大蔵さん、この夏は色々やるんやね。

 諸事情により、しばらく更新できませんでした。その間、少しは映画も観たんですが、記事にする時間や気力が足りず。
 さて今回はまた、ピンク映画の話ですよー。続いてますね。まあ、たまたま新情報をいくつか見つけたということもあるんですが、それだけでなく。前の記事に書いたように、最近はけっこうマニアックな媒体でもピンク映画をガン無視する傾向があるので、せめてこういう個人ブログでは、なるべく情報その他を発信していきたい! ということです。

 まずは、目黒シネマで7月17日(土)~23日(金)に行われる、ピンク映画のレイト上映『壺とシャボン玉』について(公式ブログはhttp://tsubosyabon.blog106.fc2.com/)。
 目黒シネマといえば、普段は一般映画の新作を少し遅れて上映しているいわゆる二番館なので、ピンク上映を意外に思う方もいるかもしれませんが。実はここ、(ピンク映画の配給などを行っている)大蔵映画が経営している劇場なんですよ。だから、ある意味、非常に筋の通った試みとも言えるわけです。

 上映作品は2本。
●『ある秘かなる壷たち』(成人館での公開タイトルは『性戯の達人 女体壷さぐり』)‥‥『愛のむきだし』などで有名な園子温監督の、10年前の作品。
●『うたかたの日々』(成人館での公開タイトルは『壷姫ソープ ぬる肌で裏責め』)‥‥昨年のピンク大賞ベストテンで1位を獲得した作品。監督は加藤義一。

 私は『ある秘かなる~』は未見なのでコメントできないんですが、『うたかたの~』は既に観てまして。オススメです。
 この作品、ジャンルとしては青春恋愛モノ。そして基本的な設定やストーリーは、シンプルかつオーソドックス。こういう企画って、作り手の実力が試されると思うんですよ。たぶん、少しでも未熟な人たちが作ると、ものすごく平凡で退屈な映画になってしまう。逆に、技術やセンスのある人たちが作ると、味わい深い映画になる。『うたかた~』は後者です。
 
 ちなみにこの映画の脚本は、現在ポレポレで特集上映されている城定秀夫監督が書いたもの。城定監督のOVなどを観て興味を持った方は、この映画も観てみるといいんじゃないでしょうか。
 あと余談ですが、城定氏のブログによると、彼と加藤義一監督はたいへん仲がいいそうで、一緒にホモ映画館に行ってどっちが多く触られるか競争したりするんだとか。ははは。

 さて次に、上野オークラの閉館&新館オープン。これについては、上野オークラに(今のところ)1度しか足を踏み入れていない私の言葉よりも、日々その場で働いてらっしゃるスタッフさんの言葉を読んでいただきたいので、こちらをどうぞ→http://uenookura.blog108.fc2.com/blog-entry-291.html
 
 そしてこの閉館&新館オープンに伴い、いろいろなイベントが予定されているようです。これらについても、公式ブログで少しずつ発表されていますので、ぜひ読んでみてください(トップページはこちら→http://uenookura.blog108.fc2.com/)。
 で、ひとつだけ、私から情報提供しておきますと。旧館のクロージング・イベントで、小川欽也監督(「欣也」表記の場合もアリ)のトークショーが予定されているようですが、この小川監督のトークがいかにスゴいかということについて、以前ちょっと書いたことがあるので、そこにリンクを張っておきます→http://kobiri.blog108.fc2.com/blog-entry-65.html(2年ほど前に上野オークラのイベントに参加した時の記事)

 なお、リンク先の私の記事(とその続き)に、上野オークラの客層がオッチャンばっかりだとか、そのオッチャンたちのマナーがどうもねえ‥みたいなことを書いていますが、最近は若い女性のお客さんなどもいらっしゃるようだし、8月に新館に移れば雰囲気も変わって、全体的なマナーも向上するんじゃないかと‥‥期待しております!
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク