春は桃色、桜色。

 前の記事の最後でチラッと触れたように、春にポレポレ東中野でピンク映画の特集上映があります。タイトルは、『R18 LOVE CINEMA SHOWCASE Vol.7 2009年のピンク映画たち+鎮西尚一の世界』。開催期間は、3月27日から4月9日まで。ちょうど、ピンク色の花(桃や桜)が咲く時期ですね~。
 公式サイトは、こちら→http://www.spopro.net/r18/vol07.htm

 で、今回の上映作品。
◎昨年公開されたピンク映画から‥‥『スリップ』(監督:鎮西尚一)、『イサク』(監督:いまおかしんじ)、『青空ハルカ・カナタ』(監督:佐藤吏)、『たぶん』(監督:竹洞哲也)、『うたかたの日々』(監督:加藤義一)
◎上記の『スリップ』で久々に復活した鎮西監督の過去の作品から‥‥『ザ・ストーカー』『パンツの穴 キラキラ星みつけた!』(この2本はピンク映画ではありません)
◎鎮西監督が推薦するピンク映画‥‥『東京のバスガール』(監督:堀禎一)

 さて。ピンク映画は現在でも、基本的に35mmフィルムで撮影されています。一般映画の世界では、「予算が少ないならデジタルで撮る」というのが当たり前になっているのに、バリバリの低予算映画であるピンクのスタッフは、お金も手間もかかるフィルム撮影を続けている。これ、不思議であると同時に、ありがたいことです。私はフィルム映像が好きなので。
 もちろんデジタルでもフィルムっぽく撮ることはできるし、私自身、その見分けがつかない時もあるので、エラソーなことは言えません。しかしそれでもあえて言ってしまうと。フィルム映像は、奥行きや陰影がきちんとあって、色が鮮明すぎないところがイイんですよ~! もちろん撮り方にもよるので、すべてがそうってワケじゃないのですが、ピンク映画の特集上映に行くと、そういう映像に出会える場合がけっこうあります。

 特に印象に残っているのは、2年ほど前に観た『再会迷宮』(監督:竹洞哲也、撮影:創優和)。作品評では、おもに脚本や演出について書いたんですが、実はこの映画の映像というか撮影には、かなり感激しました。地方の山間部でロケした作品で、山道などの風景も素晴らしかったし、室内でのヒロインの裸体も、とても美しかった。「撮影日数が少なくて、ライティングを丁寧にやる時間も無いはずなのに、こんな風に撮れるなんてスゴイな~」と思ったものです。
 今回上映される竹洞監督の『たぶん』は、『再会迷宮』と同じ創優和氏の撮影で、しかも富士山麓でのロケということなので、どんな画になっているのか楽しみです。

 とにかく。ポレポレ東中野は、ミニシアターとしてはスクリーンが大きいし、座席が階段状になっていて観やすいので、映像をきちんと味わうには最適の劇場です。今までピンクを観たことが無い方も、少しでも興味がある場合は、ぜひ足を運んでみてください。
 今回の記事ではあえて映像について書きましたけど、もちろんストーリーとか役者さんの演技とか、みどころは色々あります。公式サイトの作品解説を読んで、設定などが面白そうだと思った作品を観てみれば、いいんじゃないでしょうか。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク