影山英俊さん、曽根中生監督を語る。

 前々回の記事「ゾンビ現場・その2」に書いたような経緯で、今月の4日、知人のHさんとともに、影山英俊さんにお会いすることができました。影山さんからは色々なお話を伺ったのですが、その中で私にとって最も興味深かったのは、曽根中生監督についてのお話です。

 ところで曽根中生監督といえば、長い間(20年くらい?)「行方不明」「生死不明」と言われていたのが、突如として、今月24日から開催される湯布院映画祭にゲストとして登場することが判明。おもにロマンポルノ好きの間で、話題になっています。
 曽根監督は一般映画も撮られていますが、やはりロマンポルノの印象が強いんですよね。私自身、曽根監督と聞くと、まず『天使のはらわた 赤い教室』、『わたしのSEX白書 絶頂度』、『新宿乱れ街 いくまで待って』など、ロマンポルノの鮮烈な作品群が、パッと頭に浮かびます。

 そして影山英俊さんは、今挙げた3本全てに出演してらっしゃる方。他にも『熟れすぎた乳房 人妻』、『不良少女 野良猫の性春』などで、曽根監督とは何度も一緒にお仕事されています。 
 私は未見なのですが、『熟れすぎた乳房 人妻』はとてもいい作品だそうで、今回Hさんは、この作品のDVDパッケージにサインをいただいていました。
 
 そんなわけで、私たちから影山さんへの最初の質問は、当然これでした。「今月下旬に、曽根中生監督が久々に公の場に出てこられるのは、ご存知ですか?」。影山さんの反応は‥‥「え!! 生きてたの?!」
 いやもう本当に、ビックリ&嬉しい! という表情で、しかも大きな声で、そう仰ったのですヨ。すかさずHさんが湯布院映画祭のパンフレットを取り出し、曽根監督の来場について書かれた部分をお見せすると、「今回、九州には行けないけど、近いうちにぜひお会いしたいなあ‥‥あなたたちは、これ行くの?」。2人とも無理だけれど、Hさんのお友達が行けそうだと告げると、「その方から曽根さんに、影山が会いたがっている、と伝えてほしい」。

 とにかく影山さんは、曽根監督を非常に敬愛してらっしゃるご様子で、「いろんな監督と組んだけれど、あの人は特別な存在だ」、「演出も作品も、他の監督と全然違う」、「また映画を撮ってほしい」と、しきりに仰っていました。
 なかでも、曽根監督の俳優に対する演出方法は、影山さんの心に強く残っているらしく。その特徴についても、熱っぽく語ってくださいました。それは、「俳優に具体的な演技指導をせず、“もう1回”“もう1回”と何度もやらせる」。つまり、「(どう演じるべきかを)俳優が自分で見つけるまで、待っている」。
 
 このお話を聞いて、私はふと相米慎二監督を連想しました。相米作品に出演した俳優さんの多くが、同じようなことを仰っているからです。
 おそらく相米監督は、俳優に対する演出方法の面で、曽根監督からかなり影響を受けたのでしょう。ロマンポルノの助監督時代に、曽根組の現場を経験された方なので、その可能性は充分あります。 
 
 奇しくも来月の9日は相米監督の命日で、亡くなってからちょうど10年。秋にはフィルメックスで、全作品が上映される予定です。そしてそういう時期に、曽根監督が久方ぶりに、公の場に登場することになり。
 きっと単なる偶然なのでしょう。しかし私は、(以前チラッと書いたように)相米監督と少し面識があったせいか、やや感傷的な気持ちで、それらのことを勝手に結び付けたくなります。

 いずれにせよ、曽根監督がご健在だったことは、本当に喜ばしい限り。いろいろと難しいでしょうが、もし可能なら新作を撮っていただきたいです。そしてその際には、もちろん影山さんをキャスティングしてくださいっ。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク