『どこに行くの?』

2007年 日本 監督・脚本:松井良彦 出演:柏原収史、あんず、朱源実、村松恭子、三浦誠己、佐野和宏     
現在上映中、詳しくは→http://dokoniikuno.com/

 私にとって松井良彦監督は、「あの『追悼のざわめき』を創った人」であるとともに、「昔から佐野和宏と組んでいる監督」。そういう目で観たせいか、この映画での、佐野氏扮する福田という登場人物の描き方がどうも気になってしまいました。

 鋳物工場で働く青年・アキラ(柏原収史)は、父親代わりでもある工場長の木下(朱源実)から長年にわたる性的虐待を受けつつ、孤独な生活を送っています。昼は工員として黙々ときつい労働に耐え、夜は男娼として初老の刑事・福田(佐野和宏)の相手をする日々。
 あるときアキラは香里(あんず)という無口な女性と知り合い、急速に彼女に惹かれていきます。暇さえあればアキラを監視している福田は、そんな2人を見て嫉妬にかられるのでした。
 そして執拗に迫ってくる木下をアキラが殺してしまった日、アキラと香里は衝動的に結ばれます。香里が実はニューハーフであること、アキラがやむを得ず殺人を犯してしまったことなど、互いの事情を知って更に絆を深めた2人は、木下の死体を燃やして逃避行に出ます。2人だけの結婚式を挙げた彼らは、追ってくる福田をかわしてさらなる旅を続けるのですが‥‥。

 上記のあらすじでもお分かりの通り、福田は全編にわたって登場。アキラにも香里にも、何かと関わってきます。「実は福田と香里は過去に接点があった」という設定が、後半で明らかになりますし。ところがそのわりに福田は、あまり描き込まれておらず、どんな人物なのか判然としないのです。
 
 福田がアキラに異様なまでに執着していることは確かなのですが、それが単なる性的な支配欲によるものなのか、それとも少しは愛情があるのか。どうもよく分かりません。終盤、アキラと香里を追いかけてはいても特に激しく邪魔をするわけでもないので、彼なりの愛情を感じなくもないですが、かといって、特に思いやりや配慮があるわけでもなく。優しげなことを言っていても、「アキラとまた関係を持ちたい」という下心がミエミエだし。やはりどちらかというと、性的な支配欲を強く感じます。
 
 そうなると結局、福田と木下は同じようなキャラクターということになります。彼らはともにアキラの父親くらいの歳で、彼を性的な対象として扱い、彼の気持ちなど考えずに支配しようとします。演じる佐野和宏と朱源実の容貌が全く似ていないこともあり、福田と木下は表面的には別のキャラクターに見えますが、本質的にはほぼ同じ。
 つまりこの映画、メインの登場人物が4人しか居ないのに、そのうち2人が同じようなキャラなのです。結果として、作品の内容がやや薄く(浅く)なってしまったのではないでしょうか。

 いずれにしろ福田という人物は、もっと突っ込んで描いてほしかったです。彼がどのようにアキラと出会ったのか、何故アキラに異様なまでに執着するのか、本当は何をいちばん求めているのか。それらを描いていけば、自ずと福田は木下とは別の存在になるはずだし、アキラ&香里のカップルと福田の関係も、もっとスリリングで陰影の濃いものになると思います。

 何だかんだと批判的なことを書き連ねましたが、この映画について、とても面白く感じた点もあります。それは、ひとつの作品の中で、極端に対照的な要素が不思議とうまく共存していること。
 例えば殺人や死体処理の描写にはグロテスクな要素が、そして恋愛の描写には乙女チックな要素があふれていて、前者と後者が同じ世界のものとして溶け合っているのです。『追悼のざわめき』でも、暗い現実と美しい幻想という対照的な要素が溶け合っていたので、これは松井監督の持ち味なのでしょう。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク