『からっぽ人魚』

成人館での公開題:『スケベな住人 昼も夜も発情中』
2010年 監督:竹洞哲也 脚本:小松公典 出演:藤崎クロエ、津田篤、岩谷健司、毘舎利敬、倖田李梨、日高ゆりあ、サーモン鮭山、岡田智宏、佐々木麻由子
【現在、上野オークラ劇場と横浜光音座Ⅱで上映中(10月28日まで)。その後、全国の成人館で順次上映】

 3日前に、上野オークラ劇場にて鑑賞。今回、この作品の関係者の方々が主催された鑑賞ツアーに参加したところ、(特に狙ったわけでもないのに)サーモン鮭山氏の隣に座れることになり、ちょっと緊張しながら観ました。
 さてこの映画、ひとことで言うと「ロードムービー+下宿モノ」。約60分しかない上映時間の中に2つのジャンルがブチ込まれていて、登場人物も多く。しかも彼らが、それぞれの出身地(=演じる俳優の出身地)の方言で喋ります。竹洞・小松コンビ、いろいろ挑戦してますなあ。
 
 青森一郎(岩谷健司)と和歌山二郎(毘舎利敬)は、家庭の事情により苗字は違うものの兄弟で、一緒に暮らしている。2人とも訳ありの元ヤクザ。彼らは滞納している家賃を体で払うよう、家主の広島響子(佐々木麻由子)に迫られ、彼女の相手をする。が、猛烈な性欲を持つ彼女につき合いきれず、逃げ出すことに。
 いろいろあって、辿り着いたのは海辺の町。砂浜でダベっていた兄弟は、ビキニ姿の美女(藤崎クロエ)が倒れているのを見つける。彼女は無事に生きていたが、記憶喪失になっていた。そこへ現れたのは、訳ありヤクザの神戸キタオ(津田篤)。兄弟は美女に「ノンちゃん」と名付け(ノン・ネームだから)、キタオは自分の住む下宿屋に彼女を連れていく。勝手についていく兄弟。
 その下宿屋にはキタオの他に、ひたすら枕営業に励む保険外交員・島国一子(日高ゆりあ)、10年も浪人している京大東大子(倖田李梨)、気弱なヘナチョコ大家(岡田智宏)‥‥と濃すぎる面々がいて、そこにノンちゃんと兄弟が加わったものだから、いっそう賑やかに。さらにキタオと因縁のある不気味な殺し屋・八戸(サーモン鮭山)が突然現れ、ドタバタの中にも深刻な空気が漂い始め‥‥。

 観ていると、兄弟の視点で進行する話かと思いきや、途中で現れたキタオの回想シーンが何度も出てきたりするので、ちょっと視点が混乱しているような気がして、鑑賞直後のオフ会で、脚本の小松さんにやや文句めいたことを言ってしまったのですが。考えてみると、「ロードムービー+下宿モノ」なのだから、「ロード部分は兄弟の視点、下宿部分はトキオの視点がメイン」と解釈すれば納得できます。小松さんスミマセン。
 ガハハと笑って観られる楽しい作品ですが、実はそういう凝った構成になっていて。作り手の緻密な計算とバランス感覚、あなどれないですね。

 ただ、ひとつ残念なことがありまして。この映画、全体的に、男性キャラに比べて女性キャラの描き込みが浅いような。
 といっても、もちろん「からっぽ人魚=ノンちゃん」に関しては、「過去に縛られるヤクザな男たちの対極」という意味で、象徴的な存在なので、彼女の過去や背景が描かれなくても全然OKなのですが、私が気になるのは、島国一子と京大東大子。彼女たちは、(ノンちゃんと違って)何かの象徴というわけでもないし、(広島響子と違って)出演シーンも多いのに、背景が全く描かれていないので、人物像がやや平面的な感じ。もう少し掘り下げて、立体的にした方がいいのでは。

 例えば京大東大子は、10年間も大学浪人をやっているわけですが、なぜ彼女がそこまで志望校に執着するのか、その理由を描くというのはどうでしょう。あ、ちなみにこれ、真面目な理由である必要は全く無いですヨ。むしろ、人が聞いたら爆笑するような理由だけど本人は大まじめとか、そういうのがイイと思います。
 それと最初はガリ勉だった東大子が、快感を知ったことによって、男に襲いかかる猛烈性欲女に変身するのですが、この変身後のキャラが広島響子とカブっているので、その点もちょっと物足りない。もう少し、なにか欲しいです。演じているのが倖田さんだから、やはりダンス系でしょうか。男に襲いかかる前に、珍妙な「発情ダンス」を踊り狂うとか。人間離れした激しい動きで、観客が笑いながらも怖くなるようなダンス。倖田さんなら、できそうです。続編があれば、ぜひお願いします~。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク