『忘却の河』

成人映画館での公開題:『白昼の人妻 犯られる巨乳』
2011年 日本 監督:竹洞哲也 脚本:小松公典 出演:櫻井ゆうこ、かすみ果穂、園部貴一、岩谷健司、毘舎利敬、酒井あずさ、倖田李梨、岡田智宏、サーモン鮭山
(全国の成人映画館で順次上映中)

 2週間ほど前に、上野オークラ劇場にて鑑賞。
 この『忘却の河』の元ネタは、香港ノワール、特にジョニー・トー監督の『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』であると、関係者の方々が公言しています。たしかに、『忘却の河』のストーリーにおける、「家族を殺された主人公が復讐を決意」「復讐者(主人公)は記憶喪失」という2大要素は、『冷たい雨~』と同じ。
 
 ただピンク映画の場合、基本的に、女性が主人公であることが(会社側から)求められるので、主人公の性別は、「男性→女性」に変更されています。つまり、記憶喪失の復讐ヒロイン。そして、演じる櫻井さんは巨乳。エロ・ノワールですなあ。
 あ、今、思いつきで書いたんですけど、「エロ・ノワール」というジャンルはあるんでしょうか? もし無いなら勝手に作ります。なんか語感が気に入ったし。
 
 さて私が、この映画の中でヒロイン以上にエロ・ノワール的だと思うのは、かすみ果穂演じる蘭です。蘭は、エロでビッチな敵キャラ。殺し屋で、SMの女王様。かすみさんは可憐な役も似合いますが、それとは正反対のこういう役でも、きちんとこなしています。
 あと、やはり敵キャラのヤクザとその手下(毘舎利敬&岩谷健司)。ふたりはホモ関係で、急にフッとキスしたり卑猥な会話を交わしたり、これまたイイ感じのエロ・ノワール。毘舎利さんも岩谷さんも、相変わらず達者だし。

 ただ作品全体としては、やや中途半端というか、ノワールになりきれてないというか‥‥。ギャグが多すぎると思うんですよ。ノワールなのかコミカル作品なのか、よく分からない。
 おそらく作り手側としては、わざとギャグを多めに入れて、「ちょっとコミカルなノワール」を狙ったのだと思いますが、作品を観た限りでは、「照れている」ように見えるんですよね。ノワールを作ることに対して、照れている。潔くない印象を受けます。

 特に気になったのは、クールな殺し屋・龍一(園部貴一)のお腹が肝心な時にグ~ッと鳴ってしまう、というギャグ。これ、要るかなあ? なんか昔のコントみたいで、あまり面白くないし‥‥。
 そもそも園部さんは、この劇画的なキャラがすごく似合って様になっているのだから、妙にいじらないでほしいです。彼は本当に、いい顔をしている。美形云々ではなく、劇画的な虚構を実写で表現する力を持った顔立ち・顔つき、という意味で。

 ところで、倖田李梨演じる女医(役名)。以前チラッと書いたように、カート・ラッセルを連想しました。ジョン・カーペンター作品におけるカート・ラッセル。そう、スネークですね。
 黒い眼帯と、「いきなり自分の呼び方を指定する」ところが、そっくり。女医は「女医って呼んで!」と言い、スネークは「コール・ミー・スネーク!」と言いますから。さらに、倖田さんのけっこう筋肉質な体つきも、カート・ラッセルを彷彿とさせます。
 
 余談ですが、私にとってのスネークとは、おもに『エスケープ・フロム・L.A.』での彼。なぜなら『エスケープ~』は、作品自体が非常に印象的だから。というか、めちゃめちゃ心に残っているシーンがあるんですよ。「よくこんなこと思いつくな~」と、感心しながら呆れて笑ったシーンが。
 どのシーンかは、ご想像にお任せします。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク