追悼 蟹江敬三さん

                 CCF20140413RE.png

 先月末に、蟹江敬三さんが亡くなりました。
 
 蟹江さんといえば。20年くらい前、蟹江さんの出演作の記者会見に行く機会があったのですが、そこでの彼のある発言(というよりも発言の仕方)が、今でも心に残っています。
 こんな感じの、やりとりでした。

記者 「今まで演じた役の中で、いちばん好きな役はどれですか?」
蟹江さん 「『十九歳の地図』という映画で演じた役です」(まったく迷わず即答!)

 普通、俳優さんはこの手の質問に対して、やや曖昧な答え方をするものです。やはりまあ、「特定の役柄(作品)だけをハッキリ挙げてしまうと、他の作品の関係者に悪い」という配慮もあるのでしょう。
 もちろん配慮も大事ですが、それでも私は、蟹江さんの、ものすご~くハッキリした答え方に好感を持ちました。率直で面白い方だな、と思いました。

 そして私の中では、蟹江さんの演じた役としては、『天使のはらわた 赤い教室』の村木が最も印象深い。だから、村木を演じた時の蟹江さんのイラストを、追悼として描きました。

 なお、5月9日~15日に新橋ロマン劇場で、「追悼 蟹江敬三特集」として、蟹江さんのロマンポルノ出演作のうちの3本(『天使のはらわた 赤い教室』『犯す!』『花芯の刺青 熟れた壺』)が、上映されるとのこと。
 私は、去年「ソネ・ラビリンス」で『赤い教室』が上映された時に行けなかったので、今回は行きたいな~と思っております。

※新橋文化・ロマン劇場の公式サイトhttp://shinbashibunka.com/index.shtml
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク