『押入れ』

(成人映画館での封切時のタイトルは『味見したい人妻たち』、再映時のタイトルは『疼き奥さん いい味たっぷり』)
2003年 日本 監督・脚本:城定秀夫 出演:KaoRi、白土勝功、田嶋謙一、橘瑠璃、サーモン鮭山、佐倉麻美、飯島大介

 5日前に、シネロマン池袋にて鑑賞。城定秀夫氏の監督デビュー作。ストーリーは、「元教師の人妻が、かつての教え子である男子高校生を自宅の押し入れに住まわせ、夫の不在時に関係を持つ」というもの。
 ピンク映画でこのストーリーだと、いかにも好色そうな美女が年下男を支配しているようなイメージを持たれるかもしれませんが、実際にはそういう映画ではありません。この人妻と男子高校生のカップルには、どこか可愛らしいというか、微笑ましい雰囲気さえ感じられます。

 おそらくこれは人妻のキャラクターや、心理描写の仕方から来ているのでしょう。彼女の容姿もファッションも喋り方も、やや乙女チックだし。時折、彼女の「心の声」が書き文字で表示されるという演出も、ある種の少女マンガのよう。
 さらに言えば、男子高校生のキャラクターも、「不幸な境遇で育ったモテ系の美少年」という、乙女ワールドの住人っぽい設定。そして彼女と彼は、性的な関係があるにもかかわらず、仲の良い姉・弟のようにも見える。

 ではこの映画、妙に乙女チックすぎてエロさが薄いのかというと、全くそんなことはなく。むしろ、かなりエロいです。性描写が多いし、しかもじっくりと丁寧に描かれているし。
 つまり、なんというか‥‥乙女チックかつエロエロ、なのですよ。この2つは普通、あまり共存できないはずなのに、この映画では不思議に共存している。

 ちなみに「乙女チック」というのは、やや大げさな表現で、より正確に言うと、「甘さ(スウィートな感じ)や淡さがある」といったところ。こういう、いわゆる背徳的なストーリーの場合、暗い映画やドギツイ映画になりがちなのに、それとは逆の、甘く淡い浮遊感のようなものを漂わせた映画になっているのは、ある意味、凄いです。
 そういえば城定監督の作品で、『どれいちゃんとごしゅじんさまくん』というのがありまして。これは、恋人の奴隷として生きる少女を描いた映画で、世間一般の感覚では、かなり背徳的なストーリーなのでしょうが、作品自体には、乙女チックな甘さや明るさが漂っています。
 もしかしたら城定監督は、世間が背徳的だと見なすような人や事柄を、むしろ可愛いと思っているのかもしれません。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク