『劇場版 レイプゾンビ LUST OF THE DEAD 新たなる絶望』 

             CCF20140814.png

2014年  監督・脚本・出演:友松直之  出演:めぐり、ももは、中沢健、貴山侑哉、あいかわ優衣、亜紗美、あん、希咲あや、若林美保 ほか
公式サイト→http://lust-of-the-dead.wix.com/official
8月9日~15日、池袋シネマロサにて1週間限定レイトショー

第1作目にエキストラで参加させていただいた『レイプゾンビ』シリーズが今回、完結ということで、初日に劇場で観てきました。これで全作品、制覇。

エログロ、アクション、派手なCGや特殊メイク(造型)、そして友松監督お得意の「うんちく」や「極端な主張」。
これらすべてがギュウギュウに詰まったまま、あっちこっち飛び回っているようなこのシリーズ、一体どうやって、どこに着地するのかと思いきや。

なんと‥‥大林監督の、あの映画の世界に到達しておりました。
とにかく最終的なタイムリープのシーンが、あの映画のパクリ‥‥いやパロディ‥‥いや「オマージュを捧げている」って言うんですか? まあ、そんな感じです。

そこから始まる「高校の放課後」のシーンは、学生役の俳優さんたちの平均年齢が高めなこともあって、ビジュアル的には学園コントみたいなんですけど、内容的にはけっこうシリアス。
監督の高校時代の実体験も織り交ぜつつ、このシリーズの根源的な部分に迫っております。

今回、主演女優・めぐりの熱演と巨乳も印象深かったし、もちろんエログロはじめ色んな要素が盛りだくさんでしたが、結局いちばん心に残ったのは、「友松監督の分身」ともいえる役を演じた中沢健の、学生服姿。
というわけで今回は、中沢氏のイラストを描きました~。

友松監督の外見をご存じない方のために書いておくと、分身といっても、監督と中沢氏は、外見的には全然、似ていません。なお監督は、今回の作品に出演していますよ(アキバ帝国のシーン、上半身裸で演説‥というか吠えている人)。
プロフィール

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク