脳ミソがつながってるわけじゃない。

 先日、ある脚本家の方(♂)のブログを読んでいたら、「自分の作品について周囲から“女が描けていない”と批評された」というようなことが書いてありました。そしてご本人は、その批評を謙虚に受け入れてらっしゃるようでした。
 「女を描く」ということ。昔から映画を作る側の方々は、かなり意識しているみたいですね。彼らのエッセイやインタビュー記事などに、よくその種の言葉が登場します。ちなみに「男を描く」という類の言葉は、ほとんど見たことがありません。まあ作る側に男性が多いので、こういう現象が発生するのでしょう。ところで観客である私(♀)は、この「女を描く」という言葉に、ちょっと違和感があります。

 以前、ある監督兼脚本家の方(♂)がお書きになった未映画化作品の詳細なプロットを、読ませていただく機会がありました。いわゆる業界人ではない私にとっては非常に貴重な機会なので、当然いそいそと拝読。面白い内容でした。ただ少々、気になる点もありました。
 それは、似たような女性が何人も出てくる、ということ。女性の登場人物が多いにもかかわらず、人物像が限定されているというか。「いろいろな女性が出ている」という感じがしないのです。
 そうなった理由は、何となく分かりました。それを書いた方と、世間話をさせていただいた時に。彼は会話の中で、例えば「女は強い」というような、「女とはこういうものだ」式の断定的な発言を何度もなさったのです。
 
 私はそれを聞きながら、思いました。「別に私ら女は全員、脳ミソがつながってるわけじゃないんですけど‥‥」(同じ感じ方や考え方をするわけではない、という意味)。 
 もちろん脳ミソだけでなく、他の部分もつながってないです。それぞれ個別に生まれ、個別に生きているので。たしかに肉体的な問題だけとっても、女性特有の現象というのは確実に存在しますが、その表れ方にはかなりの個人差があります。ましてや性格・考え方となると、「本当に同じ人類なのか?!」と思うほど激しく違っている場合もアリ。

 一方的なお願いを書いておきます。映画を作る際に、あまり「女を描く」とか意識しないでいただきたい。例えば作品の中にA・B・Cという3人の女が出てくるとしたら、「AとBとCをそれぞれきちんと描く」でいいんじゃないでしょうか。「女を描く」よりも「女を描き分ける」ことを重視していただけると、ありがたいです。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク