『ディア・ドクター』

2009年 日本 監督・脚本:西川美和 出演:笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、八千草薫、井川遥、松重豊、岩松了、笹野高史、香川照之
全国各地で、上映中あるいは上映予定あり  公式サイト→http://www.deardoctor.jp/

 10日ほど前に、シネカノン有楽町1丁目にて鑑賞。いい映画なので、オススメする意味でブログに書こうと思いつつも、なかなか書けませんでした。なぜなのか。しばらく日が経って、何となく分かってきました。
 この映画、アクやムダが無さすぎるというか、クールにまとまりすぎていて、私にとってはやや吸引力が弱い。多少出来が悪くても、ある種の過剰さが感じられる映画の方が、個人的には惹かれるので。

※以下、ネタばれ気味です。 
 
 伊野(笑福亭鶴瓶)は、過疎の村で献身的に働く医者。村人たちから慕われ、尊敬されている。しかし突然、彼が失踪。2人組の刑事・波多野(松重豊)と岡安(岩松了)は、伊野の身辺調査を始めた。すると意外な事実が明らかに。
 この「意外な事実」は、どんでん返しとして作品の終盤に登場するわけではなく、序盤から実にアッサリと描かれます。また予告編などでも、既にかなり明かされていた模様。だから、(ネタバレになるかもしれませんが)ハッキリ書かせてもらいます。主人公の伊野は、医師免許を持っていないニセ医者だった。
  
 非常に印象深いシーンがあります。喫茶店で波多野と岡安が、伊野の診療所に薬を卸していた営業マンの斎門(香川照之)と話すシーン。
 伊野がニセ医者ながらも過疎の村で老人たちに尽くしていた理由について、波多野が嘲笑的に「やっぱり“愛”なんですかねえ?」。すると突然、斎門が椅子ごと後ろにガタっと転倒。思わず手を差し伸べる波多野。すると斎門、「そういうことじゃないんですか? 刑事さんは別に僕のこと愛してなんかいないでしょ? それでも、とっさにそうしたでしょ?」(細部が違っているかもしれませんが、だいたいこんな意味の台詞)。
 
 「あ~、なるほど!」と思いました。映画の中だけでなく現実にも、他人に尽くす人を嘲笑したがる輩というのはよく居るもので、おそらく私自身も時々そういう嘲笑をしているのだと思いますが、そんな「嘲笑屋」たちの浅い笑顔を凍りつかせる見事なリアクション。
 そしてこのシーンは、この映画の核心に迫る部分でもあります。というのも、伊野がなぜ過疎の村でニセ医者をやっていたのか、その理由というか心境は、結局ハッキリとは描かれないからです。つまり、観客が自分で想像するしかない。その想像の取っ掛かりとなるのが、上記のシーンなのでしょう。
 
 という具合に、色んな意味で優れたシーンではあるのですが、その一方で、演技や演出が淡々とし過ぎているような気もするんですよね。

 香川氏も松重氏も岩松氏も、実に適切な演技をしていて、それが引きの画で冷静に撮られている。このシーンに限らず全体的に、役者さんの芝居は達者なうえに抑制が効いているし、演出も押しつけがましくなく落ち着いているし、常に監督の聡明さが感じられます。
 これはもちろん長所ではあるのですが、しかし個人的には、もう少しアホでもいいのでは? と思ったりもします。つまり、どこかヤリ過ぎな感じ、クドい感じもあったほうが、面白んじゃないかと。面白いとは、人の心に入り込む、ということでもあるわけだし。

 ところで私、西川美和監督の長編映画はすべて観ています。まず1作目の『蛇イチゴ』で、若いのに大した人やなーと感心し、次の『ゆれる』は世評と違って今ひとつ感心しなかったものの、今回の『ディア・ドクター』は面白そうなので観に行った次第。
 しかし今まで書いてきたように、「いい映画」とは思っても、あまり「面白い」とは思えず。実は『蛇イチゴ』の時も似たような感触でした。やはりもう少し過剰であってほしいというか。

 ただ、西川監督の持つ冷静さや押しつけがましくない演出は、ある種の題材に対しては非常に有効であるような気もします。例えば差別の問題などを彼女が映画で取り上げた場合、感情的に結論や主張を押し出すのではなく、冷静に多面的な描き方をしてくれるんじゃないかと。
 彼女は今回の作品で、主人公のニセ医者を肯定も否定もしていません。彼が村のために懸命に働く姿を描く一方で、彼が無責任な行動に出たことや、村から多額の報酬を受け取っていたことも描いています。彼は善でもなく悪でもない、と。たぶん西川監督は、善悪を判定するよりも他に大事なことがある、と思っているのでしょう。そんな彼女に、人々が善悪の基準だけで捉えがちな問題を描いてみてほしいです。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク