『GONIN サーガ』

               CCF20151017.png

2015年  監督・脚本:石井隆  出演:東出昌大、桐谷健太、土屋アンナ、柄本佑、安藤政信、根津甚八、鶴見辰吾、佐藤浩市、竹中直人 ほか
現在、全国各地で上映中(公式サイト→http://gonin-saga.jp/


約20年前の『GONIN』の続編。前作で殺された男たちの遺族が、復讐に燃える話。

序盤は、前作の内容や人間関係の説明が多く、どうもあまりピリッとしない。
が、本筋の復讐譚が始まってからは、異様な緊迫感・緊迫感・緊迫感‥‥ラストまで。
しかも、時々ウッと泣きそうになったり呆然としたり、(いい意味で)観ていて疲れました。

まあ、石井隆監督の映画はだいたい観ていて疲れるのですが、今回は序盤がちょっと緩かった分、その後の緊迫感をより強く感じたのか、いつも以上に疲れたというか。
自分の何かを吸い取られたような気がします(これは褒め言葉です)。

ところでツイッターに、「更なる続編にはアンソニー・ウォン演じる香港マフィアも登場させて」みたいなことを書いたわけですが、この発想はどこから来たのかというと、つまり、ジョニー・トーです。

観ていて、ちょっとジョニー・トーのノワール諸作を連想したのです。
(雑誌にそういうことを書いているライターさんもいたので、同じように考えている人はけっこういると思います。)

もちろんトー作品よりもこの映画のほうが女性が前面に出ているし、その他いろいろ違うところもあるのですが、それでも何か通じるものを感じるんですよね。
激しいガン・アクションに情(あるいは情念)が宿っているあたり、かなあ。
そのうち、どこかの名画座で「石井隆&ジョニー・トー特集」やってほしい‥‥。

最後になりましたが、今回のイラストは森澤慶一(柄本佑)。
『GONINサーガ』の登場人物の中で、いちばん怖い人(だと私は思う。)
いちばん静かで動きも叫びも少ないのに、ものすごい執念を抱えているし、妙に大胆。
そういう人なので、意図的に、やや怖い感じに描きました。
プロフィール

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク