『肝、焼ける』

2005年(2009年に文庫化)  著者:朝倉かすみ
発行元の公式サイト→http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2763524

 「映画記」なのになぜか時々現れる本の話題シリーズ、です。さて私、数年前から朝倉かすみという作家が少々気になっております。作品によって、すっと受け入れられるものと、やや受け入れがたいものがあるので、特別に好きというわけではないのですが、ちょっと惹かれるというか。

 まず、言葉の使い方(言い回し)が面白い。例えば。彼女がネットで連載しているエッセイの『家電』というタイトルの回に、こんな一文があります。
 【シャワートイレなら、便座がほかほかしていて、肛門をゆすいでくれたら御の字だ】。これ、「肛門をゆすいで」ってとこが重要。肛門をゆすぐ‥‥何とも絶妙かつ笑える表現。個人的に、たいへん気に入っております。
 
 そして、この短編集『肝、焼ける』に収められた『コマドリさんのこと』の一節。ちなみにこの小説は、セックスの経験も無ければ男性との交際経験も無いまま40歳になろうとしている、駒鳥という名字の女性の半生をコミカルに描いたもの。で、そのコマドリさんが31歳の時、ミサワくんという職場の後輩男性に恋をし、彼に【セクシーを感じ】ていた頃の心情描写の一部が、これ。
 【コマドリさんはミサワくんとの性交を切実に希望した。コマドリさんは性交の実際を知らない。けれども、ミサワくんに挿入されたく思った。それは悲願といってもよかった。】
 「性交を切実に希望」。「挿入されたく思った」。「悲願といってもよかった」。ウッ‥‥笑ってしまう‥‥でも。過剰に生真面目に、過剰に折り目正しく生きてきた三十路女の、いじらしさ、のようなものも強烈に感じられます。やはり絶妙。

 ところで、この本の他の短編も、『コマドリさんのこと』のように「トウの立った処女」的な人物が主人公なのかというと、全くそうではありません。例えば表題作『肝、焼ける』の主人公は、24歳の男性と遠距離恋愛している31歳の女性。つまり彼女、コマドリさんがミサワくんとの「性交を切実に希望」していたのとちょうど同じ年齢で、年下の彼氏がいるわけです。さらに『春季カタル』という作品の主人公は、婚約者がいながら名も知らぬ男性と関係を持つ30代はじめの女性。つまり彼女、コマドリさんがミサワくんとの(以下略)。
 まあそんな感じで、実にさまざまなタイプのヒロインが登場。しかもそれだけでなく、1つの作品の中にも、さまざまなタイプの女性キャラが登場するのです。そして彼女たちが互いに反発しあったり、意外なところで共感しあったりする様子が、時にコミカルに、時に繊細に描かれています。
 
 例えば『コマドリさんのこと』での(こればっかりですいません、でもこの作品ホントに面白いと思うので)、コマドリさんと妹とのやり取り。妹は姉とは対照的な性格で色恋沙汰も多く、といっても姉妹の仲が悪いわけではないのですが、やはり衝突することもあり、そのあたりの描写がなかなか味わい深いのです。
 特に、不倫相手と結婚したがる妹に対し、コマドリさんがガチガチの正論で説教して口論となり、妹がコマドリさんを「乙女と年増が一番どんくさい配合でミックスされてる」と評するくだりとか、最高。ここでは、「正しさ」に唯一絶対の価値を置く姉とそうでない妹、それぞれのモノの考え方・感じ方が生き生きと伝わってきます。
 またこの小説には、コマドリさんの女友達や知人女性が何人も登場。彼女たちがまた、細かく面白く描き分けられているのですよ。

 私は以前、映画を作る側の方々に向けて、“「女を描く」よりも「女を描き分ける」ことを重視してほしい”というような文章を書きましたが、あの文章に何がしかの興味を持ってくださった方には、この本(特に『コマドリさんのこと』)をオススメしたいです。

『グラン・トリノ』

2008年 アメリカ 監督・出演:クリント・イーストウッド 脚本:ニック・シェンク 出演:ビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー
全国各地で上映中  公式サイト→http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/#/top

 10日ほど前に某シネコンにて鑑賞。この映画に関しては、既にたくさんの方たちが批評や感想を書いてらっしゃるようなので、今さら私が書く必要は無いのでは‥と思っていたのですが、例の湿疹も病院を変えてから少しずつ落ち着いてきたことだし、気を取り直して、ちょっとだけ書いておきます。
 とにかくこの映画、広く色んな方々に観てほしいです。描かれている内容が、今の時代にとても重要なことだと思うので。そしてそういう重い内容を描きながら、作品自体はかなり軽やかで、クスッと笑える場面も多く、ラストにはオリジナルの主題歌が流れる「ザ・娯楽映画」として仕上がっている点も、観どころではないかと。

 さて上記の「ザ・娯楽映画」という言葉には、「分かりやすい(難解ではない)映画」という意味も込めました。実際、そういう映画なのです。といっても構成や演出は、平凡(ありきたり)ではありません。奇をてらったところは無いのに、どこか非凡な感触があるのです。  
 
 それには色々な要素が関係していると思いますが、私が特に気になったのは、「過去をひきずっている人物が主人公でありながら、回想シーンが全く無い」ということ。イーストウッド演じる主人公・コワルスキーは、朝鮮戦争での自分の行いに深い罪悪感を抱きつづけ、フォードの熟練工として活躍した日々を懐かしみ、亡くなった妻を恋しがり‥‥と、常に過去を思いながら生きている老人。普通こういう人物が主人公の場合、彼の過去を描いた回想シーンが登場しがちですが、全くそうなっていないのです。

 回想シーンというのは、えてして感傷的な雰囲気を作品にもたらすことが多く、もちろんそれが効果を上げる場合もあるのですが、作り手側は今回、あえて感傷を抑制したのかもしれません。結果として、作品自体もコワルスキーの人物像も、かなり理知的なものになっています。そして何よりも、この映画の肝であるコワルスキーの最後の行動は、感傷や感情を超えた理知の力としてスクリーンに映し出されています。

続・滲出液→アイドル

 前に書いた皮膚炎、ずーっと続いています。というか、よけいにヒドくなったような気が‥‥。病院にも通ったし自分でも色々試してみたものの、どれも効かん! 仕方がないので、ちょっと遠くの別の病院に行ってきます。
 
 ところで、最近この歌が脳内でよく流れています→http://www.youtube.com/watch?v=IL7YNP8ub3g(ライムスター宇多丸氏の解説付きなので長いです、でも彼の喋りも聴きごたえありますよ)。ちなみに私、キリンジはわりと好きなんですが、鈴木亜美にはあまり興味ナシ。それでも先日ラジオでこの歌を聴いて、脳に沁みました。
プロフィール

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク