OP映画祭り2008

 OPというのは、ピンク映画のレーベル名です。で、今週の金曜日から来週の水曜日まで(5月2日~7日)、上野オークラ劇場で「OP映画祭り2008」が開催されます。公式サイトによると、「OPを代表する9名の監督の作品を特集上映」「監督が女優を伴って全員集合する豪華舞台挨拶」など、いろいろな企画が用意されているようです。
 
 私としては、5日に竹洞哲也監督の新作『いつまでも どこまでも(不純な制服 悶えた太もも)』の上映と舞台挨拶があるので観に行きたいのですが。いくら特集上映とはいえ成人館なので、やはり行きづらいという気持ちもあります(成人館、少しは行ったことあるのですが、オークラ系はまだだし)。
 
 通常の上映ではなく、イベントや特集上映の時の上野オークラって、客層や雰囲気はどんな感じなのでしょうか? ご存知の方、よろしければ教えてください~。(左下の方にメールフォームがあります。この件以外でも何かありましたら、どうぞご遠慮なくメールください。ただしスパムやそれに類するものはお断りですよん。)

 ちなみに、本当は何日も通って全作観たいくらいです。特に山崎邦紀監督と荒木太郎監督と池島ゆたか監督の作品。でも都合によりそれはできないので残念無念。
 あと国沢実監督の舞台挨拶も、ちょっと気になります。というのも昔、ある映画館でのトークイベントで国沢監督が、「声が小さくて何を言っているのか分からないから」という理由で通訳さん(?)を介して喋っていたのを、妙に憶えているからです。あれはギャグだったのか、何だったのか‥‥今でもああいうことをしているのか‥‥少しばかり興味があります。

※追記‥‥結局5日だけ行きました。この記事の直後に、2回にわたってレポートを書いてます。これこれです。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク