『クローンは故郷をめざす』

2008年 日本 監督・脚本:中嶋莞爾 出演:及川光博、嶋田久作、品川徹、矢島健一、永作博美、塚本僚、塚本将、石田えり
上映中  公式サイト→http://clone-homeland.com/

 先週、シネカノン有楽町1丁目にて鑑賞。これまで自主映画作家として国内外の賞を多数受賞してきた中嶋莞爾監督の、商業映画デビュー作。
 全体的な流れにおいても細部の描写においても、観客がかなり自由に解釈したり想像したりできるように作ってあるので、人によって捉え方はさまざまでしょう。例えば誰かがこの作品を観た人々に「これは何についての映画?」と質問した場合、「生と死についての映画」「魂についての映画」など色々な答えが返ってきそうです。そして私なら、「記憶についての映画」と答えます。

 ヒト・クローン技術が合法化され始めた近未来。殉職した宇宙飛行士の耕平(及川光博)がクローンとして再生されるものの、技術的問題で「失敗作」となったため、研究所の所長(嶋田久作)は新たに耕平のクローンを作り、今度は成功させます(なお当然ながら耕平のクローンたちも及川光博が演じています)。
 1体目のクローンが「失敗作」と見なされたのは、耕平の少年時代の記憶のままで蘇ってしまったから。幼い頃の耕平(塚本僚)は、大自然に囲まれた村で母(石田えり)と双子の弟・昇(塚本将)と暮らしていましたが、ある日危険な川に入った耕平を助けようとして、昇が溺死してしまいます。
 1体目のクローンは、この頃の記憶を強く反映した言動を繰り返し、ついには川に落ちてきた宇宙服の中に昇が居ると錯覚、その宇宙服を背負って耕平の故郷の方向へ歩いていきます。やがて2体目のクローンも、1体目の後を追って故郷に向かいます。

 劇中、亡くなった孫娘を違法にクローン再生させた過去を持つ博士(品川徹)が、死者とそのクローンの間には「魂の共鳴」が起きる、と主張。映画はこの主張を肯定しています。しかもその「魂の共鳴」をやや超常現象的な描写で表現しているので、この映画を昨今流行りのスピリチュアル系と捉えることもできるでしょう。しかし私自身は、あまりそういう風に捉えていません。それは私がこの映画を通じて、魂というよりも記憶の存在や凄さを強く感じたから。
 
 1体目のクローンに記憶障害が起きたのは、作る側に技術的失敗があったとはいえ、やはり根本的には、耕平の中で昇の死に関する記憶があまりにも突出していたためでしょう。辛い記憶であればあるほど、いつまでも濃く強く持ち続けてしまう。そんな人間のどうしようもない悲しみを、観ていて感じたのです。
 そしてさらに、「自分が他者を死なせてしまった記憶」すなわち「自分がある種の加害者だという記憶」をこれほどまでに深く抱えている人物像を、美しいと思いました。終盤での、2体目のクローンが1体目のクローンの手にある物を持たせるシーンは、同時に耕平と昇のシーンでもあり、耕平の昇に対する思いまでもが伝わってきて、とても印象深いです。

 ところで、パンフレットによると。ヴェンダースをはじめとするプロデューサー陣が、予算の問題などから強力にHD(高解像度デジタルビデオ)撮影を勧めたものの、中嶋監督はそれを拒否して35ミリフィルムでの撮影を決めたのだとか。最近は、予算が潤沢でない場合はデジタルビデオ撮影を選択する監督が多いので、これはかなり珍しいケースですよね。
 そしてこの中嶋監督の決断、正解だったんじゃないでしょうか。今回の作品は、果てしなく続く草原や川など大自然の風景を撮ったカットが多いので、フィルム撮り映像ならではの艶や奥行きが、非常に効果を上げていると思います。まあ、私が個人的にフィルムの画質が好きだというのもあるんですが。
 
 さらにこの映画、美術監修は大ベテランの木村威夫が担当。「故郷」のシーンでの古い日本家屋の造りなど、さすがに素晴らしいです。とにかく撮影や美術がしっかりしているので、興味のある方はDVD発売を待つよりも、なるべくスクリーンでご覧になった方がいいですよ。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク