『哭声/コクソン』

       祈祷師ジョンミンRR

2016年  韓国  監督・脚本:ナ・ホンジン  出演:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村 隼、チョン・ウヒ、キム・ファニ ほか
各地で上映中  公式サイト→http://kokuson.com/


少し前に観たので細部はやや記憶が薄れているものの、作品自体の印象はまだまだ鮮烈。
というのも、ちょっと変わった映画でして。
何より、構成が変わってると思います。

基本的には、田舎での連続殺人事件と、それを捜査する警官(クァク・ドウォン)の話で、その警官の日常・家族・心情といったものも詳しく描かれるので、彼が主人公ではあるのですが。
クライマックスのガーッと盛り上がるところでは、謎の日本人(國村 隼)と祈祷師(ファン・ジョンミン)がメインになって、警官は脇に追いやられてしまいます。
ちなみに、その日本人と祈祷師に関しては、背景や心情は描かれません。
まさに謎の2人。

つまり、いちおう警官の視点で話が進むものの、大事なところで謎の2人が大活躍(?)するという、不思議な構成。
結局この映画って、警官の視点で観ないほうがいいと思います。
特定の誰かの視点でなく、全体を俯瞰するような気持ちで、しかも、ある村の話でなく世の中とか世界を見渡すくらいのつもりで観たほうが、いろいろ感じるものがあるんじゃないかと。

ナ・ホンジン監督は前作の『哀しき獣』も面白かったのですが、今回は作風が変化していて、また別の面白さがありました。

役者さんではやはり、國村さんとファン・ジョンミンが特に強烈でしたねー。
國村さんがこの摩訶不思議な役で、青龍賞(韓国の有名な映画賞)の助演賞のみならず人気スター賞まで獲ったというのは、國村さん自身も凄いし、韓国の観客の皆さんも凄い。

そしてファン・ジョンミン、いや~やっぱりイイなあ、この人。
祈祷シーンが2回あるんですが、両方とも踊りが素晴らしく、しかも激しい。
彼はもともとミュージカルもやっていて、西洋的ないわゆるダンスが得意なので、今回のような非常に東洋的な衣装や小道具を使っていても、踊り自体は西洋のダンス寄りで、それがまた独特の味わいになってる。

ジョンミン氏に関しては、以前、『新しき世界』でのサルっぽい顔を描いたことがあるのですが、今回は民族衣装のダンス姿、次は洋服で全身像(あくまで予定)…といった具合に、いろんな姿を描いていきたいです。
なお上のイラストは、2回目の祈祷シーンです(1回目とは衣装がかなり違う)。
左手に持っているのは鈴です、棒の先に鈴がいっぱいついているもの。
ブドウではありません…。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク