50周年記念特集のパート1

 前の記事に書いた、銀座シネパトスの「2011年ピンク映画傑作選」、先週行ってきました。観たのは『女真剣師 色仕掛け乱れ指』と、『色恋沙汰貞子の冒険 私の愛した性具たちよ…』。両方とも、ちょっと引っかかる部分はありつつも、かなり面白かったです。
 
 そして同劇場では現在、「<ピンク映画50周年記念 特集上映> PINK FILM CHRONICLE 1962-2012」の「Part1」が開催されています。詳しくは、公式サイトをどうぞ→http://www.humax-cinema.co.jp/cinema/special/meigaza/2012pink.html

上記の公式サイトでは、下の方に小さい字で書いてあるだけなので分かりにくいのですが、この特集上映には「Part1(5月18日~7月9日)」と「Part2(7月下旬~)」があって、現時点では「Part1」の詳細しか発表されていません。

 
 というわけで、「Part1」の上映作品の中で、このブログにレビュー記事が載っているものを並べておきます。
『菊池エリ 巨乳』(原題:あるヌードモデルとマネージャーの不慣れな恋の物語)
『味見したい人妻たち』(押入れ)
『悩殺若女将 色っぽい腰つき』(恋味うどん)
『痴漢電車 びんかん指先案内人』(ヒロ子とヒロシ)
『男痕 THE MAN』については短い紹介記事があります。

 他にも、既に観ている作品は色々あるのですが、どれもかなり前に観たものなので、今ここで感想などを書くのは控えておきます。と言いつつ、ひとつだけ。

■『トーキョー×エロティカ』(監督:瀬々敬久)‥‥瀬々監督のピンク映画には、妙に観念的な作品と、そうでない作品があって、私は基本的に前者は苦手、後者は好き。この『トーキョー×エロティカ』はかなり観念的なので、やはり苦手なのですが、それでもなぜか印象に残っています。特に、役者さんたちの姿。
 で、役者さんといえば、川瀬陽太。前々回の記事で、「『サウダーヂ』を観て川瀬さんのファンになった方には、彼のピンク映画も観てほしい」というようなことを書きましたが、そういうファン初心者(?)の方は、この作品をご覧になるといいかも。
 上記サイトの作品データにお名前が無いものの、川瀬さん、わりとメインの役で出演されてるんですよ~。しかも『サウダーヂ』の時とは、ぜんっぜん雰囲気が違います。怖くてエロい。なんというか、黒いフェロモンが出ていた(ような気がする)。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク