友人でもなく恋人でもなく

 今月中旬に観た、内藤誠監督の『明日泣く』については、ちゃんと感想・批評を書きたかったのですが、相変わらず気忙しかったり、風邪をひいたりで、今年中には書けませんでした。
 来年に入ってからでも、もし細部を憶えていたら、書くかもしれません。

 『明日泣く』は現在、名古屋のシネマスコーレで上映中。その後も、全国各地で上映予定あり。
 
 友人でもなく恋人でもない、しかし確かにつながっている、そんな微妙な男女の関係を描いた映画です。こういう関係性は、映画で表現するのは難しいと思うのですが、うまく(そして、さりげなく)表現されています。
 

お久しぶりです。

 しばらく更新しないうちに、もう12月になってしまいました。はやい。さて、なぜ更新できなかったのかというと、相変わらず色々問題が発生したり、やや体調がおかしかったり、まあ、そんなところです。
 そう、体調は「悪い」のではなく「おかしい」のです。「変」と言ってもいい。本人(私)にとっては、けっこう辛い症状なのに、人に話すと笑われるという‥‥。
 まあね、笑われても仕方ないです。恥ずかしいから詳しくは書きませんが、なんというか、下品なギャグマンガに出てきそうな症状なのですよ。たは~。

 映画は‥‥少しは観ています。例えば、今や名画座の役割も果たすようになったキネカ大森で、旧作の2本立てを観たり。
 キネカ大森の上映ラインナップ(特に名画座枠)、なかなか多彩でいいです。現在はドニー・イェン特集だし、今後は『エッセンシャル・キリング』とか『その街のこども』とか、興味深い作品が次々に登場。キム・ギドクの『絶対の愛』が入っているのは、最近注目されている女優兼プロデューサー、杉野希妃さんが出演しているからかな。
 あと、名画座枠ではなく新作扱いのようですが、『幕末太陽傳【デジタル修復版】』も近いうちに上映されますね。

 ところで私、このところしばらくピンク映画を観ていません‥‥。竹洞組や加藤組の新作など、観たいものは色々あったんですが、そういう時に限ってバタバタしていたので。
 いかん、体内ピンク濃度が低下しつつある。なんとかしなければ。
プロフィール

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク