お笑い→恐怖

 こまごました用事に追われ、さらに性懲りもなくムウ~と考え事をしていたら、すぐに日が経ってしまいました。少しはピンク映画のビデオを観たりもしているのですが、今日はちゃんと書く時間が無いので、とりあえず思いつくままに小ネタを。
 

●以前私が『あるテクノ歌謡の思い出』という記事で触れたミス花子、現在はNHK大阪の大道具さんをやってるんですねえ。TVブロスのちっこい記事で知りました。なんでも同局制作の番組『わが心の大阪メロディー』の中で、『探偵!ナイトスクープ』ばりに桂小枝が花子氏を捜索(?)したのだとか。
 
 ちなみに私、『ナイトスクープ』が好きで一時期よく観てたんですが、司会者が変わってからはあんまり観てません。やっぱり上岡龍太郎がよかった‥‥鶴瓶とやってた『パぺポ』も面白かったな‥‥そういえばテレビでもラジオでも、『パぺポ』みたいに2人くらいで延々とダベり続ける番組って、減ってきてるんですかね。『ナイトスクープ』つながりで言うと、かつて北野誠がラジオで『世紀の雑談』というスポンサーなしのダベリ番組をやっていて、これも面白かったのに無くなってしまったし。


●先日やや久しぶりに書店に行くと、『パタリロ師匠の落語入門』なる本が視界に飛び込んできまして。どんな内容かと思い、手にとってパラパラめくってみたところ、つまり魔夜峰央は大の落語好きで『パタリロ!』にも落語ネタをたくさん織り込んでいるらしく、そのあたりを分かりやすく解説した本のようで。
 それにしても今ちょちょいと検索して知ったんですが、『パタリロ!』のコミックスって81巻まで出てるんですねえ。すごいなあ。私は連載開始当初だけ読んでいたんですけど、それってもう30年くらい前なんだよなあ。
 
 ところで私の中では、魔夜峰央といえばギャグよりもまずホラー。なぜかというと、彼は初期に怪談モノを描いていて、それが非常に怖かったんですよ。子供の頃たまたま雑誌で見て、とにかくもう絵柄自体が怖くてゾ~っとしましたもん(私は『パタリロ!』でもちょっと怖いです、バンコランの顔とか)。
 あとこれは本人も公言しているようですが、彼の絵柄はビアズリーに似ているというか、影響を受けてますよね。実はビアズリーも、私にとっては恐怖の原体験なのです。やはり子供の頃、京都の親戚の家にビアズリーの『サロメ』の中の1枚(例の有名な生首を持っている絵)が飾ってあって、怖いんだけどなぜか好きで、よくジ~っと眺めておりました。
 
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク