今年の補足

 今年、「本当は記事にしたかったけど、できなかった~」ということが色々ありまして。その中のいくつかについて、短くメモしておきます。

●実は秋に、特撮関連の展覧会に2つも行きました。『大伴昌司の大図解 展』と、『館長 庵野秀明 特撮博物館』。両方とも凄く面白かったです。
 私は特撮マニアではなく、「比較的、興味がある」という程度なのですが、そんな者でも充分楽しめるくらい、展示の内容・方法が充実していました。なお『特撮博物館』は、今後いろんな地方を巡回するそうです。

●で、その巡回展の第1弾が、なぜか愛媛。そういえば少し前に、映画『同じ星の下、それぞれの夜』(海外ロケ作品)の先行上映イベントが、なぜか愛媛で行われたとか。
 この種の催しにはあまり縁が無かった地域ですが、最近は変わりつつあるのでしょうか。ちょっと気になります。自分の故郷なので。


■話変わって、いつものピンク映画談議。夏に『淫蕩告白 兄嫁の濡れた午後』を観た時、脚本の小松公典さんのブログのコメント欄に、「続編が作れそうですね」的なことを書いたのですが、これについて少し説明を。

■この映画、ヒロイン(兄嫁)の義弟にあたる男が主人公なのですが、私としては、彼の兄(つまりヒロインの夫)をメインにした続編を観てみたいのです。

■今回の作品で、ヒロインのショッキングな「裏の顔」について、主人公は気づいていないけれど、兄は実は少し気づいていて、狂い始めているんじゃないかと。や、私の勝手な解釈かもしれませんが、兄役の岡田智宏さんの演技に、少し狂気のようなものが感じられたので。そしてその狂気が、妙に良かった。

■こうなったら続編で兄にもっと狂ってもらって(?)、岡田氏に狂乱演技を極めていただきたいなあ、と。まあ私の勝手な希望&妄想ですね。すいません。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク