『追悼のざわめき』(デジタルリマスター版)

1988年(オリジナル版)・2007年(デジタルリマスター版) 日本 監督・脚本:松井良彦 出演:佐野和宏、仲井まみ子、隈井士門、村田友紀子、大須賀勇、日野利彦、白藤茜、皆渡静男
公式サイト→http://www.tsuitounozawameki.net/

 長い間、タイミングが合わず見逃していた『追悼のざわめき』。先日やっと観ることができました。しかも今回の上映はデジタルリマスター版。
 オリジナル版は資金的な事情などで微細な音の表現が出来ず、それを悔いていたスタッフの方たちが、現代のデジタル技術で音響をリマスターしたそうです。映像も、ニュープリントをハイビジョンでリマスターしたもの。
 
 さて、初公開時から賛否両論を巻き起こし、さまざまな伝説を持つこの映画。熱狂的な支持者がいる一方、あからさまに拒否反応を示す人もいる‥‥という話は、昔から読んだり聞いたりしています。実際に今回の上映中にも、途中で席を立って出て行った人がいました。

 大阪市南部。廃墟ビルの屋上で暮らす孤独な青年・誠は、「菜穂子」と名付けたマネキンを愛し、殺した女性たちから奪った生殖器を菜穂子に埋め込んでいました。街では、傷痍軍人や浮浪者が彷徨っています。
 やがて菜穂子に不思議な生命が宿り始め、誠は、小人症の兄妹が経営する下水道清掃会社で働き始めます。そして菜穂子のいる廃墟ビルには、浮浪者や、2人だけの世界で生きている幼い兄妹が訪れるようになるのですが‥‥。
 
 この映画を紹介するために、こうしてあらすじを文章で書き連ねても、あまり意味はありません。ストーリーが論理的ではないというか、理屈だけで考えると「?」となる部分が多いからです。
 とにかく差別された人や社会から孤立した人たちが登場し、破滅へと向かう。その様子が、グロテスクな描写を含みながらも、詩的かつ幻想的に表現されている。そんな映画です。
 
 現実的な暗い題材をグロテスクに描いているにもかかわらず、詩的かつ幻想的な印象を受けるのには、いくつかの理由があります。
 まず先ほど述べたように、ストーリーが非論理的だということ。さらに全編モノクロ映像であることや、暴力シーンを場合によってはスローモーションで見せていること。そして人物をかなりの高所から俯瞰で撮るなど、日常生活で人を見る時とは違う構図を、積極的に取り入れていること。これらの要素によって、差別や暴力の描写がありながら、どこかファンタジックな映画に仕上がっているのだと思います。
 
 また、この映画には必要以上の暗さはありません。これには、主演の佐野和宏の持ち味が関係しているような気がします。私は随分前からこの俳優さんが好きで、何だかいいな~と感じていたのですが、それが何故なのか今回初めて分かりました。
 
 社会を憎み、生身の女性を憎み、猟奇的な犯罪に走る青年・誠。こういう役はキャスティングによっては、非常に陰気かつ神経質な人物像になりがちです。しかしこの映画では、そうなっていないのです。たしかに決して明るくはないのですが、湿っぽさはあまりなく、むしろカラッと乾いた感じで、妙な強靭さがあります。これは佐野和宏がもともと持っている雰囲気だと思います。彼はいい意味で、ふてぶてしい。
 
 これまで私は、彼がいろいろな役を演じている姿を観てきました。とても演技の巧い人なので幅広い役柄を的確に演じているのですが、どんな役でも陰湿さや惨めさは、あまりありません。
 例えば、女池充監督の『ぶ~やん(ハレンチ・ファミリー 寝ワザで一発)』(2002年)というピンク映画で彼は、仕事が全然うまくいかない上に妻を若い男に寝取られた中年の主人公を演じているのですが、情けない敗者の雰囲気はきちんと出しつつも、湿っぽさや惨めさは無いのです。まあ、作品自体がコメディ・タッチなのでそのせいもあるのですが、逆に言うと、佐野さんが主演したからこそカラッとしたコメディになり得たのだと思います。

 ちなみに佐野和宏の顔は、佐藤慶に似ています(これは私だけが勝手に思っているわけではなく、いろんな方が指摘していることです)。そして佐藤慶に似合う役柄といえば、ちょっと冷ややかで何を考えているのか分からないような人物。そういう顔なのです。で、佐野和宏も、そのタイプの顔なのです。
 さらに、体型。この『追悼のざわめき』でも、そして佐野さんの主な活躍の場であるピンク映画でも、裸のシーンが多いのでよく観察できるのですが、彼はけっこう筋肉質です。特に脚にしっかりと筋肉が付いていて、安定感があります。そのため裸だろうと着衣だろうと、根本的に力強い印象を受けます。

 『追悼のざわめき』には、主人公の誠が執拗かつ激しい暴力を受けるシーンが何度か出てくるのですが、そこでも惨めさはあまりありません。もちろん監督の演出も関係しているのですが、やはり佐野さんの持つ冷ややかな強さが、そうさせているような気がします。差別されたり虐待されたりしても、それをある程度受け入れ、「ま、こんなもんだよな」と自らを冷めた目で見ている感じ。社会を憎悪しつつも、憎悪の塊にはならず、どこかで少し達観しているというか。
 例えば、若き日の下元史朗や本間優二がこの役を演じていたら、もう少し神経質な主人公に、そして映画になっていたはずです。もちろん、それはそれでまた別の味わいがあるのですが、やや暗すぎるというか、湿りすぎな感じがします。佐野さんが主演したことで、映画にカラッとした「ふてぶてしさ」が加わり、バランスが良くなっているのだと思います。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク