受賞記念(?)

 最近、今まであまり縁の無かった、ある分野に興味を持ちまして。いろいろ調べたり、考えたりしています。といっても、映画に対する興味を失ったわけではないですよ~。相変わらず、ピンク映画のことも気になりますし。
 
 というわけで、明日(4月30日)はピンク大賞のオールナイトイベント。テアトル新宿にて、夜10時開演。詳しくは、こちらをどうぞ→http://www2u.biglobe.ne.jp/~p-g/award/23_pinkfes/index.html
※前売だけでなく当日券もあるので、ふと急に行ってみたくなった‥という方でも入れると思います。
 私は残念ながら、行けそうにない‥‥(基本的に土曜日は、ほぼいつも用事があるので)。今年は、小松公典氏が脚本賞(3度目)、津田篤氏が男優賞(初)を受賞されていて、つまり面識のある方が2人も壇上で表彰されるので、お祝いに駆けつけたいところなんですけどね。それはできそうにないので、ここに書いておきます。
 小松さん、津田さん、おめでとうございます。もちろん、他の受賞者の方々も。
  
 他の受賞者といえば、今年は倖田李梨さんが女優賞を獲得(2度目)。そこで、ふと思い出したこと。私は以前、「タマフルでピンク映画を取り上げてほしい!」と思い、小細工を弄したあげくスベってしまったわけですが、実は私がタマフルにこだわる背景には、倖田さんの存在もあるのですよ。
 というのも、(倖田さんのブログによると)彼女は日本のヒップホップが好きで、中でもライムスターやクレバの熱心なファンらしく。で、タマフルのパーソナリティである宇多丸氏はライムスターのメンバー。つまり、「もしタマフルでピンク特集とかやることになれば、出演者のひとりは倖田さんで決まり! 彼女自身も絶対うれしいはず!」という思いがあるんです、私の中に。
 
 もちろん、そういう思いだけでタマフルにメールを出したわけではありません。当時詳しく書いたように、メインの理由や目的は他にあります。しかし、この件について考えるとき倖田さんの顔がチラチラと頭に浮かぶのも、また事実なわけで。
 しかしまあ、こういうのって余計なおせっかいかもしれないし、なんだかちょっと恥ずかしいので、今まで書いてなかったんですけど、倖田さんの2度目の受賞記念として(?)書いておきます。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク