『現代ポルノ伝 先天性淫婦』

1971年 日本 監督・脚本:鈴木則文 脚本:掛札昌裕 出演:池玲子、三原葉子、宮内洋、小池朝雄、北村英三、遠藤辰雄、渡辺文雄、サンドラ・ジュリアン 

 前の記事に書いた『伊賀野カバ丸』と2本立てで鑑賞。なかなか強烈で面白かったです。こちらはカバ丸と違い全くの初見で、しかもあまり予備知識を入れずに観たせいもあり、軽い衝撃を受けました。特に強烈だったのは、サンドラ・ジュリアン出演部分。
 
 この映画、基本的には「若く妖艶な女・由紀(池玲子)が、母(三原葉子)と自分を陥れた富豪の松村(遠藤辰雄)たちに復讐する」というストーリー。さらに松村の息子・洋一郎(宮内洋)と由紀が偶然出会って、互いの事情を知らないまま惹かれ合い‥‥という恋愛物語が絡みます。
 サンドラが演じるのは、洋一郎の元恋人・サンドラ(芸名がそのまま役名になっている)。そしてこのサンドラの描写が、ものすごく唐突なのです。

 まず由紀と洋一郎が出会って親しくなっていく過程では、洋一郎のプロフィールとして、建築家であることと、過去にフランスに留学していたことだけが語られます。つまりこの段階では、由紀も観客も、彼の女性関係については何も知らないのです。
 
 そしてある時、洋一郎が仕事で京都の旅館に滞在することになります。妙に高級な、一泊かなりするよな~という感じの部屋に泊まっている彼。そこへ由紀から電話が。彼女はベッドに横たわって異様に色っぽい声で、受話器に向かって語りかけています。「洋一郎さん‥‥今すぐにでも会いたいの‥‥明日京都に行くわ‥‥」。
 次の日、洋一郎の部屋に旅館の女将が現れ、客が来たことを告げます。しかもその客は「きれいな方」だと。観客としては、由紀だと思いますよねえ。ところが洋一郎が玄関に出てみると、そこに立っているのは、なんと白人女性。彼らは互いの名を呼び合います。「よーいちろーさん!」「サンドラ!」
 
 それから2人は手なんかつないじゃったりして、楽しそうに京都の観光地を巡ります。で、2人の会話によって、彼らはパリ大学で共に学ぶ恋人同士だったことが明かされます(会話はすべてフランス語で日本語字幕つき)。サンドラは洋一郎とヨリを戻したくて来日したわけです。
 
 そして由紀登場、サンドラとご対面。火花散りまくり! 「三角関係」という言葉をそのまま映像化したような画面が続くなか、洋一郎に突然、急用が。どうしても今すぐ行かなければ! と倉敷へ出かけてしまいます。残された女2人。
 どうなるのか、とハラハラしながら見守っていると、サンドラはさっさと布団に入って寝てしまいます。そしてなぜか、刺青だらけの日本の男たちに犯される夢を見ます。おもむろに起き上がるサンドラ。シャワーを浴びながら由紀を挑発し、やがて2人の女は‥‥レズります。
 
 観ているときは何だかよく分からなかったのですが、これはつまり、「サンドラが刺青男の夢でムラムラする→由紀も洋一郎への思いでムラムラしていた→ムラムラ同士が合体!」ということみたいですね。結局サンドラは由紀に洋一郎を譲り、フランスに帰ります。そして以降、サンドラに関する描写もセリフも全く登場しません。

 すでにお気づきのように、このサンドラ出演部分に関して、激しく奇妙な点が2つあります。まずひとつは、「この部分だけ取って付けたみたいだ」ということ。前後の流れには「サンドラ」の「サ」の字も無いですからね。そしてもうひとつは「レズ・シーンが意味不明」。いくらムラムラ同士だからといって何も恋敵とレズらなくても、と思うわけです。
 
 なぜこのように奇妙な現象が2つも起きてしまったのか。いわゆる「製作上の都合」だろうな、というのは漠然と推測できます。監督の意図とは別に、会社側からアレコレ指図されたとか。で、ちょっと調べてみると、ありました。そのあたりの事情について監督自身が語っている記事が。『映画秘宝』2008年6月号の鈴木則文インタビュー。
 
 それによると、準備段階ではサンドラが出演できるかどうか分からなかったので、もしできなくても作品が成立するように、出演部分を取り外し可能な内容にした‥‥ということのようです。
 またレズ・シーンについては、サンドラと池玲子が共演するにあたって宣伝になるシーンを入れなければならなかった、と。これに関してハッキリとは語られてないので断言はできませんが、どうやら会社側から具体的な指示があった模様。

 映画というのは、こういう裏事情に左右されることが非常に多いメディアです。もちろん小説やマンガでも、出版社からの指示などで作者の意図と違う内容になることはあるようですが、映画(特に実写の商業映画)の場合、さらに出演者の都合・ロケ地の都合・予算の都合といったものが次々に影響してくるから大変。
 多分どの国の監督も皆、よほどの巨匠でない限り、これらの「都合」と闘っているのでしょう。また中には、「都合」をうまく作品に取り入れて効果を上げる人も居るでしょう。
 
 先述のインタビューによると、則文監督はこの『先天性淫婦』には満足していないようで、それは当然のことだと思います。しかしこの映画が色々な「都合」に影響された結果、意図的には作れないような強烈なものを放っているのは事実。
 また、会社側からの無理な要求を敢えて大胆に取り入れ、奇妙な面白さを作り出した監督の力量はさすがです。そういう要求に対してはやはり、完全に拒否して降りるか、逆に大胆に受け入れるかのどちらかがいいのでしょうね。中途半端に受け入れた場合は、単なる「訳の分からない映画」になってしまうような気がします。

 ところで、ここまでの文章と関係ないですが、洋一郎役がアオレンジャー(宮内洋)なのも何だかよかったです。端正でちょっとキザな二枚目っぷりが役柄にぴったり。
 あと、この映画で久しぶりに「コンツェルン」という言葉を聞き、懐かしかったです。昔のマンガや映画などでは、富豪が経営してるのって大抵「コンツェルン」でしたよね。今ではすっかり死語ですが。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク