『恋味うどん』

(成人館での公開タイトルは『悩殺若女将 色っぽい腰つき』)
2006年 日本 監督:竹洞哲也 脚本:小松公典 出演:吉沢明歩、なかみつせいじ、柳東史、倖田李梨、青山えりな、岡田智宏、松浦祐也、サーモン鮭山

 先週、イメージフォーラムのピンク特集にて鑑賞。竹洞・小松コンビの作品ということで期待して観たものの、残念ながら私にとっては今ひとつグッと来ない作品でした。
 いちばん気になったのは、うどんの扱い方。この映画では「うどん」は単なる食べ物ではなく、ひとりの登場人物と言ってもいいほど重要な存在なのに、それにふさわしい扱いがされていない。といっても、例のエロ夢シーン(うどんをアソコに載せて食べる)のことではないですよ。
 
 いつも男に貢いでは騙されている花子(吉沢明歩)。またしても交際相手(サーモン鮭山)に全財産を貢いだ直後、逃げられてしまう。お腹をすかせて街をさまよう花子に、うどん屋の店主・一義(なかみつせいじ)が、うどんをタダで食べさせてくれた。花子は一義の店で働き始め、店員の礼(松浦祐也)や常連客たちにも温かく受け入れられる。
 そんな折、常連客のひとりで一義の幼なじみでもある隆(柳東史)が、親から引き継いだ書店の経営に行き詰まり、再出発のため妻(倖田李梨)とともに街を去っていく。一義は淋しさから、花子に初めて身の上話をする。離婚後、男手ひとつで育てあげた娘・幸(青山えりな)の話。自分が子離れできず結婚に反対したため、幸は料理人の憲二(岡田智宏)と駆け落ちし、絶縁状態になっているという。
 花子は一義の作ったうどんを持って、幸を訪ねる。うどんを食べる幸と憲二。これがきっかけで父娘は和解。幸が夫と子供を連れて、戻ってくることになった。そして花子は‥‥。

 つまりこの映画では一義のうどんが、人と人とを結びつける重要な存在になっているわけで。花子と一義、一義と常連客たち、そして一義と幸とその家族。皆、うどんが結びつけた。きっと一義の作るうどんには、彼の思いが込められているのでしょう。「心のこもった料理」とは、まさにこのこと。だからこそ、クライマックス部分(上記のあらすじの続き)には疑問を感じます。

※以下の文章では、作品の終盤(結末まで)に触れています。

 その部分を要約すると‥‥花子、深夜の厨房に立ち、うどんを茹でようとしている→花子、やってきた一義に「うどんを一から作ってみたいんです」と言う→一義、自分が厨房に立って作る→2人、店のテーブルで、できあがったうどんを前に語り合う→一義、不器用な言葉で愛の告白をしたあと、「それ食ったらもう寝ろ!」と言いながら奥の部屋へ入ろうとする→花子、一義に抱きつく→2人、そのまま部屋でセックス。
 
 あの~~、うどんはどうなったんですか? 放置、ですよね? ここで急に、うどんの影が薄くなってしまったじゃないですか! ちゃんとうどんを食べ終わるところまで描写して、それからセックスシーンに行った方が絶対いいですよ。
 とゆうか、そもそも何で「花子が自分で最後まで作る」という展開にしなかったのかなあ。そうすれば、花子の作った素うどんを一義が食べるシーンとして、以下のようなセリフのやり取りができるのに。「あのー、味、どうですか?」「んー、ちょっとつゆが濃すぎるけど、ま、これはこれでけっこう美味いんじゃねえの?」「ワー、良かったー嬉しいー」。これがホントの『恋味(濃い味)うどん』。単なるダジャレと言われれば、それまでですが。

 さらに、その後の結末部分も、やや疑問。一旦うどん屋から去った花子が結局また戻ってくる、という流れなのですが。これ単純に、去るなら去る、居るなら居る、どちらかにした方がいいんじゃないでしょうか。
 もちろん、花子の気持ちの揺れは推測できます。家族の生活を邪魔しないようにと去ったものの、やはり一義が恋しくなったんだろう、と。でも、こういうオーソドックスな人情話を軸にした作品で、ラストに揺れがあると、「着地がビシッと決まっていない」という印象を受けます。例えば何か複雑な問題を描いた作品なら揺れのある結末も効果的ですが、人情モノの場合、シンプルにストンと着地した方がいいのでは?

 もうひとつ、気になったことがあります。隆の人物像。彼は「バイトをしている」と言いながら実はしていなかったり、妻からお金の話をされると逆ギレしてレイプのようなセックスをしたりと、やや言動に問題アリ。それなのに妻や一義たちから当然のように好かれているというのが、ちょっと不可解でした。
 
 おそらくこれは、隆を演じている柳東史の容姿も影響しているのではないかと。柳氏はとてもスタイルが良く顔立ちも端整で、つまり一般に言うところの「かっこいい」容姿の持ち主。そんな彼が上記のような隆の言動を演じると、なんというか、かなり軽薄な感じに見えてしまうのです。
 逆に、いかにもイケてない系の男優だったら、あまりそういう風には見えないでしょう。キャスティングの経緯は分かりませんが、もし柳氏が最初から決まっていたのなら、隆の人物像を、もう少しお人好しとか要領が悪いとか、そういう方向に造形するべきだったと思います。

 なお、劇場でこの映画を特集したPGが販売されていて、観た後に買おうかと思っていたのですが、その時には売り切れか何かで無くなっていたので、結局買っていません。よって関係者のインタビューやシナリオなどの資料を読まずに、この文章を書きました。資料を読めば分かることを分かってないマヌケな文章になっているかもしれませんが、そういうわけなので、ご了承ください。

※追記‥‥1週間後に、この記事の補足のようなものをアップしました。こちらです。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク