「作り手やファンによる過剰な賛美」を減らすには。

 以前からリンクを張ったりして紹介している、友松直之監督と城定秀夫監督の現代ピンク映画論(http://ameblo.jp/n-tomomatu/entry-10583682719.htmlhttp://ameblo.jp/pegpegjojo/entry-10584827895.html)。今更ですが、これについて自分が思うことを記しておきます。なお、書いているうちに過去記事とダブる内容も出てきたのですが、それはまあいいや、ってことで。

 まず、お2人が共通して主張されていることを、私なりに要約すると。「今のピンク映画なんて大したもんじゃないのに、作り手もファンもピンクを賛美しすぎ」。
 さらに城定監督はご自身の体験談として、一部のピンク関係者に見られる、ある傾向について述べています。彼は2004年頃に、ピンクからVシネ(OV)に活動の場を移したわけですが、その後彼は、一部のピンク関係者からこんなことを言われたのだとか。
 「Vシネなんて撮ってないでピンク撮れよ」「ビデオ撮りのくせにエラそうにするなよ。俺達はフィルムで撮ってるんだぜ」「ピンクは映画だけどVシネは映画じゃないよ」。そして城定監督は、こう続けています。【簡単に言うとピンクはエラいけどVシネはエラくないと言われたわけですが、彼らのこの優越感はどこからくるのでしょう?】

 私が思うに、これは優越感であると同時に、「劣等感の裏返し」でもあるんじゃないかと。そもそもピンク映画は昔も今も、ごく一部の人に評価されたり愛好されたりしているだけで、一般的には全く評価も愛好もされていません。むしろ、蔑まれたり無視されたりしています。「Vシネなんて‥」と言った人は、他のジャンルの関係者から「ピンク映画なんて‥」と言われ、そのことを気にしているのかもしれません。
 つまり。本人たちは無自覚なのかもしれませんが、実はピンク関係者の一部には劣等感を抱いている人たちがいて、彼らは必死でVシネを「ピンクよりも下のジャンル」と決めつけ、その「下のジャンル」を蔑むことで、自分の劣等感を薄めようとしているのではないでしょうか。
 もちろんそれは、くだらない行為です。私は彼らを擁護する気はありません。ただ、彼らのそういう行為には、少しはそれなりの背景があるような気が。

 さきほど、「(ピンク映画は一般的には)蔑まれたり無視されたりしている」と書きましたが、現在、この「蔑み・無視」には2種類あると私は思っています。
 ひとつめは、昔からある古典的なもの。つまり、いわゆる「良識的な」人やメディアが、ピンクに対して否定的だったり、全く興味が無かったりすること。ただ、こういう傾向は大昔からずーっと続いているわけだし、そもそも「良識的な」人たちがエロ系のジャンルを排除するのは、ある意味当然のことなので、これはまあ仕方ないです。
 私がやや問題だと思うのは、最近の傾向として、昔ならピンクを取り上げていたタイプのメディアが、ピンクを排除するようになったこと。例えばかつては、『トゥナイト2』などの深夜テレビ番組がピンク特集を組んだり、『ぴあ』などの情報誌がピンクの新作紹介を載せたり、というようなことが普通にあったのですが、最近はすっかり無くなってしまいました。以前詳しく書いたように、エロネタOK・マニアックな映画談議OKのラジオ番組『ウィークエンド・シャッフル』でさえ、ピンクを取り上げようとしないし。

 で、こういう傾向は、おそらくここ10年くらいで強まっています。そしてそれと同時に、冒頭に書いた「作り手もファンもピンクを賛美しすぎ」な傾向も、強まっている。つまり、外の世界がピンクをより排除するにつれて、内側の人たちの結束が(良くも悪くも)固くなっている。
 この結束には、もちろんネットの普及も関係しているものの、私はどうもその「外側の無視」も、かなり関係しているような気がするんですよ。世間やメディアがピンクを無視したり、どーでもいいような扱いをすればするほど、内側の人たちは盛り上がって、「ピンク映画は素晴らしいんだゾ!」と過剰に主張するようになる。

 私のこのブログについて考えてみても、まあ個々の作品に対しては過剰に賛美しているつもりはありませんが、ピンクというジャンルについては、やや大げさに褒めてしまっているような気もします。
 なぜそうなるのかというと、ファン以外の人々がピンクに馴染みが無さすぎるというか、いろいろと誤解している人も多いので、つい「認識を改めてほしい!」みたいな気持ちで、肩に力を入れて書いてしまうんですよね。これは私だけでなく、他にもそういう方はけっこういるのでは。

 結論としては、やはりもう少しメディアにピンクを取り上げてもらうべきなんじゃないかと。せめて、サブカルも性的話題もOKな雑誌や番組くらいには。そうやって、過剰な排除が減っていけば、過剰な賛美も減っていく‥‥というのが私の考えです。
 では、そのためにどうすればいいのか。これはもう、作り手や送り手の方たちがメディアに直接働きかけるのが、いちばんでしょう(単なるファンが色々言っても、相手にされない場合が多いし)。
 例えば先述の『ウィークエンド・シャッフル』には、監督・脚本家・スクリプトドクターの三宅隆太氏が既に何度も登場し、今週末(4日)にもまた出演されるのですが、この方、そもそもご自分で番組にメールを出したのがキッカケで、出演するようになったのだとか。彼はピンクの人ではないものの、いわゆる「一般的に有名な映画人」ではないわけで、そういう方が自力で頻繁にメディアに出るようになったという事実は、注目すべきことだと思います。
 やはり作り手自身の働きかけというのは、有効ですよ。

※追記(9月24日)‥‥この記事、一部訂正したくなりました。詳しくは、こちらをどうぞ。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク