『十代 恵子の場合』

1979年 日本 監督・脚本:内藤誠 出演:森下愛子、三浦洋一、風間杜夫、深見博、成瀬正、吉岡ひとみ、絵沢萠子、玉川伊佐男、土門俊、殿山泰司

 以前、「特にファンではないものの、昔から少しだけ気になっている役者さん」として戸川純を挙げましたが、私にとって森下愛子もそういう存在。
 といっても森下愛子の場合、「役者」より「女優」という呼び方のほうが似合いますわな。演技がどうとかいう以前に、やはり容姿や雰囲気が圧倒的にいい(と私は思う)ので。何がいいって、「暗さ」と「可愛らしさ」が共存しているところ。暗いだけ、可愛いだけならいくらでもいますが、暗くて可愛いとなると、なかなかいないものです。
 
 さて『十代 恵子の場合』。内容は、進学校に通う東京の女子高生が色々あって地方のトルコ嬢(しかもシャブ中)になり‥‥という、絵に描いたような転落の物語。若い頃の森下愛子には、いかにも似合いそう。そのため、かなり前から観たいと思っていたのですが機会が無く、先週やっと、シネマヴェーラの特集『東映セントラルフィルムの栄光~プロデューサー黒沢満の軌跡』で観ることができました。
 
 大まかなストーリーは先述のとおり、絵に描いたような転落物語。さらにその転落のきっかけは、レイプされそうになっていたのを助けてくれたヤクザに惚れて‥‥という、フィクションではかなりよくあるパターン。しかしだからといって、この映画がつまらないわけでは全く無いのです。
 
 まず、キャスティングが凄くいい。森下愛子はもちろんのこと、ヤクザを演じる三浦洋一も。このヤクザ、ヒロインに対して優しい態度をとりつつも結局、自分のいいように彼女を利用している面も大いにあって、その曖昧な感じを三浦氏がうまく表現しています。 
 髪はリーゼント、街を歩くときは必ずコートの袖に手を通さず肩にかけ、しかも口笛を吹いているというキザなスタイルも、カッコいいんだか悪いんだか分からず、どこか弱さが漂うのも三浦氏の持ち味かと。
 
 さらに、古本屋の店員としてヒロインと出会ったものの、トラックドライバーに転職して姿を消してしまう純朴な青年に扮するのが、風間杜夫(つまり当時の「つか劇団」を代表する男優2人が対照的な役を演じているわけですね)。風間氏、不器用だけどひたむきにヒロインを思い続ける青年をみごとに体現しています。この人は本当に愛矯があるな~。
 そしてヒロインの母に絵沢萠子、古本屋の店主に殿山泰司など、出てくるだけで「おっ」と言いたくなるような役者さんがいっぱい。またヤクザの兄貴分を演じる成瀬正は、東映でその種の役をガンガンやっていた方なので、さすがに安定感があります。
 
 東映と言えば、この映画自体が東映系の作品だし、しかも監督・脚本は(東映の番長モノなどでおなじみの)内藤誠。だから全体的にヤクザやスケバンの描写が濃厚で、ヒロインが元々いた世界とのギャップが大きいため、彼女の転落ぶりが非常に鮮烈なものとして迫ってきます。

※以下の文章では作品の結末に触れています。

 ところでこの映画では、ヒロインの弟の存在が、ちょっとしたアクセントになっています。この弟くん、出番は少ないものの、かなりのナイス・キャラ。何かというとギャーギャー言い争ってばかりの両親を反面教師にしているのか、常に冷静で。ヒロインが家に寄りつかなくなりだんだん裏社会に染まっていく中、世間体を気にして動揺する両親を尻目に、彼女の帰宅を静かに待ち続けます。
 そんな弟くんの、姉に対する言葉。「僕、姉ちゃんが不良になったくらいでオタオタするような奴じゃないよ」。
 
 そして終盤、ヒロインは地方で悲惨な状態に陥っているときに偶然、古本屋の店員からトラックドライバーになった青年と久しぶりに再会。彼に助けられ、結局彼女は立ち直ります。
 激しく転落したわりには上手い具合に立ち直るというこの展開、いささか安易ではありますが、しかし、あまり違和感はありません。やはり弟のキャラクターが効いているというか、「肉親の中にも彼女を静かに見守っている人がいる」ということが、さりげなく描かれているので、前向きなラストもけっこう素直に受け入れることができるのでしょう。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク