『長江哀歌(ちょうこうエレジー)』

2006年 中国 監督・脚本:ジャ・ジャンクー 出演:チャオ・タオ、ハン・サンミン
公式サイト→http://www.bitters.co.jp/choukou/

 『プラットホーム』『世界』などの作品が、主にヨーロッパで高く評価されてきたジャ・ジャンクー監督の新作。ベネチア映画祭で金獅子賞グランプリを受賞しています。ちなみに『長江哀歌』というのは邦題で、元のタイトルは『三峡好人』(「三峡の善人」という意味)。現代中国の経済成長を象徴する、巨大な「三峡ダム」の建設地が舞台になっています。
 
 大河・長江の景勝地、三峡。そのほとりにある奉節は二千年の歴史を持つ古都ですが、ダム建設のため短期間で破壊され水没しようとしています。
 サンミンは16年前に別れた妻子との再会を夢見て、山西省からこの地にやってきました。シェン・ホンは2年間も音信不通の夫を探しに、やはり山西省からやってきました。サンミンは解体現場で働きながら、シェン・ホンは現地の友人と歩き回りながら、それぞれに尋ね人を探すのですが‥‥。

 ジャ・ジャンクー監督の作品は、ストーリーの起伏でグイグイ引っ張っていくタイプの映画ではありません。いつもストーリーはシンプルで、台詞は少なく、間(ま)が長い。つまり、その場その場の空気や雰囲気をじっくり描いていくタイプの映画です。今回はそういう描写が、大河のほとりの壮大な風景の中で展開していきます。

※ここから先は画質や撮影などについて述べています。興味のある方はお読みください。
 
 今回私は作品を観ながら、「惜しい‥‥」と心の中で呟いていました。何が惜しいのかというと、画質です。
 この映画は、デジタルビデオカメラで撮影して35mmプリントに変換したものを上映しているとのことで、そのせいだと思うのですが、質感や発色が今ひとつなのです。言葉で説明するのは難しいのですが、フィルム撮影に比べると、映像がやや平面的だったり、屋外の陽光が当たっている部分がちょっと白すぎたり、そういう細かいことがいくつか気になりました。
 
 ただ私は、「映画は絶対にフィルムで撮るべきだ」と主張したいわけではありません。制作事情や演出意図によっては、ビデオ撮りでもOKだと思っているからです。
 この『長江哀歌』にしても、実際に三峡ダム建設中の地域で撮影が行われたので、足場が悪かったり移動が多かったりという状況の中、比較的小さくて軽量なビデオカメラでないと作業しづらかったのでしょう(フィルム用のカメラはデカくて重くて機動性には欠ける)。
 しかし。作品内容という点で考えると、こういう壮大な風景をじっくり捉えたカットが多い映画は、やはりフィルム撮りの方が合っていると思うのです。映像に奥行きが出るし、光と闇がそれぞれきちんと写るし。う~~、難しいですねえ。
 
 そういえば以前、黒沢清監督の『LOFT』(2005)という映画を観たとき、その画質から推測してフィルム撮りだろうと思っていたら後でビデオ撮りと知り少々驚いた‥‥ということがありました。まあ私に判別能力が無いせいなのかもしれませんが、でも他にもそういうことを書いている方を何人か見かけたので、やはりフィルム風の画質になっていたのだと思います。
 
 そこで、『長江哀歌』と『LOFT』の資料(撮影現場の写真など)を見てみました。すると、この2作品は同じビデオ撮りといっても、使用されているカメラがかなり違うということが分かりました。『長江‥』は、非常に小さくて手持ちで撮影できるタイプのカメラだけを使っています。それに対して『LOFT』は、三脚に据え付けた大型カメラと手持ちできる小型カメラの2台を使っていて、メインは大型の方だったそうです。
 また、『長江‥』は解体や建設をしている地域での撮影、しかも現地のエキストラ(撮影に慣れていない人)が参加し、周囲に大勢の見物人も居たので、現場が非常に混乱していたとか。つまり、時間をかけて照明のセッティングをしている余裕が無かったのでしょう。しかし『LOFT』の場合は、主に人里離れた山奥での撮影、しかも少人数の経験豊富な俳優だけが参加していたので、特別な混乱など無く丁寧に照明のセッティングが出来た模様。
 
 このように、ひと口にビデオ撮りといっても、制作事情によってカメラの機種も照明にかけられる時間も違うわけで、それによって最終的な画質も違ってくるんですよね。当たり前のことなのですが、改めてよく分りました。
 (なお、ビデオ撮りの画質は撮影や照明だけでなく、プリントへの変換の仕方や上映方法によっても違ってくるので、本当はもう少し複雑なのですが、そのあたりは省略します。)
 
 でも結局、画質云々というのはかなり主観的な問題であって、「『長江哀歌』の画質だって充分素晴らしいよ~」と思う方もいるでしょう。つまり、これは私の個人的な呟きです。はい。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク