素というかテーマが多すぎて、やや軸が定まっていない印象も受けます。そこで、私の勝手な提案(妄想?)。
 
 例えば、だけで「人間の暴力性」をテーマにした長編映画が1本作れるのではないでしょうか。その場合、題材は必ずしも学生運動でなくてもいいような気がします。また、だけで「闘士と娼婦の恋」を描いた映画ができそうです。この場合は「主人公が学生運動をやっている」という設定が重要になってくるでしょう。

 あるいはだけで、60分くらいの映画が作れるかもしれません。に関しては、さらに掘り下げてほしい点を具体的に指摘させていただきます。それは、直也の水夫に対する嫉妬心や、悶々とした気持ち。これらがあまり描かれていないのが、観ていてちょっと物足りなかったのです。
 
 例えば、アッコの大阪弁について。彼女が常に大阪弁で喋るのは水夫の影響だということを、直也は途中で知るわけですが、知ったとき直也の心には、きわめて複雑な思いが生じるはず。つまり、最初は彼女の喋り方をひたすら「可愛い」と感じていたのに、それが男の影響だと知ったとたん「可愛いけど(可愛いからこそ)辛い」に変化する、というような。
 また「男の影響」ということでいえば、性的な問題をもう少し描くのもアリなのではないかと。アッコは職業柄もちろん性的技巧に長けていて、彼女に出会うまで童貞だった直也をリードしてくれるわけですが、直也としては、そこにも男の影を感じてしまうのではないでしょうか。彼女が何かしてくれるたびに、いちいち「その男に仕込まれたのかも‥」と気にしてしまい、快感と寂寥感が同時に込み上げてくる、というような。
 
 『四畳半革命~』では、概して直也のこういう悶々ぶりがあまり描かれていないので、彼が妙に物分かりのいい青年に見えてしまい、いまひとつノレなかったのです。若くて熱いということは、それだけ悶々も多いはずで、そういう悶々を経て最後にある地点へ到達する、というのを私は観たいです。

 何だか今回は、ひと様の作品を分解していじくり回すような真似をしてしまいましたが、決して悪意によるものではございません! いろんな風に広がる(深まる)可能性を持った映画だと思うので、ついアレコレ書いてしまいました。失礼いたしました。

近況?

 しばらくの間いろいろあって、ブログに関する作業が出来ませんでした。今日からはボチボチやります。まずは『四畳半革命 白夜に死す』の記事をアップする予定。

追記‥‥上の2行だけでは芸がないので、思いついたことをチョロッと書いておきます。
 ここ数日、なぜか「屁のツッパリにもならない」という言葉がやたらと頭に浮かんできます。ご存じのとおり「何の役にも立たない」というような意味ですが、そもそもここで言う「ツッパリ」とは具体的にどういうものなんでしょうか? 押し入れなどに装着する「突っ張り棒」とは関係なさそうだし、「♪お前が望むならツッパリもやめていいぜ」の「ツッパリ」とは明らかに違いますよ、そりゃもう。ネットなどで少し調べてみたんですが、ハッキリしたことは分かりませんでした。
 ところで、先述の歌の作詞は松本隆、作曲は山下達郎です。私は「山下達郎」という字を見ると、山本達彦を思い出します。昔、この2人をうっかり間違えたことがあるからです。中学生の時でした。達彦ファンの友人がムッとしていました。翌日、友人は達彦氏のLPを録音したカセットテープを私にくれました。それに入っていた、映画『凶弾』の主題歌と挿入歌(『LAST GOOD-BYE』『パシフィック・ブルー』)は、よく憶えてます。映画自体は観てないのに。今歌ってみたら、両方ともワンコーラスはきちんと歌えました。けっこう好きだったのかなあ。

『イースタン・プロミス』

2007年 イギリス、カナダ 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 脚本:スティーヴ・ナイト 出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、シニード・キューザック、イエジー・スコリモフスキー
上映中  公式サイト→http://www.easternpromise.jp/

 10日ほど前に、日比谷のシャンテ シネにて鑑賞。『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(2005)と同じく、クローネンバーグとヴィゴ・モーテンセンのコンビ作。タイトルになっている「イースタン・プロミス」は既存の言葉で、「イギリスにおける東欧組織による人身売買契約」という意味だそうです。
 かつてのような、見るからに異様な作風ではなくなったものの、クローネンバーグの不吉さは健在。「不吉」が「健在」とはおかしな表現かもしれませんが、彼に対してはそう書きたくなります。

 ロンドンの病院で、身元不明のロシア人少女が出産直後に死亡。手術に立ち会った助産師のアンナ(ナオミ・ワッツ)は少女の身元を割り出そうとするうちに、背後にあるロシアン・マフィアの世界に足を踏み入れてしまいます。
 組織のボスである非道なセミオン(アーミン・ミューラー=スタール)、彼の粗暴な息子キリル(ヴァンサン・カッセル)、そしてキリルのもとで働くクールなニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)。彼らと出会ってしまったアンナは、危険な状況の中、なぜか自分を助けてくれるニコライの存在が気になり始めます。そして。

※以下の文章では、『イースタン・プロミス』と『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のラストに触れています。ネタばれOKの方だけお読みください。

 映画の終盤近くになってくると、実はニコライは○○だった‥‥と明かされます。そしてラストは、表面的には一件落着のようにも見えます。「完全に一件落着だ」と解釈する人も居るかもしれません。人それぞれだと思います。ただ私としては、実に不吉な余韻を感じました。
 
 ニコライは終盤で本来の立場に相応しい行動も取りますが、では彼が元の世界に戻るのかというと、そうではないような気がするのです。今後さらに闇社会にどっぷり浸かって、深みにはまっていきそうな予感がします。
 急いで付け加えておくと、その予感の確実な根拠となる描写はありません。しかし逆に、その予感を確実に打ち消すような描写も無いのです。それに、ニコライはあまりにもマフィアの世界に馴染みすぎているし、本来の立場から逸脱した行動にも出ていますから。

 さらに私が気になるのは、ラストあたりの画面の空気。とても暗く澱んでいます。また何か起こりそうな不吉さが漂っている、というか。
 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』を観た時も、ラストで同様の雰囲気を感じました。主人公は家族のところへ帰ってきたけれど、また闇社会へ行ってしまうのではないかという不吉な予感。勝手な推測ですが、クローネンバーグは根本的にそういう人生観・人間観を持っていて、それが映像に滲み出ているのではないかと。
 
 またこの不吉さには、両作の主演俳優であるヴィゴ・モーテンセンの持ち味も影響しているでしょう。彼はなんというかヌメッとしていて、爽やかさや明るさとは縁遠い風貌。それと、かなり撫で肩で、体がさほど大きくない。だから一見怖そうでありながら、同時に淡さや儚さも感じさせます。
 顔立ちもある意味、儚い。目がわりと小さいし、奥に引っ込んでいるし。今回、目鼻が大きくて派手な顔立ちのヴァンサン・カッセルと一緒に映っているシーンが多いので、なおさら淡く儚い顔に見えます。この人は実に、何処かへフッと消えてしまいそうな雰囲気。私の個人的な印象なのかもしれませんが。

 ところでこの映画、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』に続き、暴力描写がズシンと来ます。殴ったり、蹴ったり、刃物で切りつけたりする描写が秀逸。痛そう。
 これは視覚的な表現が巧いだけでなく、音がイイということもあると思います。体と体が強くぶつかる音、骨が折れる音、筋肉や血管が裂ける音。これらの音を、かなり凝って作っているような気がします。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク