『エレクション 死の報復』

                CCF20141027.png

2006年  香港  監督:ジョニー・トー  脚本:ヤウ・ナイホイ、イップ・ティンシン  出演:ルイス・クー、サイモン・ヤム、ニック・チョン、ラム・カートン、ラム・シュー ほか
※劇場未公開、DVDあり


黒社会組織の会長選挙を題材にした『エレクション』(2005)の、続編。
そしてこの『死の報復』も会長選挙の話なのですが、『エレクション』とはかなり違います。

簡単に言うと、『エレクション』が「香港黒社会」を描いているのに対し、『死の報復』は、「香港黒社会と中国警察の関係」を描いています。
もっと言えば、「香港と中国(政府)の関係」。

むかし三池崇史監督が、「やくざ映画というのは、現実の一般社会をやや極端な形で表現することができる」みたいな発言をしていて、「なるほどー」と思ったものですが。
『死の報復』は、まさにそういう映画。

当時(2006年頃)の香港社会に漂う不安を、黒社会に象徴させて表現している感じ。
だからこの映画を観ると、最近の香港での「雨傘革命」なども、実に自然な流れとして見えてきます。

ところで今回のイラストは、現会長のロク(を演じたサイモン・ヤム)。
ロクは、人前ではやたらニコニコしつつ、裏では邪魔者を次々に殺している冷酷な男。
そんな彼と、商売上手なジミー(ルイス・クー)が対立し、一方が勝者となるものの、その勝者はさらに大きな「力」に支配されていて‥‥。

具体的にどういうことなのか気になる方は、ぜひDVDを観てみてください。
特典映像のインタビューでは、ジョニー・トー監督らが制作意図などを語っていますよ。

あ、でも、ちょっとグロいシーンがあるので、グロが苦手な方にはオススメできません。

いまさらですが

ツイッターはじめました→https://twitter.com/saiboku_ya
プロフィール

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク