『人狼 JIN-ROH』

1999年 日本 監督:沖浦啓之 脚本:押井守 声の出演:藤木義勝、武藤寿美、木下浩之、坂口芳貞

 封切時に劇場で観た『人狼』を久しぶりにまた観たくなり、数日前にDVDをレンタルして鑑賞。なぜ観たくなったのかというと、ひとつには最近『攻殻機動隊2.0』(監督:押井守)が私の周囲で話題になっていて、押井氏について色々話しているうちに、彼が脚本を担当したこの映画の存在を思い出したから。
 もうひとつは、前の記事に書いた『四畳半革命 白夜に死す』の影響。『四畳半~』について書いたり考えたりしているうちに、「昭和」「反体制運動」「恋愛」などのキーワードでこれまた『人狼』を思い出し、「もう一度観て『四畳半~』と比較してみたい!」という欲求に駆られたのです。

 『人狼』は、「あり得たかもしれない、やや架空の昭和30年代」が舞台。そこでは過激な反体制運動に身を投じた若者たちと、彼らを鎮圧するための「首都警」なる治安部隊が、市街戦を繰り返していました。そんななか、ある事件をきっかけに、首都警の隊員である青年・一貴と、圭という少女が出会い、恋に落ちます。
 しかし実は、圭は反体制組織の元メンバーであり、彼らの出会いは仕組まれたものでした。体制内部の別の組織が首都警を潰すために企てた、策略の一環だったのです。陰謀・罠・裏切りが跋扈する内部抗争の渦中で、一貴と圭は‥‥。
 
 上記のストーリーでお分かりの通り、『人狼』には大きく分けて2つの要素があります。若い男女の恋愛と、男が属する体制内部での政治的抗争。前者は感傷的に、後者は硬く乾いた感じで描かれています。一見、両者は水と油。
 しかし実際には、作品の中でうまく融合しており、互いに引き立て合っています。「こんな非情な世界だからこそ彼らは強く惹かれあう」という風に、観ていて感じられるのです。つまりは、1本の映画として見事にまとまっているわけで。これは何故なのでしょうか。色々ありそうですが、今回問題にしたいのは、「全体を貫くイメージ」というもの。

 前の記事に書いたように、私は『四畳半革命 白夜に死す』を観た時、「この作品は複数の映画に分けた方がいいのでは?」などと考えてしまいました。作中の要素が多すぎるうえに、それぞれの要素がじっくり描かれていない(と思った)から。要するに、散漫な感じを受けたのです。
 そして『人狼』を改めて観直してみて、『四畳半~』を散漫に感じたさらなる理由が分かりました。その理由というのが、「全体を貫くイメージ」の不在。
 
 もちろん『四畳半~』では、タイトルにもあるように「白夜」が重要なイメージになっています。しかし、全体を貫いてはいないというか。細かくは憶えていないものの、白夜という言葉やイメージは、作品の終盤近くで唐突に出てきたような印象があります。
 
 対して『人狼』では、「赤頭巾」の童話のイメージが全体を貫いています。ご存じのとおり、ひとつの童話にも地域や時代によって様々なバージョンがあり、ここでいう「赤頭巾」はかなり残酷なバージョン。
 その物語の断片が、ある時は登場人物の服装として(フード付きの赤いコートやストール)、ある時は登場人物の声による語りとして、序盤から終盤までさまざまな形で何度も登場します。特にラストシーンで、ヒロインがこの童話の一節を叫ぶ描写は圧巻。グッときます。観ていて思わず涙してしまいました。
 
 これは積み重ねというか、ある意味伏線の効果なのではないでしょうか。作品の序盤から織り込まれていた「赤頭巾」のイメージがラストで決定的な意味を持ってしまう、その衝撃。ここで作品全体がビシッと締まり、ひとつの色に染まるのです。そうそう、タイトル『人狼』とも連動していますよ。赤頭巾といえば狼、ですから。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク