『ラザロ─LAZARUS─』

2006年 日本 監督・脚本:井土紀州(3篇すべて)
『蒼ざめたる馬』篇 脚本:板倉一成 出演:東美伽、弓井茉那、成田里奈
『複製の廃墟』篇 脚本:森田草太、遠藤晶 出演:東美伽、伊藤清美
『朝日のあたる家』篇 脚本:西村武訓、吉岡文平 出演:東美伽、堀田佳世子、小田篤


 上記の3篇で構成された自主制作映画、『ラザロ─LAZARUS─』。この総合タイトルも各篇のタイトルも、いかにも「観念的な芸術映画」という感じですが、実際に観てみると全くそういう作品ではありません。ハッキリしたストーリーがある上に、犯罪サスペンスや刑事モノや恋愛モノ、そしてホラー(ゾンビ)の要素まで入っているので、「娯楽映画」と言ってもいいでしょう。
 ただし自主映画ということもあって、今の日本のメジャーな商業映画では描きにくい題材を扱っています。
 
 『蒼ざめたる馬』では、主人公である若い女性・マユミが、自分よりさらに若い女性たちを率いて、資産家の息子たちを殺していきます。「金持ちのボンボンが1人死んだら、それだけ世の中が平等になる」という主張のもとに。
 『複製の廃墟』でのマユミは、謎の女・ナツエとともに「経済テロ」として大量の偽札を世間にバラ撒きます。捜査を担当する若手刑事は、最初犯人とは気付かずマユミに惹かれていくのですが‥‥。
 『朝日のあたる家』は、マユミが犯罪に手を染めるまでを描いた、いわゆる前日譚。とある地方都市で、恋人との交際を深めつつ地道に働いているマユミの前に、東京で画家を目指しているはずの妹が突然現れ、思わぬ事態を引き起こします。

 私は上に書いた順番で3篇を観ていったのですが、最初の『蒼ざめたる馬』と次の『複製の廃墟』は、正直言ってあまりグッときませんでした。犯罪映画の場合、やはり犯罪者に迫力があった方が面白いと思うのですが、この2篇のマユミにはあまり迫力が無いのです。なぜなら、彼女は騙しやすい相手しか騙してないし、誘導しやすい相手しか誘導していないから。
 
 例えば『蒼ざめたる馬』で、マユミたちは資産家の息子を罠にハメていくのですが、その標的となった青年たちの人物像は、「あんなどうしようもないアホ」とマユミが語るボンボンや、のほほんとした優しげなお坊ちゃん。いかにも騙しやすそうなタイプです。
 実際は資産家の息子といってもアホばっかりではなく、逆にとても勘の鋭い人もいますよね。きわめて裕福に生まれついたがゆえに、却って世の中を斜めに見ているタイプ。そういう青年をも罠にハメるという展開なら、もっと面白くしかも深くなったと思います。
 
 さらに『複製の廃墟』では、マユミが若手刑事を誘導して自分に惹きつける(途中からは彼に好意を抱く)のですが、この刑事がまた非常に真っすぐでお坊ちゃん的。ちなみに、それ以前にも彼女に誘導された男性が居て(偽札を作った人物)、こちらはお坊ちゃんではないけれど、別の意味で騙されやすいタイプです。
 とにかく、「知恵と気迫で手ごわい相手を陥れる」というエピソードが無かったのは残念。結局、マユミという人物のみならず彼女の主張にも、あまり知性や迫力が感じられなかったです。

 そして最後に観た『朝日のあたる家』。これは非常にグッときました。昨今何かと話題になっている「格差社会」や「グローバル経済」といった問題の複雑さが、具体的かつ切実に描かれているからです。
 また、この作品に登場する寂れた商店街(シャッター街)の映像が素晴らしいです。作品を象徴する圧倒的な風景を探し出し的確に撮影するという手法が、みごとに効果を上げています。これは多分、井土紀州監督が、師匠である瀬々敬久監督から学び取ったことなのでしょう。
 
 最初の2篇には文句をつけましたけど、全体としては面白かったですし、観た後いろいろ語れる映画です。興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。
 東京の“ポレポレ東中野”では全篇上映は終わってしまいましたが、7月28日から8月3日まで『朝日のあたる家』のみ上映。その後は大阪・名古屋・広島などで全篇上映予定あり。
 詳しくは公式サイトhttp://spiritualmovies.lomo.jp/lazarus.htmlをどうぞ。


《追記(8月8日)》
都内の別の劇場でアンコール上映が決まりました。8月11日~24日、渋谷のアップリンクXにて。詳細はhttp://www.uplink.co.jp/x/log/002245.phpをご覧ください。

 あと、作品評の補足を。
 
 『蒼ざめたる馬』と『複製の廃墟』について。“「知恵と気迫で手ごわい相手を陥れる」というエピソードが無かったのは残念”と書きましたが、これは作品の面白さだけでなく、テーマにも関わる重要な問題。
 この2篇に登場する金持ちや刑事は、総じてアホだったりお坊ちゃんだったりします。まあ、さすがにベテラン刑事だけはそういうキャラクターではありませんが、彼も結局、それほど手ごわい相手ではない上に、マユミたちのことを「ウジ虫ども」と呼ぶなど、かなりよくあるタイプの単純な悪役キャラに見えます。
 
 つまり、主人公の敵である富裕層や権力者が、あまり頭の良くない人物や単純な人物として描かれているわけです。これには疑問を感じました。
 だってどう考えても、富裕層や権力者の中には、したたかな人たちが少なからず居るはずで、だからこそ階級や権力の構造がずっと維持されているのです。そのことをガッチリと押さえていないこの2篇は、格差社会やテロを描いた映画としても、中途半端だと思いました。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク