『しゃべれども しゃべれども』

2007年 日本 監督:平山秀幸 脚本:奥寺佐渡子 出演:国分太一、香里奈、森永悠希、松重豊、八千草薫、伊東四朗

 先週、上映会にて鑑賞。東京の下町を舞台にした、若い落語家が主人公の映画です。私は落語に対して特別な関心は無く、ラジオの演芸番組で時々聴くくらいなのですが、最近キッカケがあって落語に関することを少し考えていたところ、ちょうどこの映画の上映会があることを知り、不思議な縁を感じつつ観に行った次第。
 
 二つ目の落語家である今昔亭三つ葉は、どうにも伸び悩んでいます。古典を愛し地道に稽古を重ねるも、真打にはほど遠い状況。そんな三つ葉が、ひょんなことから自宅で「話し方教室」を始めます。
 生徒は、大阪から引っ越してきて学校に馴染めない男子小学生、無口で無愛想な若い美女、喋りが下手な野球解説者。三つ葉は3人を指導しながら、自らも一門会に向けての稽古を始めます。最初のうちは教室も稽古も上手くいかず困り果てる三つ葉でしたが、生徒たちとの関わりを通じて、現状に少しずつ変化が‥‥。

 観た時は、「なんだかアッサリした映画だなあ」と思いました。例えば、三つ葉も生徒たちも皆悩みを抱えているのですが、それらはあまり深く描かれず、事情や背景も今ひとつ不明だったりします。そんな具合に全てが薄めの描写で、サラッと流れていく感じ。
 しかし少し時間がたってみると、「待てよ、これって、映画自体が落語の味わいを狙っているのかも」と思い直しました。ずっしり重い感慨よりも、軽妙洒脱な楽しさとほのぼのした雰囲気を優先した作り。そう考えると非常に納得がいきます。
 
 また私は以前、この映画と同じく奥寺佐渡子氏が脚本を担当した『怪談』についても「サラッとしすぎ」と書きましたが、『怪談』の場合は恐怖や性愛を描いているからそう感じるのであって、今回のような内容の場合、サラッと流す方が合っているのかもしれません。

 ところでこの映画、登場人物たちが高座で落語を披露するシーンは、どれも噺の途中を省略したりして短くまとめてあります。これ自体は仕方ないですよね。ひとつの噺の所要時間が30分とか40分とかなので、それぞれを全部見せていると、上映時間がとんでもなく長くなってしまうし、映画の全体的なバランスも崩れてしまいますから。
 
 ただ、一門会での三つ葉の落語だけは、もう少し長く見せてほしかったです。それまで三つ葉は師匠を敬愛するあまり、師匠の真似をして劣化コピーのような芸しかできなかったのが、ここで初めて自分の味を出せるようになります。単に巧くなったのではなく、「噺を自分のものにした」という状態なので、観客としてはなるべく長く味わって、それまでとの違いを充分に感じ取りたかったです。
 またこのシーンは、映画全体の中でクライマックスにあたる部分なので、他の落語シーンよりも際立って長くした方が、メリハリがあっていいのではないでしょうか。

 俳優さんたちは皆、ハマり役で好演。特に松重豊は、「元プロ野球選手で今は解説者、普段は毒舌なのに仕事となると何も喋れない」という面白いキャラクターにうまく馴染んでいます。
 考えてみると、彼のように40代以上で背が高くていかつい顔立ちの俳優さんには、「不器用な元スポーツ選手」という役はぴったりですよね。スポーツ選手の中には引退した後、解説やタレント業などを器用にこなせる人も居ますが、そうでない人も居るわけで、後者の屈折を松重氏のような役者さんが演じると実に説得力があるよなあ~と感心しました。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク