『そんな無茶な!』

2007年 日本 プロデュース:佐藤佐吉 公式サイト→http://www.sonnamuchana.com/

 脚本家・俳優・監督として多彩に活動する佐藤佐吉氏がプロデュースしたオムニバス映画。昨今流行の「泣ける映画」に対抗した「無茶な映画」というコンセプトのもと、4人の監督が自ら発想した企画に挑んでいます。


『彼女が歌う理由』 構成・編集・監督:本田隆一
 
 「新宿ゴールデン街に現れるという“女性全裸歌手”の姿をカメラに収めようと奔走するドキュメンタリー」ということになっていますが、観た感じではフェイク・ドキュっぽいです。もちろん、フェイクだろうと何だろうと面白ければいいんです。で、どうだったかというと、面白い要素とそうでない要素が混在していたような。
 全裸歌手の不可解なキャラは面白かったです。不可解といってもいわゆる「不思議ちゃん」ではなく、かなり無愛想というのも新鮮でした。ただ、彼女と他者との噛み合わない会話を延々と撮ったシーンが幾つもあって、ちょっとクドい感じがしました。会話のシーンはもう少し短くして、そのぶん動きのあるシーンを増やした方がいいと思います。
                                

『おばあちゃんキス』 監督・脚本:井口昇 出演:戸山貞子、山本緑、田嶋和江、岸健太郎、デモ田中
 
 おばあちゃん同士の恋をファンタジックかつエロティックに描いた恋愛映画。ご高齢の女優さんたちがキスシーンを演じるというのは観る前から知っていましたが、キスの回数があまりにも多いのでビックリしました。たぶん合計100回くらい、ブチュブチュ~。こんな映画、世界じゅう探しても他に無いと思います。おばあちゃんたちが筋肉ムキムキになって格闘技をしたり、真っ赤な衣装で踊ったりするシーンでは、心地よい眩暈が‥‥。
 ちなみにこの映画には、「おじいちゃん」は登場しません。凡人(私)の発想だと、1人くらいちょっとした色男が出てきて、おばあちゃん同士の関係に割り込んで‥‥となるのですが、まったくそういう展開にはなりません。もう完全に乙女だけの世界。井口監督の理想郷なのでしょうか。


『東京ゾンビ外伝』 監督・脚本・出演:花くま ゆうさく 出演:村田卓実、志賀廣太郎、中村靖日
 
 かつて佐藤佐吉氏が監督した映画『東京ゾンビ』を、原作者の監督・主演でリメイク。ちなみに私、佐藤監督の方は未見です。さてこの『外伝』、作品そのものとは別の面で興味をかき立てられたことがあるので、それについて書かせていただきます。
 今回の映画で私は、花くま ゆうさく氏のお顔を初めて見ました。何というか、イメージしていたのと全然違いました。彼の描くマンガやイラストから、一風変わった容貌の男性を想像していたのですが、完全にハズレ。なかなかの二枚目なのです。ちょっとビックリ。こういう顔で生きてきた人が、何故ああいう変な容貌のダメ人間ばかり描くようになったのでしょうか。
 例えば杉作J太郎氏なら、ご本人の姿をパッと見ただけで、何故ああいうボッテリしたダメ人間ばかり描くようになったのか、なんとなく分かります(失礼!)。でも花くま氏は‥‥謎です。花くまさん、ぜひ今度は自伝映画を作って、そのあたりの経緯を詳しく教えてください。もちろん、また監督&主演で。


『アブコヤワ』 構成・演出・編集:真利子哲也 編集:松江哲明 
 
 『そんな無茶な!』の製作費は、監督1人につき100万円。それを全額宝くじ購入にあてたことから巻き起こる家族と監督本人の葛藤・苦悩を描いたセルフドキュメンタリーです。この「葛藤・苦悩」という言葉はチラシにも書かれているし、実際そういう内容なのですが、まず私はこのことに違和感を覚えました。
 ご家族が葛藤し苦悩されるのは分かります。でも監督本人は、この企画を自分で考えて「やりたい」と申し出たわけですよね。そうである以上、自分の葛藤や苦悩については、もう少し批評的に(ツッコミを入れるとかしながら)表現してほしいです。この監督、妙に堂々と苦悩しまくっているので、観ていて「なんだかなあ」と思いました。それとも、ワザとそういう風にしてるんですか? 
 そして問題のラスト・シークエンス。これに関しては、スタッフの方々がブログに「驚愕」「衝撃」と書いていて、それを読んでいたせいかもしれませんが、私はあまりビックリしませんでした。

※ ここより先は結末にかなり触れています。ネタばれOKな方だけお読みください。
 
 ラストで監督は、宝くじであてたお金(お札)に対して、あることを行います。それはいわゆる「お金を粗末にする」行為。具体的に書くのは控えますが、かなりストレートでシンプル、なおかつ肉体的な苦痛や危険を伴わない行為です。まるでお札を恨んでいるというか、罰しているように見えました。お札には何の罪も無いと思いますけど。 
 それと、(賛成はできませんが)どうしても粗末にしたいのなら、せめてもう少し工夫すればいいのに‥‥とも思いました。例えば、「お札を燃やして、それを使って煙草に火をつける」というのはどうでしょうか。
 何故こんな発想をしたかというと、作品の中で、監督が煙草を吸っている姿が出てきたからです。あともうひとつ、少し前に観た映画『長江哀歌』で、「チョウ・ユンファに憧れているヤクザっぽい青年が、『男たちの挽歌』のユンファを真似て、燃やしたお札(紙切れ?)で煙草に火をつける」というシーンがあったので、そこからの連想です。ってゆうか、そのまんまですね。
 でも、今回はお札の枚数がわりと多いので、ユンファやヤクザ青年の時よりも派手に燃えるだろうし、きっといい絵が撮れますよ。それにこの方法なら、軽いヤケドをする危険もあるので、少しは自分でリスクを負うことにもなりますし。

追記(10月4日)
(これを書くと話がややこしくなるので最初は控えていたのですが、やっぱり書いておきます。)
ちなみにこのラスト・シークエンス、たしか途中で何度かカットを割っていたし、画面にお札が映っていないカットもあったので、実際に全ての行為を本物のお札でやっているかどうかは不明です。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク