『熟れすぎた乳房 人妻』

1973年 監督:曽根中生 脚本:桂千穂 出演:宮下順子、白川和子、相川圭子、長弘、影山英俊、小見山玉樹、永井鷹男、堺美紀子

 前の記事で紹介した特集上映「ソネ・ラビリンス」。結局、『熟れすぎた乳房 人妻』と『赤い暴行』しか行けなかったのですが、両方とも面白かったし、それぞれのトークショーも観ることができたので、かなり満足しています。
 では、まず『熟れすぎた~』について。

 三姉妹の二女であるヒロイン(宮下順子)は、性的に奔放な姉(白川和子)と妹(相川圭子)に説教するような貞淑な人妻だが、やがて彼女に変化が‥‥という、大筋としてはありがちな内容。しかし細かい描写や台詞・エピソードなどが凝っていて面白く、作品自体は、ありがちではないものに仕上がっています。

 例えばこの台詞。夫ではない若い男(影山英俊)を実家に連れてきた二女に対し、母(堺美紀子)が言う。「好きな男とやりたいことをやらないと、後悔するわよ。ま、やっても後悔するけどね」。
 前半だけなら凡庸ですが、後半が効いています。やってもやらなくても後悔する、正解は無い、自分で考えて決めなさい‥‥ということでしょうか。
 母はチラッとしか登場しないのですが、このセリフだけで、彼女の性格や娘たちとの関係など、いろいろなことが分かります。

 そしてその直後、母は気を利かして外出するのですが、その場面で唐突に、『○○○○』(タイトルはひらがな4文字、有名な歌謡曲)が大音量で流れます。ビックリ。「えっ、なんでこの曲?」というような選曲なのです。
 しかし、母自身もその曲を口ずさんでいるのを聴いていると、なんとなくこの選曲の意図が分かるような気も。というか、「お母さん、もしかして昔○○○○と何かあったの?!」って思ったりして。や、考えすぎかもしれませんが。

 あと印象に残っているのは‥‥靴べら。玄関で夫(長弘)が靴をはく際にヒロインが靴べらを渡す、という描写が、たしか2回あるのですが、渡し方や受け取り方に、夫婦のその時の心情が表れているのです。
 これを観てすぐに連想したのが、城定秀夫監督のピンク映画『人妻セカンドバージン 私を襲って下さい』(2013)。似た描写が出てきます。というよりも、『熟れすぎた~』の靴べら描写をバージョンアップ(?)した感じ。内容的に、増幅・発展させたものになっています。
 
 まあ単なる偶然なのかもしれませんが、城定監督は学生時代に、ピンクのみならずロマンポルノも熱心に観てらっしゃったようなので、おそらくこの『熟れすぎた~』の影響なのではないかと。夫の人物造形なども、ちょっと似ているし。

 なお、『人妻セカンドバージン~』は『人妻』というタイトルで、『熟れすぎた~』は同タイトルで、それぞれDVD化されています。興味のある方は、観比べてみてください。
 (いやまあ本音を言えば、この2本、どこかの劇場で一緒に上映すればいいのに‥と夢想してるんですけどね。)

 最後にキャストについて。どの俳優さんも良かったんですが、特に面白かったのは、影山英俊さん。前にお会いしたことがあるのでつい注目してしまった‥というのもあるけど、それだけじゃない。
 長身の美青年なのに性格がマヌケっぽくて未だ童貞、というやや複雑なキャラを、コミカルにうまく演じてらっしゃいます。おみごと!
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク