『ラッキー・ガイ』

1998年 香港 監督・脚本:リー・リクチー 出演:チャウ・シンチー、エリック・コット、ダニエル・チャン、サミー・チェン、スー・チー、ン・マンタ、サンドラ・ン 
(劇場未公開・DVDあり)

 ケーブルTVで放映された際に友人がビデオ録画してくれたものを鑑賞。エッグタルトが名物の飲茶店を舞台に、その店の従業員や店主の息子など、さまざまな人々の恋模様を描いたドタバタ・コメディです。
 
 主演はチャウ・シンチー。監督・脚本は、『0061/北京より愛をこめて?!』『食神』『喜劇王』『少林サッカー』など、多くのシンチー主演作を撮っているリー・リクチー。そしてプロデューサーは、香港バカ映画の帝王=バリー・ウォン。この3人が揃っているということは、すなわち「この映画はコテコテの喜劇である」ということを意味しています。実際、むさくるしいオッサンが女装姿で登場したり、かわいい女優さんがわざわざ変なコスプレをしたり、セリフの中にダジャレや下ネタが混じっていたりと、下品で垢抜けない笑いが満載(←褒めてます)。
 
 ちなみにシンチー主演といっても、作品内容が群像劇風なので、彼の単独主演ではありません。エリック・コット、ン・マンタなどいい味出してるメインの役者さんがたくさん居て、シンチーはその中の1人です。 

 さて、上の段落でなぜ「群像劇」ではなく「群像劇“風”」などと曖昧な表現をしたのかというと。この作品、「群像劇」と呼ぶには、ちょっと構成が散漫。いろんなカップルのエピソードが同時進行していくのですが、それらが大して絡み合うわけでもなく、てんでバラバラに描かれるのです。しかも最後にいきなり全てのカップルが、同じ場所で同じ結末を迎えます。強引ですねー。 
  
 しかし考えようによっては、この強引な展開自体がギャグなのかもしれません。バラバラに進んでいた事柄が急に都合よくひとつにまとまる、その不自然さもまたギャグ。まあ作り手側がそういう効果を狙ったかどうか分かりませんが、どっちにしても、この手のコテコテ喜劇は、欠点に見える部分もギャグだと捉えた方が楽しめるというものです。

 私は基本的にチャウ・シンチーやバリー・ウォンが関わっている映画が好きなのですが、それは多分、この垢抜けないセンスや強引な部分に惹かれるからでしょう。もちろん洗練された映画にも魅力を感じますが、でも、世の中からコテコテの映画が無くなって洗練された映画だらけになってしまったら、つまらないと思うのです。だってそれって、大阪のオバチャンたちが変なヒョウ柄の服とか着なくなって全員お洒落になってしまう、そんな感じですよ(ちょっと違う?)。
 大阪、で思い出したことがあるのですが、それは音楽に関する話題なので、引き続き別の記事として書くことにします。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク