『人が人を愛することのどうしようもなさ』

2007年 日本 監督・脚本:石井隆 出演:喜多嶋舞、津田寛治、永島敏行、竹中直人
公式サイト→http://hito-hito.jp/

 前に「石井隆の映画はかなり好き」というようなことを書きましたが、実はここ10年ほど、石井監督の新作をちゃんと観ていませんでした。何というか、企画の方向性に変化が生じているような気がしたのです。彼のように確固とした自分の世界を構築している監督の場合、本人がゼロから考えた企画の方が合っていると思うのですが、どうもそうではない方向に行っているようで、今ひとつ観る意欲が湧かなかったのです。
 しかし今回は設定やキャスティングが「石井隆の匂い」を放っていたので、久しぶりに観たくなりました。結果的に、観て大正解。私のように昔の石井映画が好きな方には、強くお薦めします。

 アイドル歌手としてデビューし、人気女優にまで登りつめた土屋名美。しかし彼女は私生活で問題を抱えていました。同じく俳優である夫・洋介との関係が冷え切っていたのです。彼はすさんだ生活を送り、愛人である若手女優との情事に耽っていました。
 そんな折、雑誌編集者の葛城が名美にロング・インタビューを試みます。現在撮影中の新作映画『レフトアローン』について語る名美。この映画は、名美と洋介が夫婦役で共演、しかも洋介の愛人まで出演というスキャンダラスな配役がマスコミの注目を集め、名美のマネージャー・岡野はその対策に奔走していました。
 名美はさらに、映画の内容について詳しい解説を始めます。まずヒロインの鏡子は女優で、『ブラック・バード』『愛の行方』という2本の映画に主演するということ。つまり、映画の中の映画。さらに鏡子は私生活で、俳優である夫の不倫や言葉の暴力によって傷つき、自ら娼婦となって客相手に激しい性行為を繰り広げる、ということ。名美は葛城に向かって、なおも熱心に映画の解説を続けます。ところが‥‥。

 何だか、ややこしいストーリーですよね。私も観ている間そう思っていました、途中までは。それに石井映画ならではの緊張感がやや足りないような気がしていました、途中までは。そうです。後半、だんだん作品の構造が明らかになってくると、登場人物の心理や運命が鮮やかに迫ってくるのです。
 もちろんこの「迫ってくる感じ」は、ストーリー展開だけによるものではありません。それを具現化する演技・演出・スタッフワークあってのものです。

 まず、主演の喜多嶋舞。名美というのは石井隆が描き続けている伝説的なヒロインで、今までいろいろな女優が演じているのですが、今回彼女も堂々とその仲間入りを果たしました。特にハードなシーンを演じる時、「頑張って挑戦している」ではなく、「ここでこうするのは当然」という感じで演じているのが良かったです。その方が観客は映画の世界に入っていきやすいのです。
 
 さらに、津田寛治。彼は名美のマネージャー・岡野を演じています。この役、前半は出番が少なく、しかもストーリー上あまり重要でないように見えるのですが、しかし後半、この役が、そして津田寛治がとてつもなく重要な存在だったことが分かります。津田氏はなかなか整った顔立ちで中肉中背、しかも今回途中までは控えめな演技をしているので印象が薄いのですが、終盤では一転してググッと迫力のある演技を見せ、映画を飛躍させています。
 ちなみに岡野の年齢は40歳という設定で、津田氏の実年齢もそれくらいなのですが、彼は基本的に顔が若いためメイクや演技によっては20代に見えるので、今回その特徴を生かし、回想シーンで「25歳の岡野」を違和感なく演じています。

 次に書いておきたいのは、音楽のこと。鏡子も名美と同じアイドル歌手出身という設定で、「鏡子がアイドル時代の曲を歌う」というシーンがあるのですが、この曲のメロディーがいかにも昔のアイドル・ポップスという感じで、しかも哀愁が漂っていて、妙にイイのです。映画の最後にインストゥルメンタルとして流れるので、よけいにそう感じたのかもしれません。
 実はこの映画を観てからというもの、私の頭の中で、時々このメロディーが勝手に流れます。誰が作曲したのかハッキリとは分からないのですが、たぶん映画自体の音楽(劇伴)を担当した安川午朗氏だと思います。

 そして映像。今回はビデオ撮りだそうですが、色も質感もフィルム撮りのように深いです。夜間やセット内での撮影が殆ど、つまり自然光(陽光)が当たるシーンが殆ど無く、光のコントロールがしやすかったそうですが、それにしてもこの繊細な映像は素晴らしいです。色や質感だけでなく、例えば画面の隅の方に波が揺らめいているような照明が当たっているシーンがあって、それがヒロインの心理描写になっていたりとか。
 こういう発想は、やはりもともと劇画家である石井監督のセンスだと思うのですが、それを画面上に実現するスタッフの方たちの技術と熱意に敬服します(撮影は佐々木原保志氏と寺田緑郎氏、照明は牛場賢二氏)。
 ただ残念なことに、私が観た映画館はスクリーンが小さかったので、充分に映像を堪能することができませんでした。今後スクリーンが大きめの映画館で上映される場合は、ぜひまた観に行こうと思います。

 何だかこの映画を延々と褒めてきましたが、ひとつだけ文句をつけておきます。ちょっと長すぎます。先ほど書いたように、作品の構造が見えてくるまではやや緊張感に欠けるので、その部分をもう少し編集で短くして、タイトな展開にした方がいいと思います。

 最後に。石井隆の作品では、常に女性の弱さも強さも大袈裟に描かれています(この映画の名美の行動もかなり極端ですし)。実は私、本来その種の作品は苦手なのです。しかし何故か、石井氏の映画には昔から惹かれるのです。
 理由は多分、彼に自覚があるからだと思います。つまり、「これは現実の女性とは少し違う、自分の中にある女性像なのだ」ということを分かった上で創作活動をしているのではないかと。だからこそ自分が創り上げたヒロインに、必ずと言っていいほど「名美」という決まった名前を付けているのではないでしょうか。つまり彼のヒロインたちは一般に言うところの「女性」ではなく、「名美」という種類の生き物なのだと、私は勝手に解釈しています。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク