届くかなあ。

 前回の記事をアップした時のこと。やはりああいう内容なので、友松監督と城定監督にはできれば読んでいただきたいな~と思い。
 まず友松監督に関しては、以前彼のブログに書き込みした際、URL欄にアドレスを入力したので、一応このブログの存在自体はお知らせしてあるわけで。
 
 一方、城定監督に関しては、彼のブログに書き込みしたこともなく、全く接点が無いので、この機会に初書き込みじゃ! と意気込んだものの‥‥。コメントもメッセージも、アメーバ会員じゃないと書き込みできない設定になってるんですね‥‥。
 ご覧の通り、私は既にFC2でブログをやっているし、今回のためだけにアメーバ会員になるのもナンだかなあ~という気持ちがありまして。
 
 そんなこんなでもう諦めかけていたのですが、さっき急に閃きました、接点を持てる(かもしれない)方法。ここに、こういう記事を載せることです。
 というのも城定監督は時々、ネット上のご自分に関する記事を、細かくチェックされているようなのです(先月ブログの記事やコメント欄に、それらしいことが書いてあった)。つまり、私がこの記事をアップしておけば、そのうち彼が見つけてくださるかもしれない。

 さて、城定秀夫監督。もしこの記事を読んでくださったのなら、ひとつ前の記事もお読みになってみてください。そしてもしご感想などありましたら、ご自分のブログにチラッと書いていただくか、左下のメールフォームに入力していただくか、とにかく何か反応を頂けると嬉しいです。

※追記‥‥その後、この記事を読んでくださったアメーバ会員の方が、城定監督に書き込み設定の件を伝えてくださって、結果的にはコメント欄に書き込みすることができました。ありがとうございます!

上野の午後

 さて明日(8日1日)は、上野オークラ新館オープン記念の女性限定上映会です。わたくし土日の予定がはっきりせず、行くかどうかなかなか決められずにいたんですが、明日の昼間は空きそうなので、行くことにしました。
 料金は、目黒に続き500円。しかも今回は旧作ではなく、公開前の新作2本と、さらに女優さんたちによるトークショーも観ることができますよ。
 詳しい情報や解説は、こちら→http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=10286

目黒の夜

 以前紹介した目黒シネマのピンク映画レイトショー『壺とシャボン玉』、私は初日(17日)に行きました。お客の入りは、まあまあ‥といったところ。
 しかし。公式ブログ(http://tsubosyabon.blog106.fc2.com/)では、初日は「盛況」で「沢山の」観客が来場したことになっています。ううむ。まあ、スタッフの予想よりは盛況だった、という意味なのかもしれませんが‥‥公式ブログにおけるこういう記述って、逆効果なのでは? 「混んでいる」と解釈して、行くのをやめてしまう人もいるだろうし。
 
 だから、私が見たままを書いておきます。あくまでも初日の状況ですが、まだ席に余裕はありました。座れます。興味のある方は行ってみてください。終映が午後11時半と遅いので、遠くの方は行きづらいと思いますが、男性1000円(シニア900円)・女性500円という料金はお得ですよ。23日(金)までです。

 さて実は私、このお知らせを取っ掛かりに、ピンクに関するやや長めの文章を書くつもりでした。というのも少し前に、友松直之監督と城定秀夫監督のブログで、現在のピンク映画界に対するお2人の複雑な思いに触れ(http://ameblo.jp/n-tomomatu/entry-10583682719.htmlhttp://ameblo.jp/pegpegjojo/entry-10584827895.html)、それに関する観客の方のブログ記事も幾つか目にし、ちょっと考えさせられるものがあったので。
 しかし、そのあたりのことを書いているとアップするのが確実に遅くなってしまうので、とりあえず今日はお知らせだけにしときます。なお次回は、その記事か『うたかたの日々』の記事、どちらかになる予定。

今のところ無事です

 しばらく帰省していて、その前後も忙しかったり疲れていたりで、やはりなかなか更新できませんでした。
 姉の手術は、無事に終了しました(心配してくださった方々、ありがとうございます)。ただ前の記事にも書いたように、「手術をすればそれで解決」というわけではなく、今後、退院してからも治療は続きます。詳しい治療計画は、来月の初めごろに決まる予定。

 ところで今回、以前このブログで紹介した従妹のKUMちゃんが愛媛まで来てくれて、いろいろ手伝ってくれました。とても助かりました。お礼の意味を込めて、改めて彼女の4コマ漫画ブログにリンクを張っておきます→http://hanihosan4koma.cocolog-nifty.com/

近況(やや詳しいバージョン)

 前の記事の最後に、「まあ、そういうことです。」と書いたものの、「そういうことって、どういうこと?」と自分でもツッコミを入れたくなるような、過度に抽象的な内容だったので、もう少し詳しく書いておきます。

 故郷に住んでいる姉が、病気になりまして。それも簡単に治るようなものではなく、けっこう難しい病気です。今月の中旬に手術を受けるのですが、その手術も、治療と検査を兼ねたもの。つまり、手術で悪い箇所を切除し、それを細かく分析したうえで、今後の治療方針(投薬の仕方とか)を決めるという‥‥。

 そんなわけで、術後のことはまだよく分からないのですが、とりあえずは手術を無事に終えることが重要なので、私もその頃に帰省して、姉の世話をしたり担当医の話を聞いたりしてきます。
 うちの場合、母はもう随分前に亡くなっているし、父は何かあるとすぐパニクる人なので、色んな意味でなかなか大変なのですが、そのぶん叔母たちやイトコたちがサポートしてくれるので、皆の助けを借りながらやっていこうと思います。

近況とか。

 本当は今週は、『たぶん』と2本立てで観た『うたかたの日々』の記事をアップするつもりだったんですが、ご覧のとおり、できてません。途中までは書けてるんですけどね。
 で、とりあえず言っておきたいのは‥‥この映画、よかったです。特に主演の津田篤さんがよかった。要注目の役者さんやな、と思いました。

 実は最近、田舎にいる家族に、やや深刻な事態が発生しまして。そのことでワラワラしています(「バタバタ」とは少し違う)。
 とにかく、しばらくはブログの更新、あまりできないと思います。来月中旬には、愛媛に帰って色々やらないといけないし。そのための準備とか、考えるべきこと・調べるべきこともあるし。
 まあ、そういうことです。

模様替え

 最近、歳のせいで小さい文字が読みにくくなってきました。印刷物でもパソコン上でも。ああ‥‥なんだか自分のブログも読みにくい‥‥というわけで、文字を少し大きくしました。あと、デザイン的には「暗めの地色+白抜き文字」というのをやってみたかったので、配色もかなり変えました。
 
 まずテンプレートを暗い色調のものに変えたうえで、さらにスタイルシートを少しずつ改造し、いろんな色や文字のパターンを試してみたのですが、その途中で何度か指定を間違えて、文字が異様にデカくなったり、ものすごく変な配色になったりしたこともありました。
 ちょうどその時にアクセスした方、いたかもしれませんね。さぞビックリなさったことでしょう。すいません。

 結果的には、前よりも少しは読みやすく、そして少しは落ち着いた雰囲気になったんじゃないかと。なお、私の家にはWindowsしか無いので、Macユーザーの友人にチェックしてもらいながら、どちらからでも読みやすくなるよう心がけてみました。
 またモバイル版(携帯版)に関しては、改造の仕方がよく分からなかったので、パソコン版と同じデザインにすることはできなかったのですが、ある程度配色が似ているテンプレートを選んで設定しておきました。

※追記‥‥その後、またデザインを変えました。わりとコロコロ変えています。

年賀状もどき

 どうも。あけまして、おめでとうございます。
 
 さて昨年は、「○○について書くかも」と予告したのに結局書かず、というパターンが多かったのですが、これはアトピー性皮膚炎のせい(ということにしておきましょう)。実際、自分史上もっともステロイド軟膏を塗りまくり、抗アレルギー剤を飲み続けた年だったので。今年はもう少し健康になりたいものです。
 ちなみに私、子供時代や若い頃は、この病気とは無縁でした。なぜか30代半ばで急に発症し、その後ずっと引きずっています。こんな風に、途中で体質が変わる場合もあるのだとか。といっても私の場合、アトピー性皮膚炎とは別のアレルギーが幼少期からあるので、それが関係しているのかもしれませんが。

 まあその話は置いといて、今年も懲りずに不確かな更新予告を。次は多分、城定監督の某OV(脚本は城定氏と小松さん)について書きます。年末、友人に薦められて観たところ、楽しいひと時を過ごせたので。

カテゴリー変更やら久々のGさんやら

 既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、記事の分類の仕方をちょっと変えました(左の「カテゴリー」部分をご覧ください)。これまでは、成人映画以外の映画作品についての記事を、「一般映画」として1つにまとめていたのですが、だいぶ数が増えてきたので、「日本」「外国」「日本と外国の合作」の3つに分けてみました。
 この分け方に、特に意味はありません。ただ分けたかっただけで。最初は、作品タイトルの五十音順で「あ行」「か行」‥‥という風に分けようとしたのですが、どうもカテゴリーの数に制限があってあまり増やせないようなので、やめました。

 こういう作業をするよりも早く記事を書けばいい‥‥のかもしれませんが、最近ちょっと忙しかったり、持病の皮膚炎がやや悪化したりで、まとまった文章を書く意欲が湧きませんでした。あとは、ブログの形式をいじりたいという衝動がまだ続いていたもので。
 でも、そのうちまた書きますよ~。前に紹介した『脳内ニューヨーク』、あと『温泉スッポン芸者』や『不良番長 どぶ鼠作戦』が候補です。

 しかしですね、もしかしたら『太陽を盗んだ男』や『青春の殺人者』について書くかもしれません。というのも、今週の土曜日に新文芸坐で、この2本が上映されるのです。しかも長谷川和彦監督のトークつき(聞き手は三留まゆみさん)。詳細はこちら→http://www.shin-bungeiza.com/
 それにしても『太陽~』から今年でちょうど30年。その今年も、もう暮れようとしています。ゴジさんは何を語るのかなあ。

グワシとハヒ~

 何だかんだでしばらく更新できませんでしたが、そろそろ復活したいと思います。とりあえずはオススメしたいTV番組や特集上映について、ちょっとだけ。


●『楳図かずおの 今からでも描ける! 4コマ漫画入門』 
(NHK教育 毎週木曜日 午後10:00~10:25 再放送は翌週木曜日の昼0:00~0:25)
公式サイト→http://www.nhk.or.jp/syumiyuuyuu/manga.html
 
 教育テレビ『趣味悠々』の枠内で先週から始まった、全8回のシリーズ番組。タイトルどおり、楳図かずおが講師として4コマ漫画の描き方を教えてくれるのですが、第1回目を見てちょっとビックリ。スタジオじゃなくて、なんと例の吉祥寺の豪邸(まことちゃんハウス)で収録されている!
 ハウス内の造りやインテリアは、予想どおり凄かった‥‥楳図先生の脳内にある「理想のお屋敷」像をそのまま実体化させたんでしょうねえ。もちろん先生自身も、相変わらず過剰にお元気で凄いです。予告映像を見た限りでは、次回(今週放送)もまた邸内で収録した模様。「お宅拝見」と「漫画入門」が合体したおトクな番組として、オススメしときます。
※関連情報‥‥今月下旬に、楳図先生のドキュメンタリー映画が公開されるそうです。詳細はこちら→http://gwashi.com/

※追記‥‥番組の2回目以降、「お宅拝見」の要素が薄くなってしまいました。詳しくはこちらをどうぞ


●『山城新伍とその時代』
(シネマヴェーラ渋谷 11月21日~12月11日)  
公式サイト→http://www.cinemavera.com/schedule.html
 
 8月に亡くなった山城新伍を追悼する特集上映。二枚目時代の作品からエロギャグオヤジ時代(?)の作品まで、あるいは『白馬童子』や『明治侠客伝』から『不良番長』や『温泉スッポン芸者』まで、全部で18本。『怪猫トルコ風呂』など、タイトルに「トルコ」という言葉の入った作品が3本もあるのが、いかにも山城さんっぽいです。
 トークショーには、名和宏・梅宮辰夫・鈴木則文・内藤誠・杉作J太郎と、ある種の映画ファンにとってはたまらなく豪華な面々が登場(http://www.cinemavera.com/info.html?mode=detail&no=113)。私は残念ながらトークのある日は行けそうにないので、他の日に行って、観た作品について書くつもりです。
プロフィール

サイボク

Author:サイボク
60年代後半生まれの♀。
東京在住。
twitter.com/saiboku_ya

最新記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク